全身脱毛の回数は何回?医療レーザーでツルツルになるまでの完了目安

全身脱毛の回数は何回?医療レーザーでツルツルになるまでの完了目安
全身脱毛では、1回の施術で全ての毛を一気に脱毛することはできません。希望する仕上がりによって必要な回数は変わってきますが、大体の目安は知っておきたいものです。

point
そこで今回は、全身脱毛に必要な回数や期間、料金について調査しました。脱毛が1回で終わらない理由についても解説しますので、参考にしてください。

全身脱毛はどのくらいの回数・期間が必要?

全身脱毛に必要な回数は、医療脱毛と美容脱毛で違いがあります。それぞれの平均回数と期間をみていきましょう。

医療脱毛の全身脱毛は5~8回、1年~1年半が目安

医療脱毛で使用している脱毛器は、照射パワーが強く、1~2回の施術でも毛が少なくなる実感が得られます。
毛量・毛質の違い、部位によっても異なりますが、5~8回(1年~1年半)程度でムダ毛が気にならなくなるでしょう。

point
実際、多くのクリニックでは、5回前後の全身脱毛コースが用意されています。

コースに満足できなかった場合は、追加照射が可能です。
完全にツルツルの状態を目指すには、8回以上の回数が必要となります。
顔やお腹、背中や胸は細い毛が多く、レーザーが反応しづらい部位です。

産毛まで完全にツルツルしたい場合は、10回近く照射が必要になることもあります。

希望する仕上がりと回数を照らし合わせながら、無理のないコースを選択しましょう。

美容脱毛の全身脱毛は12~18回、2年~3年が目安

美容脱毛で使用している脱毛器は、医療脱毛に比べて照射出力が弱く、何度も施術が必要になります。
ムダ毛が気にならなくなる平均回数は12~18回、完全にツルツルにするには18回以上の照射が必要です。

bad
脱毛完了までの期間は2~3年と、医療脱毛の倍以上かかります。

完全にツルツルにする場合は、かなり回数が多くなる可能性があるので、回数期間無制限の通い放題サロンなどを選択すると良いでしょう。

美容脱毛で扱う脱毛器には永久脱毛の効果はなく、通うのをやめるとまた毛が生えてきます。

ムダ毛が無い状態をキープするには、ご紹介した目安以上の回数が必要になるということを覚えておきましょう。

どうして何回も受けるの?答えは毛周期にあり

脱毛が1回の施術だけで終わらない理由は、「毛周期」にあります。

ムダ毛には、成長期・退行期・休止期といった毛周期(毛が生え変わるサイクル)があります。

毛周期の中でレーザーが反応するのは、メラニン色素が濃い成長期の毛です。
退行期や休止期の毛はメラニン色素が薄く、レーザーがほとんど反応しません

成長期のタイミングを狙えれば良いのですが、毛周期のサイクルは、毛穴一つ一つで異なっています。
また、成長期の毛は、見た目で判断できません。
どうしても1回の照射では全ての毛に効果を出すことができず、何回かに分けて施術を行う必要があるのです。

成長期の毛の割合は全体の20%前後しかなく、1~3ヶ月単位で繰り返し生え変わっています。

point
つまり毛周期に合わせれば、1~3ヶ月ごとに5回通えば、十分な脱毛効果を得られるという計算になるのです。

部位によっても異なる?脱毛の回数

部位によって毛質や毛周期は異なり、脱毛に必要な回数も変わってきます。
部位別に必要な脱毛回数をみていきましょう。

【医療脱毛】部位別に必要な回数の目安

脱毛部位 自己処理が不要になる回数 産毛までツルツルになる回数
8回 10回以上
ワキ 5~6回 8回以上
腕・脚 5~6回 8回以上
お腹・背中・胸 5~6回 8回以上
Vライン 5~6回 10回以上
I・Oライン 8回 10回以上

医療脱毛なら、大半の部位は5~6回程度の照射でムダ毛が目立たなくなるでしょう。
しかし、メラニン色素が薄い顔の産毛や、毛周期が長いI・Oラインは、回数が多くなる傾向にあります。

point
医療脱毛でも完全にツルツルにするには、追加照射が必要になると考えてください。

【美容脱毛】部位別に必要な回数の目安

脱毛部位 自己処理が不要になる回数 産毛までツルツルになる回数
12~18回 20回以上
ワキ 12~18回 18回以上
腕・脚 12回 18回以上
お腹・背中・胸 12~18回 18回以上
Vライン 18回 20回以上
I・Oライン 18回 20回以上

美容脱毛は照射出力が弱く、どの部位も回数が多く必要になります。
ツルツルを目指すなら、どの部位でも20回前後が目安です。

point
美容脱毛は長期間、根気強く通う必要があるので、回数無制限や通い放題プランなどの利用を視野に入れましょう。

全身脱毛の回数が変わる要因とは?

