医療脱毛の回数は何回で効果を実感する?全身脱毛の完了目安を解説

全身脱毛の回数は何回?医療レーザーでツルツルになるまでの完了目安
全身の医療脱毛では、1回の施術で全ての毛を一気に脱毛することはできません。希望する仕上がりによって必要な回数は変わってきますが、大体の目安は知っておきたいものです。

女性監修者の笑っているイラスト
そこで今回は、全身の医療脱毛に必要な回数や期間、料金について調査しました。脱毛が1回で終わらない理由についても解説しますので、参考にしてください。

全身脱毛はどのくらいの回数・期間が必要?

全身脱毛はどのくらいの回数・期間が必要?

全身脱毛に必要な回数は、医療脱毛と美容脱毛で違いがあります。それぞれの平均回数と期間をみていきましょう。

医療脱毛の全身脱毛は5~8回、1年~1年半が目安

医療脱毛の全身脱毛は5~8回、1年~1年半が目安

医療脱毛で使用している脱毛機は、照射パワーが強く、1~2回の施術回数でも毛が少なくなる実感が得られます。
毛量・毛質の違い、部位によっても異なりますが、5~8回(1年~1年半)程度でムダ毛が気にならなくなるでしょう。

女性監修者の笑っているイラスト
実際、多くのクリニックでは、5回前後の全身脱毛コースが用意されています。

コースに満足できなかった場合は、追加照射が可能です。完全にツルツルの状態を目指すには、8回以上の回数が必要となります。
顔やお腹、背中や胸は細い毛が多く、レーザーが反応しづらい部位です。

産毛まで完全にツルツルしたい場合は、10回近く照射が必要になることもあります。

希望する仕上がりと回数を照らし合わせながら、無理のないコースを選択しましょう。

美容脱毛における全身脱毛の回数は12~18回、2年~3年が目安

美容脱毛の全身脱毛は12~18回、2年~3年が目安

美容脱毛で使用している脱毛機は、医療脱毛に比べて照射出力が弱く、何度も施術をする回数が必要になります。
ムダ毛が気にならなくなる平均回数は12~18回、完全にツルツルにするには18回以上の照射が必要です。

女性監修者の悩んでいるイラスト
脱毛完了までの期間は2~3年と、医療脱毛の倍以上かかります。

完全にツルツルにする場合は、かなり回数が多くなる可能性があるので、回数期間無制限の通い放題サロンなどを選択すると良いでしょう。

美容脱毛で扱う脱毛機には永久脱毛の効果はなく、通うのをやめるとまた毛が生えてきます。

ムダ毛が無い状態をキープするには、ご紹介した目安以上の回数が必要になるということを覚えておきましょう。

医療脱毛と美容脱毛はどちらがいいの?

医療脱毛と美容脱毛には、それぞれ異なるメリットがあるので、ご自身のライフスタイルや求めている脱毛効果に合わせて選ぶことが大切です。

少ない回数と短い期間で永久脱毛が目指せる医療脱毛

医療脱毛は、照射パワーが強く脱毛効果も高いため、美容脱毛より少ない回数・期間で脱毛が完了します。できるだけ早く脱毛効果を実感したい人や、脱毛に通う回数を減らしたい人に向いているでしょう。

医療脱毛では、高出力のレーザーによって発毛組織の破壊が可能です。

発毛組織が破壊された毛穴から毛が生えることはほぼなく、永久脱毛の効果が期待できます。

美容脱毛のように、通うのをやめたらムダ毛が元通りになることはありません。
また、医療脱毛は医師のもと、有資格者である看護師が施術をします。

女性監修者の笑っているイラスト
万が一、肌トラブルが起こった場合にも、治療や処置、薬の処方といったアフターフォローがしっかりしています。

継続して通い続けられるなら、料金が安い美容脱毛も検討

美容脱毛は、減毛や抑毛といった効果しか期待できませんが、「一時的に毛を少なくしたい」、「自己処理を楽にしたい」ということが目的なら、選択肢の一つといえるでしょう。

