ヒゲの長さは何ミリが理想的?美しいスタイル例や整え方を解説します

顎ヒゲだけを残したデザインや無精ヒゲ風のスタイルなど、ヒゲデザインにはさまざまな種類があります。
ファッションや気分に合わせてヒゲを整えれば、さらにおしゃれを楽しめるでしょう。
今回は、ヒゲスタイルの例や整え方、事前に確認すべき注意点について解説していきますので、「ヒゲを美しく整えたい」と考えていらっしゃる方はぜひチェックしてください。

ヒゲの長さは何ミリに調整すると良い?

ベストなヒゲの長さは、年代や演出したい雰囲気によってそれぞれ異なります。

  • 清潔感を出すなら「2~3mm」が目安
  • ヒゲをより目立たせるなら「5~6mm」が目安
  • 7mm以上は上級者や40代以降の人向け

上記のポイントを考慮しつつ、まずはヒゲの長さを整えることから始めましょう。

清潔感を出すなら「2~3mm」が目安

ヒゲを整えるのが初めての方は、清潔感やフレッシュさが演出できる2~3mmをおすすめします。
これは、10~20代の若者に合ったヒゲの長さです。

ヒゲをより目立たせるなら「5~6mm」が目安

ヒゲを印象的に見せ、大人な雰囲気を演出したいのなら5~6mmがぴったりです。
公私ともに充実し始める30~40代の方におすすめの長さであり、女性からの評判も良いというメリットがあります。

7mm以上は上級者・40代以降の人向け

7mm以上のヒゲは、貫禄のある40代以降の方に限られてきます
清潔感を保つのが難しく、ある程度年齢を重ねた方でなければ似合わない上級者向けのデザイン>だからです。

美しいヒゲのスタイル例


ヒゲスタイルにはいくつもの種類があり、それぞれ演出できる雰囲気が異なります。

美しいヒゲスタイルの例
  • 顎ヒゲタイプ:顎ヒゲのみを残したスタイル
  • 口ヒゲタイプ:口ヒゲのみを残したスタイル
  • 顎ヒゲ+口ヒゲタイプ:顎ヒゲと口ヒゲを残したスタイル
  • リンカニックタイプ:アゴからフェイスラインにかけてヒゲを残したスタイル
  • 囲みタイプ:口まわりをヒゲで囲むスタイル

おしゃれな顎ヒゲ+口ヒゲタイプや、大人の男性向けのリンカニックタイプ、ワイルドなイメージを演出できる囲みタイプなどさまざまなデザインがあります。
ヒゲを整える前に、まずは自分自身に合った理想のスタイルを選びましょう。

【部位別】ヒゲの長さを整える方法

ここからは、口ヒゲ・顎ヒゲ・頬ヒゲに分けて、長さを整える方法について解説していきます。
まずは、下記のアイテムを準備しましょう。

ヒゲを整える際に必要な道具
  • 電気シェーバー
  • カミソリ
  • ヒゲトリマー
  • ハサミ
  • コーム
  • シェービングジェルとシェービングフォーム
  • 保湿剤

口ヒゲの整え方

口ヒゲが長すぎると食事の邪魔になります。
場合によっては口の中にヒゲが入り、周囲の方に不衛生な印象を持たれてしまうおそれがあるため、唇にヒゲがかからない長さにカットしてから整えましょう。

<主な手順>

1、必要なアイテムを準備する

ヒゲトリマー・電気シェーバー・コーム・ハサミ・保湿剤を用意します。

2、長さを揃える

まずはヒゲトリマーを使い、ヒゲの長さを均一に整えましょう。
このとき、唇にかからない10~20mmほどの長さにするのがベターです。

3、不要な部分をシェービングする

電気シェーバーで余計な部分のヒゲを処理します。
カミソリを使う場合は、シェービングジェル・シェービングフォームで肌を保護してからシェービングしましょう。
また、ヒゲトリマーのアタッチメントを取り外し、ヒゲトリマーで直接口ひげを整える方法もあります。

