医療脱毛はアトピー肌でも大丈夫?肌への影響から注意点まで徹底解説

医療脱毛はアトピー肌でも大丈夫?肌への影響から注意点まで徹底解説
「医療脱毛が気になるけれど、アトピー肌だから施術を受けられないのでは?」と不安に感じる方は少なくありません。しかし、実はアトピー肌の方にこそ、医療脱毛がおすすめです。

そこで今回は、医療脱毛がアトピー肌に与える影響について解説します。

point
注意点も併せてご紹介しますので、脱毛する前に不安を解消しておきましょう。

医療脱毛ならアトピー肌でも脱毛できる!

脱毛できるかどうかは症状によって変わりますが、基本的には、アトピー肌でも医療脱毛の施術は可能です

医療レーザーは、毛の黒い色素に反応して熱を発し、発毛組織にダメージを与えます。

肌表面に対しての刺激はあまり大きくないので、アトピー肌でも施術可能なのです。しかし、炎症や色素沈着が濃い部位は、レーザーを照射できないことがあります。

point
医療脱毛なら医師の診察に基づいて施術可能かどうか判断してくれるので、アトピー肌の方も安心して脱毛を受けられるでしょう。

アトピー肌の方に医療脱毛がおすすめの理由

アトピー肌の人に医療脱毛がおすすめの理由
医療脱毛は、アトピー肌の方にとって嬉しいメリットがたくさんあります。では、一つひとつみていきましょう。

肌ダメージが少ない

医療脱毛に用いられるレーザーは、皮膚内部にあるバルジ領域・毛乳頭・毛母細胞といった発毛組織にダメージを与えます。

施術後に肌トラブルが起こることがありますが、レーザーそのものが肌を傷つけるわけではないのです。

確かに、医療脱毛の施術によるリスクの可能性は、ゼロではありません。しかし、アトピー肌に合わせた適切な処置や丁寧なアフターケアを行うことで、リスクを軽減することは可能です。
近年出てきた「蓄熱式」レーザーは、医療脱毛の中でも肌にやさしい脱毛機です。

point
色素沈着がある場合もやけどのリスクが低く、強い痛みもありません。

医療機関で脱毛できる

医療脱毛と美容脱毛の大きな違いは、医療従事者がいるか否かという点です。

医療脱毛は、カウンセリング時に医師が問診や診察を行い、テスト照射を行った上で施術を進めていきます。

アトピーの症状やアトピー跡、通院状況などを相談できるのも、医療脱毛ならではのメリットです。万が一、施術後に肌トラブルがあった場合も、医師の診察や薬の処方などに対応しています。

point
肌トラブルのリスクは避けられないので、追加料金なしで診察や薬の処方を行っているクリニックを選んでおくと安心です。

短期間で完了する

医療脱毛は効果が高く、回数も少なく短期間で脱毛完了します。毛の量や毛の太さによって個人差はありますが、通常5~6回の照射が目安です。
一方、脱毛サロンなどの光脱毛は医療脱毛に比べて効果が弱く、脱毛完了まで12回以上通う必要があります。

アトピー肌の場合、症状によって施術できないときがあるので、脱毛期間が長くなりがちです。

できるだけ早く脱毛を完了させたい場合は、医療脱毛を選びましょう。

point
スケジュール通りに施術を受けられないときのことを考慮し、有効期限が長めに設定されているコースを契約することをおすすめします。
こんな方におすすめ!
  • アトピー肌でも脱毛できるか知りたい。
  • 脱毛でアトピーが悪化しないか心配……
  • 一度専門家に相談してみたい。
無料カウンセリングのご予約はこちら

アトピー肌の方は自己処理NG?