女性監修者の笑っているイラスト
ツルツルになるまで脱毛したいという人には、通い放題プランという選択肢もあります。

納得するまで何度でも施術が受けられるので、回数を気にせず脱毛したい人に向いています。しかし、美容脱毛でも通い放題プランになると、一概に安いともいえません。

美容脱毛には永久脱毛の効果はなく、通うのをやめると再び毛が生えてきます。

継続して通うのが難しいという人は、注意してください。

少ない回数で全身脱毛の効果を実感できる医療脱毛クリニック5選

少ない回数で全身脱毛が実感できる医療脱毛クリニック5選

医療脱毛が受けられるクリニックでは、実際にどの程度の回数が設定されているのでしょうか。クリニックの特徴と併せてご紹介します。

関連記事

医療脱毛クリニックでの脱毛を決意したら、その次にやることはクリニック選びです。 しかし、脱毛クリニックはたくさん存在していますから、一つに絞るのはなかなか難しいかもしれません。 また、それぞれの違いがよくわからないという人も[…]

医療脱毛クリニック人気おすすめランキング10院!【2022年度】クリニックの比較や失敗しない選び方を紹介

PR ジェニークリニック

ジェニークリニックのポイント3つ!

全身脱毛が5回で完了!

ジェニークリニックでは、最新式の医療用蓄熱式レーザー脱毛機が採用されているため、1回の施術で他の脱毛機よりも高い効果を得られます
全身脱毛コースの回数は、5回までであり、それ以上の回数は設定されていません。これは、5回でも高い効果を得られるためです。

少ない回数でも効果を実感できる最新の脱毛機を採用!

ジェニークリニックでは、最新式の脱毛機『ソプラノアイス・プラチナム』が採用されています。
アレキサンドライト・ダイオード・ヤグの3波長をブレンドして照射できるため、逐一、毛の濃さや太さに合わせて脱毛機を切り替える必要がありません。
一度の施術で高い効果が得られるので、少ない回数でも満足いく仕上がりが期待できます。

最寄り駅から徒歩1分で通いやすい!

ジェニークリニックは、全国4店舗、メンズクリニックを入れれば7店舗展開されています。いずれも最寄駅から徒歩8分以内と好立地に位置するため、通院の手間がかかりません。
最短徒歩1分という駅直結型の店舗もあるので、無理なく通院できるでしょう。

ジェニークリニックの基本情報

全身脱毛(5回)
※VIO・顔なし
月々3,000円(税込)〜
総額:175,000円(税込)
導入機器 蓄熱式ダイオードレーザー
通院期間 最短8ヶ月
麻酔代 無料
店舗数 全国7店舗
公式HP 公式サイトはこちら

エミナルクリニック

エミナルクリニックのポイント3つ!

1ヶ月に1回の回数頻度で施術が受けられる!

エミナルクリニックでは、毛周期に関係なく施術が行える医療用レーザー脱毛機が採用されています。通常は、毛周期に合わせて2~3ヶ月に一度のペースで施術を受けることになりますが、エミナルクリニックでは、1ヶ月に一度のペースで施術を受けることが可能です。

最新式の脱毛機で1回の施術時間を短縮!

エミナルクリニックで採用されている医療用レーザー脱毛機は、連続照射が可能なので、通常は90分以上かかる施術時間が最短60分まで短縮できます。施術期間だけでなく施術時間自体も短く、日常の隙間時間で施術を受けられるという点が魅力です。

枠が多いから予約が取りやすい!

人気の高いクリニックほど予約が取りにくい傾向にありますが、エミナルクリニックは施術時間が最短60分と短いため、予約枠を多く確保できます
元々用意されている予約枠が多いので、施術を受けられないという状況が発生しにくいです。

エミナルクリニックの基本情報

全身脱毛(5回)
※VIO・顔なし
月々2,980円(税込)〜
総額:174,900円(税込)
導入機器 蓄熱式ダイオードレーザー
通院期間 最短6ヶ月
麻酔代 3,000円
店舗数 全国43店舗
公式HP 公式サイトはこちら

レジーナクリニック

レジーナクリニックのポイント3つ!

5回と8回コースの回数別コースが選べる!