4、仕上げをする

コームでヒゲをとかし、ハサミを使って長すぎるヒゲをカットします。

5、保湿する

肌を乾燥から守るために保湿剤で保護しましょう。
敏感肌用の添加物フリーや弱酸性のアイテムであれば、肌への刺激を最小限に抑えられます。

顎ヒゲの整え方

アゴを覆うヒゲの面積を大きくするとワイルドな印象になります。
顎ヒゲを作る際には面積に注意して、目指したい印象に近づくようスタイルを整えていきましょう。

<主な手順>

1、必要なアイテムを準備する

ヒゲトリマー・電気シェーバー・コーム・ハサミ・保湿剤を用意します。

2、長さを揃える

ヒゲトリマーでヒゲの長さを均一に整えます。
口ヒゲと比較して1~2mmほど長めにするとバランスよく見えるでしょう。

3、ヒゲの形を整えていく

理想のスタイルに不要なヒゲを電気シェーバーで剃っていきます。
面積の大きさにも注意して、少しずつ調整していきましょう。

4、仕上げをする

コームでヒゲをとかしつつ、長すぎるヒゲがあればハサミを使ってカットします。
顎の輪郭を意識しながら長さを整えましょう。

5、保湿する

電気シェーバーで不要なヒゲを剃る際に、刃で肌に必要な角質を取りすぎてしまうおそれがあります。
肌のうるおいを守るためにも、念入りに保湿しましょう。

頬ヒゲの整え方

頬ヒゲを整える際には、顎ヒゲの延長線につなげるようにすると自然な形に仕上がります。

<主な手順>

1、必要なアイテムを準備する

ヒゲトリマー・電気シェーバー・コーム・ハサミ・保湿剤を用意します。

2、長さを揃える

ヒゲトリマーでヒゲの長さを均一に整えます。
ほほにヒゲが密集している場合には最大で2mm、それほど毛量が多くない場合には2.5mmにすると自然な仕上がりになります。
ヒゲが広範囲にあるため、コームでヒゲをとかしながら行うと調整しやすいです。

3、ヒゲの形を整えていく

理想とするスタイルに合わせ、不要なヒゲを電気シェーバーで剃っていきます。

4、仕上げをする

口ヒゲや顎ヒゲと同様、コームでヒゲをとかし、細かい毛をハサミでカットして仕上げます。

5、保湿する

ほほは顔の大部分を占めている部位のため、肌トラブルが発生すると悪目立ちしてしまいます。
アルコールフリーなど低刺激性の保湿剤を使い、念入りにケアしてください。

ヒゲの長さを整える際の注意点

ヒゲを整える際には、下記のポイントに注意しましょう。

ヒゲの長さを整える際の注意点
  • こまめに手入れをする
  • 毛抜きを使わない
  • 一気に剃らない
  • 青ヒゲが目立たないようにする

美しいヒゲスタイルを作るためにも、欠かさず行いましょう。

こまめに手入れをする

ヒゲは毎日少しずつ伸びてくるため、こまめに手入れをする必要があります。
そのまま放置してしまうとせっかく整えたヒゲが乱れ、無精ヒゲのようになってしまいます。
鏡を見て、ヒゲが整っているかどうかチェックする習慣をつけましょう。

毛抜きを使わない

不要な部分のヒゲを処理する際、毛抜きを使わないことも大切なポイントです。
毛抜きを使えば1本ずつ丁寧に毛を処理できますが、毛穴を無理やり広げて毛を引っ張るため、皮膚に大きなダメージを与えてしまいます。
細菌が侵入すると炎症を引き起こすおそれがあるため、美しいヒゲデザインを作るためにも、自己処理には使用しないようにしましょう。

一気に剃らない

ヒゲを整える際、一気に剃らないよう注意しましょう。
ヒゲは、数ミリ長さが変わるだけで、自身の雰囲気や印象が大きく変わります。
なるべく左右対称になるよう、鏡を見ながら少しずつ整えていきましょう。

青ヒゲが目立たないようにする

男性ホルモンの分泌量が多い場合、時間の経過によって青ヒゲが目立ってくることも珍しくありません。
青ヒゲが目立つと清潔感のない印象となってしまうため、BBクリームで肌色をカバーしたり、抑毛ローションでムダ毛を抑制したりしてカバーしましょう。

青ヒゲに悩まされていらっしゃる方は、自己処理のほかに脱毛もおすすめです。
医療脱毛なら永久脱毛ができるため、しつこく生えてくる青ヒゲに悩まされる心配はなくなるでしょう。

まとめ

今回は、ヒゲの理想的な長さや美しいスタイル例、ヒゲの整え方について解説しました。
ヒゲの形が変わるだけで、自身の雰囲気や印象が大きく変わることも珍しくありません。
美しいヒゲに仕上げるためにも、今回ご紹介した正しい手順や大事なポイントを把握し、日々のお手入れに活かしてみてください。

「ヒゲを整えるのが面倒」「ヒゲをなくしたい」と考えていらっしゃる方におすすめなのが医療脱毛です。
永久脱毛ができるため、不要な部分の毛をなくし、理想のヒゲスタイルに仕上げることができます。

男性専用プライベートクリニック「メンズジェニー」では、蓄熱式レーザー脱毛機「ソプラノアイス・プラチナム」による痛みの少ない脱毛施術を提供しております。
ソプラノアイス・プラチナムは、低出力のレーザーでじわじわと熱を与えて脱毛を促すため、肌への負担を最小限に抑えて施術を受けることが可能です。

また、ヒゲ脱毛が初めての方は下記のトライアルプランをご利用ください。

トライアル顔3箇所(鼻下、アゴ、アゴ下)1回:9,800円
トライアル顔6箇所(鼻下、アゴ、アゴ下、首,ひたい、ほほ・もみあげ)1回:16,800円

いずれも期間限定価格のため、予告なしに終了する可能性がございます。
無料カウンセリングの予約は公式サイトより受け付けておりますので、ご用命の際はお気軽にお申し込みください。