アトピー肌の人は自己処理NG?
自己処理の主な方法であるシェーバー・除毛クリーム・毛抜きは、肌への負担が大きく、アトピー肌にはおすすめできません。それぞれの方法について、詳しくみていきましょう。

シェーバー

ムダ毛の自己処理として主流なのが、シェーバーやカミソリです。しかし、刃が肌の表面に直接当たることによって、角質層を傷つけてしまう可能性があります。

特にアトピー肌の方は、カミソリ負けによる赤みやかゆみが出やすいです。

また、シェーバーで剃った後に毛が再生するスピードが早く、自己処理の頻度が多くなってしまいます。
その一方で、多くのクリニックで推奨しているのが、電動シェーバーです。

point
電動シェーバーは、刃が直接肌に触れない設計になっているので、肌への刺激が少なく済みます。

除毛クリーム

除毛クリームは、アルカリ性の薬剤でムダ毛のタンパク質を溶かすことによって除毛します。刃を使わないので肌にやさしいように思えますが、皮膚もタンパク質でできているので、実は肌への負担が大きいです。

特にアトピー肌は薬剤の影響を受けやすく、肌が赤くなってヒリヒリしたり、かぶれたりする可能性があります。
bad
中には低刺激・敏感肌用の除毛クリームもありますが、肌への刺激は免れません。

毛抜き

シェーバーや除毛クリームのように広範囲を処理することはできませんが、数本のムダ毛を処理するのに便利な方法です。しかし、毛抜きでムダ毛を引き抜くと、肌そのものに大きなダメージを与えてしまいます

毛抜きが引き起こす代表的な肌トラブルが、毛穴の中で炎症を起こす「毛嚢炎」です。

肌の防御機能が働くことによって、ムダ毛が皮膚の表面に埋もれてしまう「埋没毛」になる場合もあります。

bad
医療レーザーは毛根に反応するので、毛抜きで抜いた部分は脱毛効果が得られません。

アトピー肌の方が医療脱毛を受ける際の注意点

アトピー肌の人が医療脱毛を受ける際の注意点
クリニックにすべて任せるのではなく、肌の状態をカウンセリング時に説明したり、自分でできるケアを行ったりすることも大切です。

医師に必要な情報を伝えておく

アトピー肌の場合、カウンセリング時に医師の診察にて、肌の状態を確認する必要があります。その際、自分の肌質服用している薬について、しっかり伝えておきましょう。

特にアトピーの治療によく使われるステロイド剤には、注意が必要です。

ステロイドには体毛が濃くなる・増えるといった副作用があり、脱毛の効果が半減してしまいます。

point
内服薬と外用薬とでは対応が異なるので、施術が受けられるかどうかをカウンセリング時に相談しましょう。

パッチテストを受ける

クリニックによっては、脱毛機によるテスト照射を受けることが可能です。医療レーザーを照射したときの痛みを体感したり、脱毛機との相性を確認したりすることができます。
アトピー肌の場合、照射後の肌状態を確認した上で、医師が脱毛を受けられるかどうかの判断を行ってくれるので安心です。

point
痛みを感じたときは、無理せず医師に相談してください。

知識を持った医師や看護師が施術する医療脱毛なら、照射レベルの調整や麻酔の処方も可能です。

POINT

アトピー肌の方はその場で契約せず、パッチテストから2週間程度肌の様子を確認し、問題がないとわかった時点で契約すると良いでしょう。

肌の状態に合わせて施術を受ける

アトピー肌は、かゆみを伴う湿疹や炎症が、良くなったり悪くなったりを繰り返すものです。赤みや炎症が起こった状態で脱毛施術を受けると、色素沈着などの肌トラブルにつながる危険性があります。

point
脱毛当日に症状が現れた場合は、「このぐらいなら大丈夫」と自己判断せずに、必ず医師やスタッフに報告しましょう。

診察した上で施術可能かどうかを判断し、場合によっては患部を避けて照射したり、出力レベルを下げたりして施術を行います。アトピー肌は、季節や生理によって肌の状態が不安定になりやすく、施術を断られることも少なくありません。