通常、全身脱毛は5回コースが一般的ですが、レジーナクリニックでは8回コースも選択できます。人によっては、5回コースでは満足いく効果を得られないこともあります。元々毛が濃くて毛量が多いという人は、8回コースを選択しておくと良いでしょう。

通院回数を減らすなら全身脱毛コース!

部位別に脱毛を受けると、施術部位が増えるごとに通院回数が増加します。「脱毛を希望する部位が複数ある」、「3部位以上の脱毛を考えている」という人は、全身脱毛コースを選択しましょう。

21時まで施術を受けられる!

レジーナクリニックは、平日であれば21時まで営業しています。また、土日祝日でも20時まで営業しているので、学校帰りや仕事帰りにも利用できます
「脱毛を早く終わらせたいけど、なかなか時間が取れない」という人でも、無理なく通院できるでしょう。

レジーナクリニックの基本情報

全身脱毛(5回)
※VIO・顔なし
月々4,700円(税込)〜
総額:207,900円(税込)
導入機器 熱破壊式アレキサンドライトレーザー
蓄熱式ダイオードレーザー
通院期間 最短1年
麻酔代 無料
店舗数 全国22店舗
公式HP 公式サイトはこちら

アリシアクリニック

アリシアクリニックのポイント3つ!

4回・5回・6回と回数別のコースが充実!

一般的なクリニックでは、脱毛回数が3回・5回・8回と間隔を空けて設定されていますが、アリシアクリニックでは、4回・5回・6回と細かく設定されています。5回で契約しても4回で効果に満足すれば、1回分の施術費用が返金されます。

最短30分でスピーディに脱毛できる!

アリシアクリニックでは、最新式の蓄熱式レーザー脱毛機が採用されています。通常、90分以上かかる施術時間を最短30分まで短縮できるので、時間を節約したいという人向いています。

最新式の脱毛機で少ない回数でも高い効果を実感!

「施術時間が短いと、得られる効果が低いのでは?」と心配する人もいますが、アリシアクリニックで採用されている脱毛機なら、脱毛効果を十分に得ることができます。
アリシアクリニックで採用されている脱毛機は、この熱の蓄熱スピードが速いという特徴があります。

アリシアクリニックの基本情報

全身脱毛(5回)
※VIO・顔なし
月々4,700円(税込)〜
総額:247,500円(税込)
導入機器 蓄熱式ダイオードレーザー
熱破壊式アレキサンドライトレーザー/ヤグレーザー
通院期間 最短6ヶ月
麻酔代 麻酔クリーム:3,300円/笑気麻酔:11,000円
店舗数 全国24店舗
公式HP https://www.aletheia-clinic.com/

フレイアクリニック

フレイアクリニックのポイント3つ!

1回、5回、8回の回数コースから選べる!

レジーナクリニック同様、フレイアクリニックでも、全身脱毛は5回コースだけでなく8回コースも選択できます
自己処理が楽になるレベルではなく、完全に不要となるくらいのレベルを目指したいという人は、8回コースに申し込むと良いでしょう。

脱毛プランの回数をすべて消化できる「施術保証制度」

通常、前回の施術から1年程度間が空くと解約扱いになってしまいますが、フレイアクリニックでは『施術保証制度』が用意されています。
仕事や家庭の事情でやむを得ず施術を中断しても、脱毛プランの回数をすべて消化できるように調整してもらえます。

途中解約金が無料!

通常、他の医療脱毛クリニックで解約手続きを行うと、解約金を取られることがありますが、フレイアクリニックは解約金が無料です。途中解約でも損をすることはないので、安心してください。

フレイアクリニックの基本情報

全身脱毛(5回)
※VIO・顔なし
月々2,900円(税込)〜
総額:173,800円(税込)
導入機器 蓄熱式ダイオードレーザー
通院期間 最短8ヶ月
麻酔代 無料
店舗数 全国12店舗
公式HP https://frey-a.jp/

