除毛クリームのデメリットやメリットとは??脱毛との違いや正しい使用方法を徹底解説!

除毛クリームのデメリットやメリットとは??脱毛との違いや正しい使用方法を徹底解説!
ムダ毛の処理に、除毛クリームの使用を考えている人もいるでしょう。除毛クリームは、ムダ毛を処理したい場所に塗布するだけで良いので、ムダ毛処理方法としては手軽だといえます。
しかし、除毛クリームを使ったことがない人は、除毛クリームのメリットやデメリットも気になるのではないでしょうか。

point
この記事では、除毛クリームのメリット・デメリットや、使い方についてご紹介していきます。この記事を参考に除毛クリームへの理解を深め、使うかどうかを検討しましょう。

結論:除毛クリームは肌トラブルの可能性や、使用できない部位がある

除毛クリームは肌トラブルの可能性や、使用できない部位がある

除毛クリームは確かに便利ですが、デメリットもあるので、使用には慎重な検討が必要です。まずは、除毛クリームのデメリットとメリットについて解説します。

敏感肌や肌があまり強くないと荒れることも

除毛クリームは、敏感肌の人や肌があまり強くない人が使うと、肌荒れの原因になることがあります。また、普段は敏感肌ではなくても、体調や季節の影響でたまたま肌が弱くなっていたり、使った除毛クリームがたまたま肌に合わなかったりすることもあるのです。

除毛クリームには、たんぱく質を溶かす成分が入っています。たんぱく質を溶かすことで、ムダ毛を溶かして処理するのですが、皮膚もたんぱく質なので少なからず皮膚にも負担がかかります。

bad
肌が強い人でも十分なケアをせずに繰り返し使っていると、肌荒れが起こるでしょう。そのため、除毛クリームの使用には、少し慎重になる必要があるのです。

顔やVIOには使用できない

除毛クリームは、顔には使用できません。また、VIOにも使用できないものもあります。これは、顔やVIOの皮膚は他の部分よりも薄く敏感なため、除毛クリームに含まれるたんぱく質を溶かす成分の影響を受けやすいからです。

もしも、除毛クリームを顔・VIOに使ってしまうと、ピリピリ感があったり、炎症を起こしたりする可能性があります。特に顔に除毛クリームを使うのは、絶対NGです。

bad
VIO対応ではない除毛クリームをVIOに使うことも、絶対にやめておきましょう。

VIOを除毛クリームで処理したい場合は、必ず除毛クリームの対応範囲を確認してください。

その他のデメリットも・・・

除毛クリームには、他にもデメリットがあります。

毛根から脱毛はできない
肌荒れのリスク
何度も購入する必要がある

それは、皮膚の表面に出ているムダ毛しか処理できないということです。つまり、毛根から処理できないため持ちはあまり良くありませんし、何度も処理をする必要があるのです。何度も皮膚に除毛クリームを塗ることで、それだけ肌にダメージを与えてしまい、より肌荒れのリスクが高まるでしょう。クリームがなくなる度に購入しなければならないという手間もあります。また、使用時にクリームを塗布したまま数分〜15分放置する必要があるのも、少々使いづらい点かもしれません。特に全身に除毛クリームを使った場合、冬だとそのままでいるのは寒いでしょう。

無料カウンセリングのご予約はこちら

除毛クリームのメリット

除毛クリームのメリット
 すぐに除毛できる
自宅で簡単に除毛できる
安価で購入できる
毛の太さが関係なく除毛できる

すぐに除毛(脱毛)できる

デメリットばかりを先に挙げてしまいましたが、もちろん除毛クリームにはメリットもあります。

まずメリットとして挙げられるのは、ムダ毛が気になったときにすぐに処理ができるという点です。ムダ毛処理をしたい部分に塗って放置して洗い流すだけなので、家で思いついたときにサッと簡単に使えます。
クリームを洗い流したあとは、チクチク感も少なく、ツルツルな肌が手に入るのです。

point
ムダ毛が生えてくる度に処理が必要となるものの、家ですぐに除毛できるという点は、メリットだといえるでしょう。

自宅で除毛(脱毛)できる

脱毛クリニックや脱毛サロンとは違い、除毛クリームを使うのに特別なトレーニングは必要ありません。取扱説明書の指示どおりに塗るだけなので、誰でもすぐに使えます。

つまり、クリニックやサロンに通うことなく、自宅でムダ毛処理ができるのも除毛クリームのメリットだといえるでしょう。たとえ定期的なムダ毛処理が必要だとしても、自分の家で手軽に除毛できるなら、除毛クリームの方が良いと思う人もいるはずです。

ムダ毛処理をしたい部分にクリームを塗って、放置する手間はあります。しかし、短時間でムダ毛処理が完了するのも魅力的です。

安価で手に入る

除毛クリームは、数百円〜数千円くらいで手に入ります。一度に1本すべてを使い切るわけではないですし、クリニックやサロンに通うよりは、一度にかかる費用が安価だといえるでしょう。
手頃な価格で手に入るのも、除毛クリームのメリットです。