POINT

肌の状態に合わせて脱毛するのが理想的なので、脱毛を契約する前に、コースの有効期限についても確認しておいてください。

しっかりと肌ケアを行う

医療脱毛の施術後は、肌にレーザーの熱によるダメージが残っています。クリニックでも冷却や保湿などのアフターケアが行われますが、自宅でのスキンケアも大切です

特にアトピー肌は、乾燥によって症状が悪化しやすいので、化粧水やクリームで十分に保湿しましょう。

また、脱毛後の肌は、少しの紫外線でも影響を受けるので、入念な日焼け対策を行ってください。脱毛期間中に日焼けをしてしまうと、肌トラブルを引き起こすだけでなく、施術そのものが受けられなくなる可能性があります。

POINT

日焼け止めは、アトピー肌でも使いやすい「ノンケミカル処方」や「保湿成分入り」がおすすめです。肌が直射日光に当たらないように、帽子や日傘、長袖も併用すると良いでしょう。

point
ジェニークリニックでは、肌に優しい脱毛機を採用しています。
アトピー肌の人は、まずはクリニックに相談して肌の状態を診てもらいましょう。
無料カウンセリングのご予約はこちら

ジェニークリニックならアトピー肌でも安心!

ジェリークリニックは、蓄熱式脱毛機「ソプラノアイス・プラチナム」を採用している医療脱毛クリニックです。脱毛の痛みが少ないだけでなく、アトピー肌の方にも嬉しいサービスが充実しています。

施術前に診察を受けられる

ジェニークリニックに通うには、はじめにカウンセリングを受ける必要があります。
カウンセリングだけでお金が発生することは一切なく、パッチテストを受けることも可能です

医師が肌の状態を診察し、希望部位や肌質などから照射の強さや施術方法を決定します。

カウンセリング当日に必ず契約する必要はなく、無理な勧誘の心配もありません。

point
気軽にカウンセリングを利用して、アトピー肌や医療脱毛に関する不安や疑問があれば、何でも相談してみましょう。

アトピー肌にも対応『ソプラノアイス・プラチナム』

ジェニークリニックでは、肌にじんわりと熱を加える蓄熱式(SHR)脱毛機「ソプラノアイス・プラチナム」を導入しています。

従来の脱毛機のように急激な温度上昇がなく、痛みに弱い方でも安心して施術を受けられます。

肌への負担も少なく、アトピー肌や敏感肌でも施術可能です。日焼け肌や色素沈着に含まれるメラニン色素に反応することがないので、幅広い肌質に対応できます。

point
色素沈着がなかなか治まらないという方も諦めずに、ジェニークリニックの利用を検討してみてください。

肌トラブルが起きてもすぐに対応

脱毛後、万が一肌に問題が生じた場合は、クリニックへ連絡してください。

脱毛部位にかゆみや赤みが出るのは、一時的な副作用であることがほとんどです。

しかし、3日以上経過しても赤みが治まらないときや、明らかにアトピーの症状が悪化しているときは、医師による診察や適切な処置を受ける必要があります。そのまま放置すると、深刻な炎症やかぶれにつながることもあるので、自己判断は禁物です。

POINT

肌トラブルが起こった場合、ジェニークリニックなら優先的に診察の予約を取ってくれます。診察や治療薬の追加費用は一切かかりません

アトピー肌でも医療脱毛をしたい方はぜひご相談ください

医療脱毛は、医師が直接肌の診察を行うので、アトピー肌で不安や悩みを抱えている方にもおすすめです。
医療脱毛の中でも「ソプラノアイス・プラチナム」といった蓄熱式脱毛機は肌にやさしいので、肌の弱い方でも脱毛を行えます
肌の状態によっては照射が行えない場合もありますが、適切な施術方法をクリニックで判断してくれるので安心です。

point
アトピー肌だけど医療脱毛をしたいという方は、一度ジェニークリニックのカウンセリングにてご相談ください。