毛周期と回数の関係

どうして何回も受けるの?答えは毛周期にあり

脱毛が1回の施術だけで終わらない理由は、「毛周期」にあります。

ムダ毛には、成長期・退行期・休止期といった毛周期(毛が生え変わるサイクル)があります。

毛周期の中でレーザーが反応するのは、メラニン色素が濃い成長期の毛です。退行期や休止期の毛はメラニン色素が薄く、レーザーがほとんど反応しないため効果が低い

成長期のタイミングを狙えれば良いのですが、毛周期のサイクルは、毛穴一つ一つで異なっています。
また、成長期の毛は、見た目で判断できません。どうしても1回の照射では全ての毛に効果を出すことができず、何回かの回数に分けて施術を行う必要があるのです。

成長期の毛の割合は全体の20%前後しかなく、1~3ヶ月単位で繰り返し生え変わっています。

女性監修者の笑っているイラスト
つまり毛周期に合わせれば、1~3ヶ月ごとに5回通えば、十分な脱毛効果を得られるという計算になるのです。

回数ごとの脱毛効果【回数別】

回数ごとの脱毛効果【回数別】

医療脱毛の回数は3回でも効果が実感できる人もいますが、8回でも満足できないという人もいます。どのくらいの回数で施術を受ければどの程度の効果が期待できるのか、平均的な目安を把握しておきましょう。

1回:脱毛効果はほとんど見られない

医療脱毛は、回数を重ねることで徐々に効果を実感できる施術です。そのため、1回脱毛施術を受けただけでは、目に見える効果は実感できないでしょう。
1回の施術で劇的な変化は望めませんが、全身脱毛を完了させるための大切な一歩です。施術前後を比較して効果を実感できないからと諦めすに、根気強く施術を受けましょう。1回だけの施術では変化は現れませんが、人によっては2、3回程度の施術で効果が実感できることがあります

女性監修者の笑っているイラスト
完全な無毛や永久脱毛ほどの効果は得られないものの、全体的に毛量が減ったと感じられるはずです。

3~5回:ムダ毛が減り自己処理の負担が軽減

医療脱毛の施術も3回を越えると、目に見えて効果を実感できるようになります。全体的に毛量が減って、自己処理が楽に感じられるでしょう。部位によっては、3回程度の回数で完全に脱毛を完了させられることもあります

部位によって効果に差が出るのは、毛の太さや量が関係しています。
ワキや脚といった医療用レーザー脱毛機が反応しやすい部位であれば、3回程度でも満足する可能性が高いです。反対に、毛が太く毛量が多い部位や、医療用レーザー脱毛機が反応しにくい産毛が生えた部位だと、3回程度では施術を完了させることは難しいため、より施術の回数は必要です。

女性監修者の笑っているイラスト
VIOや背中、胸やお腹といった部位の施術を完了させるには、5回以上の施術が必要となるでしょう。

8~10回:部位によってはほぼ手入れが不要になるぐらい効果を実感できる

医療脱毛は、5回程度の施術回数で効果を実感できる、満足できるといわれていますが、完全な無毛や永久脱毛を実現したい場合には、8~10回程度の施術回数が必要となります。また、人よりも毛が太く毛量が多いという場合には、自己処理が不要となるレベルに達するまでに、同じく8~10回程度の施術が必要となるでしょう。
10回程度の施術を受ければ、脱毛しにくいVIOや産毛の多い部位も、自己処理が不要となります。医療脱毛を受ける際には、どのレベルの脱毛を目指すのか、あらかじめ目標を決めておくと良いでしょう。

女性監修者の笑っているイラスト
自己処理を楽にしたいのか、または自己処理が完全に不要なレベルを目指すのか、目標に合わせて回数を設定するのがいいでしょう。

医療脱毛の回数【部位別】

人の体は、部位によって生えている毛の太さや濃さに差があります。そのため、同じ回数の施術を受けたとしても、部位によって得られる効果は異なります。効果が実感できる回数の目安を、部位別に比較してみましょう。

顔は、産毛の多い部位です。そのため、医療用レーザー脱毛機が反応しにくく、効果が得られにくい部位になります。また、毛量も多いため、効果を実感するまでには5回以上の施術回数が必要となるでしょう。

