ヒゲが茶色くなる・金髪になる6つの原因!すぐに試せる対処法も解説

茶色や金髪など、黒色以外のヒゲが生えているのを見つけて驚いたという経験を持っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
「ヒゲの色が変わってしまったのは病気のせいじゃないか…」と不安になってしまう方もいらっしゃいますが、一般的に、ヒゲが茶色くなる・金髪になるのは日々の生活習慣の乱れなどが原因です。

そこで今回は、ヒゲが茶色くなる・金髪になる6つの原因を解説いたします。
また具体的な対処法も紹介していきますので、ヒゲの色が気になっていらっしゃる方はぜひチェックしてください。

ヒゲが茶色くなる・金髪になる6つの原因

茶色や金髪のヒゲが混じり始めた場合、下記6つの原因が考えられます。

ヒゲが茶色くなる・金髪になる原因
  1. メラニン色素不足
  2. 栄養不足
  3. 加齢
  4. ストレス
  5. 塩素
  6. 紫外線

明確な原因を把握し、改善に向けて自分でできることを実践していきましょう。

①メラニン色素不足

体毛や髪が黒色になるのは、メラニン色素が多く含まれているためです。
ヒゲが茶髪や金髪になってしまった場合、メラニン色素が不足している可能性が考えられます。

メラニン色素が少ないと茶色や金髪に変化していき、ほとんど含まれていない状態だとヒゲが白色になってしまうこともあります。

②栄養不足

不規則な食生活が続くなどして栄養が不足すると、必要な栄養素が身体に行き渡らなくなり、メラニン色素の量が減っていきます。
茶色や金髪のヒゲが混じっているのを見つけた際には、食生活に偏りがないかなど、普段の食事メニューを思い返してみてください。

③加齢

ヒゲも髪の毛と同様に、加齢によって色素の薄い毛が混じり始めます。
茶色や金髪のヒゲは年齢を重ねた証であり、もし加齢が原因の場合、予防が難しいのが特徴です。

④ストレス

過度なストレスがかかっている状態が続くと、メラニン色素を作り出すメラノサイトの働きが低下します。
これによりメラニン色素が作られなくなり、茶色や金髪のヒゲが目立つようになります。

⑤塩素

塩素によってヒゲが退色し、黒色から茶色や金髪へ変化する可能性があります。
水泳のインストラクターやジム通いをしている方など、普段プールに入る機会が多いという場合には注意が必要です。

⑥紫外線

紫外線には、毛髪に含まれるタンパク質やメラニン色素を壊す作用があります。
キャンプやランニングなどを趣味にしている場合、紫外線の影響を受けやすく、茶色や金髪になる確率が高くなります。

ヒゲが茶色・金髪になってしまった場合の6つの対処法


ヒゲが茶色・金髪になった場合でも、体調に大きな変化は生じません。
しかし、老けて見えるなど見た目を損なうため、「何とかしたい!」と考えるのが心情です。

ヒゲが茶色・金髪になってしまった場合の対処法
  1. マスカラで染める
  2. ストレスを溜めない
  3. 食生活を見直す
  4. 日焼けを避ける
  5. サプリメントを摂取する
  6. 脱毛する

ここからは、上記6つの対処法について解説していきますので、自分に合った方法を試してみてください。

①マスカラで染める

ドラッグストアやネット通販では、ヒゲに着色できる男性用のマスカラが販売されているため、色違いの毛を染めてみましょう。
マスカラの使い方は非常に簡単で、最初にヒゲの流れに逆らうようにして塗った後、今度は毛の流れに沿うようにして二度塗りするだけです。

なお、白髪染めを使ってヒゲを着色する方法もありますが、これは本来の使用目的とは異なり、肌が荒れるなどのトラブルが発生するおそれがあるので注意しましょう。

②ストレスを溜めない

ストレスは血流を悪くさせ、メラノサイトの働きを低下させます。
ジョギングやウォーキングなどの適度な運動を習慣にしたり、ストレスを感じさせる原因を取り除いたりしてストレスを溜めないようにしましょう。

③食生活を見直す

栄養不足に陥ると、メラニン色素をはじめとする必要な栄養素が体中に行き渡らなくなります。
「野菜を積極的に取る」「塩分・糖質・脂質を控えめにする」など普段の食事を見直し、健康的な身体づくりを心がけましょう。