ただし、価格面だけに注目して安すぎる除毛クリームを選ぶと、自分の用途に合っていなかったり、思わぬ肌トラブルに見舞われたりすることもあります。
使用できる箇所や配合成分はしっかりと確認した上で、除毛クリームを選ぶようにしてください。

point
特に敏感肌の人は低刺激や敏感肌用のもの、また、保湿効果があるものを選びましょう。

毛の細い太い関係なく除毛(脱毛)できる

除毛クリームは毛が細いか太いか、薄いか濃いかなどの毛質・毛量にかかわらず除毛ができます。除毛クリームに配合されている毛のたんぱく質を溶かす成分は、毛の細い・太いに影響されることはほとんどありません。

毛が太くて濃い人でも、しっかり効果を感じることができるでしょう。
医療脱毛やエステ脱毛だと、毛質・毛量で効果が出るまでの時間が左右されることがあるため、毛質・毛量の影響を受けないのは、除毛クリーム特有のメリットです。

そもそも除毛クリームってどんな仕組み?

前述でも、除毛クリームにはたんぱく質を溶かす成分が配合されていることに少し触れましたが、ここからは、もう少し除毛クリームの仕組みについて深堀りしていきましょう。

「チオグリコール酸カルシウム」が毛を溶かしてくれる

「チオグリコール酸カルシウム」が毛を溶かしてくれる
「チオグリコール酸カルシウム」が毛を溶かしてくれる図解

除毛クリームに配合されているたんぱく質を溶かす成分は、「チオグリコール酸カルシウム」です。チオグリコール酸カルシウムには、たんぱく質を分解する力があり、その作用によって毛が溶けたようになるのです。

分解といっても一瞬で起こる作用ではなく、チオグリコール酸カルシウムがたんぱく質に触れてから、ゆっくりと進んでいきます。毛を溶かしきるまでに時間がかかるため、除毛クリームは、肌に塗ってから一定時間放置する必要があるのです。

point
除毛クリームを使うと皮膚も溶けるのでは?と心配になる人もいるでしょう。しかし、きちんと放置時間を守っていれば、肌が重大なダメージを受ける心配はありません

除毛クリームには、肌への負担を防ぐために、保湿成分が含まれていることが多いです。肌へのダメージがゼロとはいえませんが、正しい使い方をして、スキンケアもしっかりしていれば過度に心配する必要はないでしょう。

除毛クリームを使うと毛が濃くなるのは本当?

「除毛クリームを使うと毛が濃くなる」という話を聞いたことがある人もいるでしょう。しかし、除毛クリームに毛を濃くする作用はありません。たとえ除毛クリームを使ったとしても、毛質・毛量が大きく変化することはないので、その点は安心してください。

ただし、毛が濃くなったように見えることはあるかもしれません。ムダ毛処理をしたことでツルツルになった肌に見慣れると、その後毛が生えた状態を見て「濃くなった」と思ってしまうことがあるのです。
たとえ濃くなったように見えたとしても、実際に濃くなっているわけではありません。

point
ムダ毛の濃さが気になったら、再度処理をすればツルツルの肌に戻れるので、気になった時にはサッと処理してしまいましょう。

効果的な除毛クリームの利用シーン

除毛クリームにはデメリットもあるので、すべての人・すべての状況におすすめできるムダ毛処理方法ではありません。しかし、効果的に使えるシーンもあるのは事実。ここからは、除毛クリームを使うのにぴったりの利用シーンをご紹介します。

明日までにムダ毛を処理したい!

明日までに脱毛したい!

除毛クリームはムダ毛処理したい箇所に塗って、取扱説明書どおりの時間放置して洗い流せば、すぐに除毛が完了します。そのため、どうしても明日までにムダ毛処理をしたいというときにはぴったりの除毛方法です。

突然プールや海水浴などで水着を着る予定ができたり、露出度が高い服を着ることになったりすることもあるでしょう。うっかりムダ毛処理を忘れて、ふと気づくとムダ毛がたくさん生えている!なんてこともあるかもしれません。
すぐにムダ毛処理をしたいときなら、除毛クリームはぴったりです。予約などの手間もなく、自宅で手軽に扱えるため、即効性のあるムダ毛処理方法だといえます。

脱毛をしたことがないから試しにしてみたい

 脱毛をしたことがないから試しにしてみたい

今まで脱毛をしたことがない人だと、最初から脱毛クリニックや脱毛サロンに通うのはハードルが高いでしょう。そんな時にも、除毛クリームが役立ちます。
特に、VIO脱毛のデザインを決めかねている……という時には、まず除毛クリームでデザインを試してみて決めるのも良いでしょう