顔に生えている毛は、回数を重ねても細く目立ちにくいという特徴を持っています。「みるみる毛が抜け落ちていく」、「肌が明らかにツルツルになった」というわかりやすい変化が見られないため、実際に効果が現れていても気づきにくいです。

しかし、回数を重ねれば重ねるほど、毛穴が引き締まりニキビができにくくなるというメリットを得られます。
女性監修者の笑っているイラスト
脱毛を完了させるまでは、根気強く施術を受け続けましょう。

ワキ

医療用レーザー脱毛機は、毛が含むメラニン色素に反応するという特性を持ちます。そのため、毛が太くメラニン色素を多く含むワキの毛は、医療用レーザー脱毛機が反応しやすいです。

3回程度の施術回数で「明らかに毛量が減った」、「自己処理が楽になった」と効果を実感できるでしょう。5~6回程度の施術で、自己処理が不要なレベルになる可能性が高いです。
女性監修者の笑っているイラスト
全身脱毛を受けた際に「脱毛の効果が出ているか心配」だと感じたら、ワキを見てみると良いでしょう。

ただし、自己処理によって黒ずみが発生している場合は、5回以上の施術が必要となったり、医療脱毛そのものが受けられなかったりします。カウンセリングの段階で、どの程度の回数が必要かよく相談しておいてください。

腕・脚

ワキ同様に、腕や脚も比較的効果の実感しやすい部位だといえます。VIOのように太く濃い毛が多い部位ではありますが、腕や脚はVIOよりも毛周期が短く、毛が濃すぎないという特徴があります。

医療用レーザーが程よく反応する毛量であるため、他の部位よりも少ない回数で脱毛効果を実感できるでしょう。
女性監修者の笑っているイラスト
3~5回程度で、自己処理が不要なレベルを目指せます。

ワキの部分でもご紹介しましたが、膝のように黒ずみが発生しやすい部位は、施術回数が多くかかる場合があります。膝をよくつく、黒ずみが発生しているという人は、カウンセリングでどの程度の回数が必要となるか、事前に相談しておきましょう。

お腹・背中・胸

細く細かい産毛の多いお腹や背中、胸といった部位は、施術回数が多くなる傾向にあります。医療用レーザー脱毛機が反応しにくく、毛が減ったと効果を実感しにくいため、根気強く施術を受けなければならない部位になります。

回数でいえば、5回程度で自己処理が楽になったと感じられるでしょう。完全に自己処理が必要になるレベルを目指す場合には、8~10回程度の施術が必要となります。

お腹や背中、胸は、人によって毛量が異なる部位です。5回というのはあくまで目安であるため、3回で満足する人もいれば、10回以上の施術を必要とする人もいます

女性監修者の笑っているイラスト
人によって必要回数は異なるので、回数の目安を知りたいという人は、医師に相談してください。

Vライン

Vライン(ビキニライン)は、人によって毛の濃さや毛量が異なる上に、選択するデザインによっても必要となる施術回数は異なります

毛を自然な形で残す「ナチュラルデザイン」であれば、5回程度で自己処理が不要となるレベルを目指せます。

一方、完全な無毛を目指す「ハイジニーナ」であれば、8~10回程度、場合によっては10回以上の施術が必要となるでしょう。
Vラインの脱毛を受ける際には、事前にどの程度のレベルを目指すのか、デザインを決めておく必要があります。

Vラインは目で確認しやすく、毛が太いため、実際に脱毛が始まるとすぐに効果を実感しやすい部位です。

女性監修者の笑っているイラスト
毛周期が長いために施術期間は長くかかりますが、目に見えて効果を実感しやすいため、脱毛を継続する励みとなるでしょう。
関連記事

みなさんは「ハイジニーナ」という言葉をご存知でしょうか。脱毛、特にVIO脱毛のことについて調べていると、よく目にすることになる「ハイジニーナ脱毛」という言葉。どんな脱毛なのか気になっている人もいるでしょう。 そこで今回は、[…]