脱毛回数は、「脱毛器の種類」や「毛質・毛量」によって変わります。その理由について、詳しく解説しましょう。

脱毛器によって回数は変わることも

脱毛器にはさまざまな種類があり、レーザーの波長の長さによって、得意・不得意な毛質があります。
医療脱毛で使用されるレーザーは、ダイオードレーザー・アレキサンドライトレーザー・ヤグレーザーの3種類です。

以下のようにそれぞれ性能が異なり、自分の毛質や希望する部位に合った脱毛器を選ぶ必要があります。

ダイオードレーザー アレキサンドライトレーザー ヤグレーザー
得意な毛質 細い毛・産毛 ワキ・VIOなどの太い毛 根深い体毛

美容脱毛は、大きく分けてIPL方式・SSC方式・SHR方式の3種類です。
こちらも医療脱毛と同様に、それぞれ得意な毛質があります。

IPL方式 SSC方式 SHR方式
得意な毛質 濃くて太い毛 濃い毛 細い毛・産毛

クリニックや脱毛サロンによっては、部位による効果の差をなくすために2種類以上の脱毛器を導入したり、複数のレーザーを照射できるハイブリット式の脱毛器を使ったりといった対策をしています。

point
脱毛を検討する際は、使用している脱毛器もチェックしておきましょう。

毛質や毛量によって回数は変わるケースも

ムダ毛の量や太さは個人差が大きいですが、部位によっても異なります。

一般的にVIOやワキは太い毛が密集しており、脱毛効果を実感しやすい部位です。
しかし、根深い毛が多く、脱毛完了まで時間がかかる傾向にあります。

それに比べて腕や脚は、それほど毛量が多くない部位です。
毛も太すぎず細すぎないためレーザーが反応しやすく、比較的少ない回数で脱毛を終えられるでしょう。

しかし、背中やお腹、胸といった部位は産毛が多く、やや回数が多く必要になる傾向にあります。
そして、顔は最も産毛が多く、脱毛器が反応しにくい部位です。
細い毛は目に見える変化が少なく、全身脱毛の中でも特に回数を重ねなければなりません

VIO・ワキ:根深い毛が多く、脱毛完了まで時間がかかる。
腕・脚:レーザーが反応しやすく、比較的少ない回数で脱毛を終えられる。
背中・お腹・胸:産毛が多く、やや回数が多く必要。脱毛器が反応しにくい。

「痛みが強い」、「色素沈着を起こしている」などの理由でレーザーの出力を下げて施術をした場合、脱毛効果が落ちるのでもう少し回数が必要です。

point
特にVIOは黒ずみやすく痛みも強く出るため、回数が多くなることがあります。
無料カウンセリングのご予約はこちら

全身脱毛の回数を気にしている人はどの脱毛がおすすめ?

医療脱毛と美容脱毛には、それぞれ異なるメリットがあるので、ご自身のライフスタイルや求めている脱毛効果に合わせて選ぶことが大切です。

少ない回数と短い期間で永久脱毛が目指せる医療脱毛がおすすめ

医療脱毛は、照射パワーが強く脱毛効果も高いため、美容脱毛より少ない回数・期間で脱毛が完了します。
できるだけ早く脱毛効果を実感したい人や、脱毛に通う回数を減らしたい人におすすめといえるでしょう。

また、医療脱毛では、高出力のレーザーによって発毛組織の破壊が可能です。

発毛組織が破壊された毛穴から毛が生えることはほぼなく、永久脱毛の効果が期待できます。

美容脱毛のように、通うのをやめたらムダ毛が元通りになることはありません。
また、医療脱毛は医師のもと、有資格者である看護師が施術をします。

point
万が一、肌トラブルが起こった場合にも、治療や処置、薬の処方といったアフターフォローがしっかりしているので、安心感を求める人にもおすすめです。

継続して通い続けられるなら、料金が安い美容脱毛も検討

美容脱毛は、医療脱毛に比べて基本料金が安く、脱毛初心者さんや若い人でも通いやすいです。
美容脱毛には、減毛や抑毛といった効果しか期待できませんが、「一時的に毛を少なくしたい」、「自己処理を楽にしたい」ということが目的なら、おすすめといえるでしょう。

point
ツルツルになるまで脱毛したいという人には、通い放題プランという選択肢もあります。

納得するまで何度でも施術が受けられるので、回数を気にせず脱毛したい人におすすめです。
しかし、美容脱毛でも通い放題プランになると、一概に安いともいえません。

美容脱毛には永久脱毛の効果はなく、通うのをやめると再び毛が生えてきます。

継続して通うのが難しいという人は、注意してください。

少ない回数で効果を実感するためには?