除毛クリームは脱毛とは異なり、しばらくすればまた元通りに毛が生えてきます。たとえ失敗したり、ムダ毛がなくなったあとの見た目が気に入らなかったりしても大丈夫。元通りになるので安心してください。

最初から脱毛に通う勇気が出ないという人は、まず除毛クリームで試してみましょう。ムダ毛がない状態が気に入れば、脱毛に通うハードルが低くなるはずです。

できるだけ低価格で抑えたい

 できるだけ低価格で抑えたい

クリニックであってもサロンであっても、脱毛施術には数万円以上の費用がかかります。分割払いもできることが多いですが、分割をしたくない人、そこまでのお金をかけたくない人もいるでしょう。

そういう場合にも、除毛クリームが便利です。除毛クリームは比較的安価、そして一気にムダ毛処理ができるので、コストパフォーマンスが良いムダ毛処理方法です。
一度にかかる金額も数千円程度と、誰でも手が届きやすい価格ですから、できるだけ低価格でムダ毛処理をしたい人にはおすすめだといえます。
除毛時の痛みもないですし、誰でも手軽に使えるので、気軽なムダ毛処理方法として日常に取り入れやすいです。

ただし半永久的に定期的な処理が必要なため、脱毛に通うのとどちらが良いのか一度考えてみましょう。

除毛クリームに不安があるなら医療脱毛も◎

除毛クリームは、手軽なムダ毛処理方法としてはメリットが多いですが、肌への負担などのデメリットもやはり見逃せません。もしも除毛クリームを使うにあたって不安があるなら、医療脱毛も検討してみてはいかがでしょうか。
ここからは、除毛クリームと比べた場合の医療脱毛のメリットをご紹介します。

全身の脱毛ができる

医療脱毛では、顔やVIOを含めたほぼ全身の脱毛が可能です。脱毛プランによっては、含まれていない箇所もありますが、どの部分の脱毛をしてもらえるのかしっかり説明があるので、脱毛できる箇所・できない箇所を調べる必要がないのもメリットの1つです。

また、自分では処理の難しい背中やIライン・Oラインも、医療脱毛ならプロの手によって処理残しがなくキレイに脱毛してもらえます。
ムダ毛を自己処理する場合、自分でも気づかない部分にムダ毛を残してしまっていたりするものですが、医療脱毛ならその心配はありません。

point
うっかりムダ毛が残っていて恥ずかしい思いをする……なんてこともなくなります。

肌への 刺激が最小限に

ここまでも説明したとおり、除毛クリームは、ある程度肌への刺激があるムダ毛処理方法です。その点、医療脱毛は、肌への刺激を最小限に抑えられるというメリットがあります。
医療脱毛も施術中はある程度肌に刺激があるのですが、脱毛通いが完了すれば、その後はほとんど自己処理の必要がなくなります。つまり、繰り返し肌にダメージを与えることがなくなる、長い目で見れば肌に優しい方法なのです。

POINT!

万が一肌トラブルが起きても、医療脱毛は医療機関で行われるため迅速に適切な処置を受けることができます。全く肌トラブルのリスクがないわけではありませんが、すぐに処置をしてもらえることもメリットとして挙げられるでしょう。

高い脱毛効果が期待できる

医療脱毛はエステ脱毛とは違い、医療機関での脱毛のため、それだけ出力の高い脱毛機が使われています。そのため、自己処理だけでなくエステ脱毛よりも高い効果が期待できます。

さらに脱毛施術をしてくれるスタッフも有資格者であり、脱毛のプロです。医師も常駐していてカウンセリングにあたるため、安心かつ質の高い脱毛を実現できます

毛根からしっかり脱毛でき、ある程度脱毛通いをしたあとはほとんどムダ毛が生えてこなくなりますから、ムダ毛処理の必要がありません。

point
これほどの高い脱毛効果が期待できるのは、医療脱毛ならではのメリットでしょう。

ジェニークリニックでは最新の医療レーザー脱毛で全身脱毛ができる!

医療脱毛よりも除毛クリームを選ぶ人は、手軽さの他に、医療脱毛の痛みも気になっているのではないでしょうか。もしも痛くないのなら、医療脱毛をしてみたいと思っている人もいるでしょう。

ジェニークリニックでは、「蓄熱式医療レーザー脱毛」と呼ばれる脱毛機を導入することで、痛みを最小限軽減しています。蓄熱式レーザーなら、脱毛時にはじんわりと温かい程度で、ほとんど痛みを感じないという人が多いです。
医療脱毛の痛みに不安がある人も、ジェニークリニックなら快適な脱毛を実現できるかもしれません。

また、ジェニークリニックでは、除毛クリームではムダ毛処理ができない顔や、使えない除毛クリームもあるVIOの脱毛も含めた全身脱毛を行っています。
医療機関ならではの安心と安全性、そして高い効果を求めている人は、ジェニークリニックでの脱毛も検討してみてはいかがでしょうか。