ハイジニーナ(VIO)脱毛の基本!メリットや効果、金額について

I・Oライン

I・Oラインは、Vライン同様に毛が濃く毛量の多い部位です。

Vライン以上に黒ずみが発生しやすい部位であるため、平均的な施術回数は8~10回程度と多くなる傾向にあります。

また、Vラインよりも更にデリケートなゾーンにあたるため、他の部位に比べると痛みを感じやすくなるでしょう。「痛みが我慢できない」、「痛みを感じるのが怖い」という人は、医師に麻酔を使用できないか確認しておいてください。

医療脱毛クリニックでは医療行為が認められているため、麻酔クリーム笑気麻酔といった痛みを緩和する方法がいくつか用意されています。

女性監修者の笑っているイラスト
麻酔を使用すれば痛みを軽減できるので、無理せず医師に相談してください。

全身脱毛の回数が変わる要因

部位によっても異なる?脱毛の回数

脱毛回数は、「脱毛機の種類」や「毛質・毛量」によって変わります。その理由について、詳しく解説しましょう。

脱毛機によって回数は変わることも

脱毛機にはさまざまな種類があり、レーザーの波長の長さによって、得意・不得意な毛質があります。医療脱毛で使用されるレーザーは、ダイオードレーザー・アレキサンドライトレーザー・ヤグレーザーの3種類です。

以下のようにそれぞれ性能が異なり、自分の毛質や希望する部位に合った脱毛機を選ぶ必要があります。

ダイオードレーザー アレキサンドライトレーザー ヤグレーザー
得意な毛質 細い毛・産毛 ワキ・VIOなどの太い毛 根深い体毛

美容脱毛は、大きく分けてIPL方式・SSC方式・SHR方式の3種類です。
こちらも医療脱毛と同様に、それぞれ得意な毛質があります。

IPL方式 SSC方式 SHR方式
得意な毛質 濃くて太い毛 濃い毛 細い毛・産毛

クリニックや脱毛サロンによっては、部位による効果の差をなくすために2種類以上の脱毛機を導入したり、複数のレーザーを照射できるハイブリット式の脱毛機を使ったりといった対策をしています。

女性監修者の笑っているイラスト
脱毛を検討する際は、使用している脱毛機もチェックしておきましょう。

毛質や毛量によって回数は変わるケースも

毛質や毛量によって回数は変わるケースも

ムダ毛の量や太さは個人差が大きいですが、部位によっても異なります。

一般的にVIOやワキは太い毛が密集しており、脱毛効果を実感しやすい部位です。しかし、根深い毛が多く、脱毛完了まで回数や時間がかかる傾向にあります。
それに比べて腕や脚は、それほど毛量が多くない部位です。毛も太すぎず細すぎないためレーザーが反応しやすく、比較的少ない回数で脱毛を終えられるでしょう。

しかし、背中やお腹、胸といった部位は産毛が多く、やや回数が多く必要になる傾向にあります。
そして、は最も産毛が多く、脱毛機が反応しにくい部位です。細い毛は目に見える変化が少なく、全身脱毛の中でも特に回数を重ねなければなりません

VIO・ワキ:根深い毛が多く、脱毛完了まで回数と時間がかかる。
腕・脚:レーザーが反応しやすく、比較的少ない回数で脱毛を終えられる。
背中・お腹・胸:産毛が多く、やや回数が多く必要。脱毛機が反応しにくい。

「痛みが強い」、「色素沈着を起こしている」などの理由でレーザーの出力を下げて施術をした場合、脱毛効果が落ちるのでもう少し回数が必要です。

女性監修者の笑っているイラスト
特にVIOは黒ずみやすく痛みも強く出るため、回数が多くなることがあります。
無料カウンセリングのご予約はこちら

少ない回数で効果を実感するためには?

少ない回数で効果を実感するためには?