最後に、脱毛効果を上げるためのポイントをご紹介します。
以下の4つに気をつけて、脱毛を効率良く進めましょう。

毛周期に合わせて通院できるようスケジュールを調整

効率良く脱毛するには、毛の生え変わりのサイクルである「毛周期」に合わせて通院することが大切です。

毛周期には、成長期・退行期・休止期という3つの段階があります。

この内、レーザーを照射して脱毛効果が期待できるのは、成長期の毛だけです。
退行期と休止期の毛はメラニン色素が薄く、あまり効果を得られません。

毛周期は、部位や体質によって異なりますが、平均すると2~3ヶ月のサイクルで生え変わっていると考えられています。
成長期の毛のタイミングに合わせるためには、大体2〜3ヶ月に1回通うのが適切です。

point
間隔が早すぎても空きすぎても、毛周期のタイミングがずれてしまいます。
計画的にスケジュールを組み、予約が取りやすいクリニックを選ぶようにしましょう。

肌荒れや日焼け、肌トラブルが起きないよう日頃からケアを徹底

日頃から丁寧なスキンケアをしておくと、肌トラブルを避けられるだけでなく、脱毛効果が高まります
逆にコンディションが悪い状態の肌は、リスク回避のために、レーザーの出力を下げなければなりません。
レーザーの出力が下がれば、それだけ脱毛効果も下がってしまいます

また、肌荒れや日焼けの程度によっては、施術すら受けることができません。

bad
脱毛を中断せざるを得なくなったり、毛周期を乱すきっかけにもつながったりするので注意しましょう。

施術後は、肌がデリケートな状態になっています。
そのため、保湿を中心としたスキンケアを入念に行う必要があります。

POINT

外出時は、日焼け止めクリームを塗ったり、サンバイザー・日傘・帽子などの肌の露出を防ぐアイテムを身につけたりして、紫外線対策を徹底してください。

脱毛前は安全な器器でシェービング

クリニックや脱毛サロンで全身脱毛を受ける場合、前日に自己処理をして施術の準備をする必要があります
自己処理をする際には、肌にやさしい電気シェーバーの使用がおすすめです。

電気シェーバーの刃先は直接肌に触れにくく、カミソリ負けが予防できます。

除毛クリームは肌への負担が大きいため、使用を控えてください。
また、毛抜きやワックスは、脱毛施術前の自己処理には不向きです。

毛を引き抜くとレーザーが反応するメラニン色素が根こそぎなくなってしまうので、脱毛効果を得られなくなります。

point
出血や毛嚢炎などの肌トラブルを招いたり、毛周期の乱れにつながったりする可能性もあるので、毛抜きによる自己処理は厳禁です。

レーザーとの相性をカウンセリングで確認

剛毛には効果が高い、産毛には効果が低いなど、レーザーの種類によって向き不向きがあります
毛質や部位に合うレーザーを選択しないと、十分な脱毛効果が得られません。

また、脱毛器にはレーザーの種類以外にも、熱破壊式蓄熱式の2つの照射方法があります。

熱破壊式:高出力レーザーを照射する方法で、剛毛に効果的。
蓄熱式:低出力のレーザーを連続照射する方法で、産毛にも高い効果を発揮。

クリニックによっては、一人ひとりの肌や毛質に合わせて、複数のレーザーや脱毛器を使い分けています。

point
カウンセリングの際はスタッフに相談しながら、ご自身の毛質・肌質・目的に合うものを選びましょう。

全身脱毛に興味があるなら、まずはカウンセリングから受けてみよう

医療脱毛だと全身脱毛に必要な回数は、5~8回が目安です。
しかし、脱毛器との相性や肌質・毛質でも変わることがあります
クリニックのカウンセリングでは、一人ひとりの肌質・毛質を確認して大体の回数目安を教えてくれるので、事前に不安を解消できるでしょう。

ジェニークリニックの「ソプラノアイス・プラチナム」は、3種類のレーザーを同時照射することで、幅広い毛質に効果を発揮します。
どの部位でも5回で満足の行く仕上がりになるので、できるだけ早く脱毛を終わらせたい人にもおすすめです。

point
全身脱毛を検討している人は、まずはカウンセリングを受けてみましょう。