また、メラニンは「チロシン」をもとに作られます。
チロシンはチーズや大豆に多く含まれているため、積極的に摂取しましょう。

④日焼けを避ける

毛髪に含まれるタンパク質やメラニン色素を壊す作用がある紫外線を浴びないよう、日焼け対策も重要です。
ヒゲは常に露出しているものなので、帽子や日傘を活用して直射日光を浴びないようにしましょう。

⑤サプリメントを摂取する

仕事や家事で忙しい日々を過ごしていらっしゃる方は、必要な栄養素をサプリメントで補いましょう。
サプリメントに頼りがちになるのは問題ですが、「チロシン」や髪の栄養素である「亜鉛」など、メラニン色素を増やす働きのある栄養の摂取にはサプリメントの活用が便利です。

⑥脱毛する

茶色いヒゲや金髪のヒゲは、クリニックやサロンで脱毛してみてはいかがでしょうか。
なかには毛抜きで1本ずつ引き抜いて処理している方もいらっしゃいますが、毛穴や肌を傷つけ炎症が起こりやすくなります。
仮に抜いたとしても再び茶色や金髪のヒゲは生えてくるため、根本的な解決にはなりません。

茶色いヒゲや金髪ヒゲを脱毛して、ストレスフリーな生活を送りましょう。

茶色いヒゲ・金髪ヒゲをなくしたいなら医療脱毛がおすすめ!


茶色いヒゲ・金髪ヒゲを脱毛する場合、クリニックで行う医療脱毛がおすすめです。
医療脱毛には、以下のような魅力的なメリットがあります。

  • 茶色いヒゲや金髪ヒゲの永久脱毛ができる
  • 痛みを抑えて効率的に脱毛できる
  • クリニックで施術を受けるから安心できる

上記3つのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

茶色いヒゲ・金髪ヒゲの永久脱毛ができる

医療脱毛なら、茶色いヒゲ・金髪ヒゲの永久脱毛ができます。
毛に含まれるメラニン色素に反応するレーザーを使って脱毛を行う熱破壊式タイプの場合、茶色などの色素が薄い毛への効果は限定的ですが、蓄熱式の脱毛機なら茶色や金髪のヒゲにも優れた脱毛効果が得られます。

蓄熱式レーザー脱毛機は、「バルジ領域」と呼ばれる発毛を促す器官をターゲットに、低出力の熱をじわじわと与える方法で脱毛を促します。
毛に含まれるメラニン色素の量によって脱毛効果が左右されないため、メラニンを多く含む黒色のヒゲでなくても脱毛効果が得られるのです。

また、毛質がやわらかい産毛にも対応可能なため、肌のすみずみまできれいにすることができます。

痛みを抑えて効率的に脱毛できる

前述のとおり、蓄熱式レーザー脱毛機は低出力のレーザーを照射します。
痛みの度合いは「温かみを感じる程度」のため、痛みに弱い方も不安なく施術を受けられます。

クリニックで施術を受けるから安心できる

医療脱毛は、専門医が常駐しているクリニックで行われます。
万が一肌トラブルが起こってもすぐに医師が診察などの適切な処置を行うため、自分自身で皮膚科医を受診する必要がありません。
トラブルが起こった際の診察代は無料であるほか、薬の処方代金がかからないクリニックもあります。

安心かつ安全に脱毛を続けたいと考えていらっしゃる方には、医療脱毛がおすすめです。

まとめ

今回はヒゲが茶色や金髪になってしまう原因や、具体的な対処法について解説いたしました。
色違いのヒゲが生えてくると、見た目を損なう原因になります。
専用のマスカラを使用したり、食生活を改善したりする方法もありますが、根本的に解決したい場合には医療脱毛がおすすめです。

男性専用プライベートクリニック「メンズジェニー」では、痛みを抑えた蓄熱式レーザー脱毛機「ソプラノアイス・プラチナム」による脱毛を行っております。
産毛や茶髪などの色素が薄い毛にも脱毛効果を発揮いたしますので、黒い毛ではなくても脱毛が可能です。
万が一肌トラブルが起こった際は常駐している医師が診察いたしますので、安心して通院していただけます。

また、メンズジェニーはヒゲ脱毛が初めての方に向けて、お得なトライアルプランをご用意しております。

期間限定キャンペーンの例
トライアル顔3箇所(鼻下、アゴ、アゴ下)1回:9,800円
トライアル顔6箇所(鼻下、アゴ、アゴ下、首、ひたい、ほほ・もみあげ)1回:16,800円

無料カウンセリングのご予約は公式サイトより受け付けておりますので、ご用命の際はお気軽にお申し込みください。