最後に、脱毛効果を上げるためのポイントをご紹介します。以下の4つに気をつけて、脱毛を効率良く進めましょう。

毛周期に合わせて通院できるようスケジュールを調整

効率良く脱毛するには、毛の生え変わりのサイクルである「毛周期」に合わせて通院することが大切です。

毛周期には、成長期・退行期・休止期という3つの段階があります。

この内、レーザーを照射して脱毛効果が期待できるのは、成長期の毛だけです。退行期と休止期の毛はメラニン色素が薄く、あまり効果を得られません。

毛周期は、部位や体質によって異なりますが、平均すると2~3ヶ月のサイクルで生え変わっていると考えられています。成長期の毛のタイミングに合わせるためには、大体2〜3ヶ月に1回通うのが適切です。

女性監修者の笑っているイラスト
間隔が早すぎても空きすぎても、毛周期のタイミングがずれてしまいます。計画的にスケジュールを組み、予約が取りやすいクリニックを選ぶようにしましょう。

肌荒れや日焼け、肌トラブルが起きないよう日頃からケアを徹底

日頃から丁寧なスキンケアをしておくと、肌トラブルを避けられるだけでなく、脱毛効果が高まります
逆にコンディションが悪い状態の肌は、リスク回避のために、レーザーの出力を下げなければなりません。レーザーの出力が下がれば、それだけ脱毛効果も下がってしまいます

また、肌荒れや日焼けの程度によっては、施術すら受けることができません。

女性監修者の悩んでいるイラスト
脱毛を中断せざるを得なくなったり、毛周期を乱すきっかけにもつながったりするので注意しましょう。

施術後は、肌がデリケートな状態になっています。そのため、保湿を中心としたスキンケアを入念に行う必要があります。

POINT

外出時は、日焼け止めクリームを塗ったり、サンバイザー・日傘・帽子などの肌の露出を防ぐアイテムを身につけたりして、紫外線対策を徹底してください。

脱毛前は安全な機器でシェービング

クリニックや脱毛サロンで全身脱毛を受ける場合、前日に自己処理をして施術の準備をする必要があります。自己処理をする際には、肌にやさしい電気シェーバーの使用しましょう。

電気シェーバーの刃先は直接肌に触れにくく、カミソリ負けが予防できます。

除毛クリームは肌への負担が大きいため、使用を控えてください。また、毛抜きやワックスは、脱毛施術前の自己処理には不向きです。

毛を引き抜くとレーザーが反応するメラニン色素が根こそぎなくなってしまうので、脱毛効果を得られなくなります。

女性監修者の笑っているイラスト
出血や毛嚢炎などの肌トラブルを招いたり、毛周期の乱れにつながったりする可能性もあるので、毛抜きによる自己処理は厳禁です。

レーザーとの相性をカウンセリングで確認

剛毛には効果が高い、産毛には効果が低いなど、レーザーの種類によって向き不向きがあります。毛質や部位に合うレーザーを選択しないと、十分な脱毛効果が得られません。

また、脱毛機にはレーザーの種類以外にも、熱破壊式蓄熱式の2つの照射方法があります。

熱破壊式:高出力レーザーを照射する方法で、剛毛に効果的。
蓄熱式:低出力のレーザーを連続照射する方法で、産毛にも高い効果を発揮。

クリニックによっては、一人ひとりの肌や毛質に合わせて、複数のレーザーや脱毛機を使い分けています。

女性監修者の笑っているイラスト
カウンセリングの際はスタッフに相談しながら、ご自身の毛質・肌質・目的に合うものを選びましょう。

全身脱毛に興味があるなら、まずはカウンセリングから受けてみよう

全身脱毛に興味があるなら、まずはカウンセリングから受けてみよう

医療脱毛だと全身脱毛に必要な回数は、5~8回が目安です。しかし、脱毛機との相性や肌質・毛質でも変わることがあります。クリニックのカウンセリングでは、一人ひとりの肌質・毛質を確認して大体の回数目安を教えてくれるので、事前に不安を解消できるでしょう。

ジェニークリニックの「ソプラノアイス・プラチナム」は、3種類のレーザーを同時照射することで、幅広い毛質に効果を発揮します。どの部位でも5回で満足の行く仕上がりになる可能性が高いので、できるだけ早く脱毛を終わらせたい人に向いています。

女性監修者の笑っているイラスト
全身脱毛を検討している人は、まずはカウンセリングを受けてみましょう。