脱毛期間中の日焼けはなぜだめ?理由と日焼けした場合の対処法についても解説

脱毛中にしてはいけない行動のひとつに、日焼けがあります。
紫外線量が増える夏場を迎えると、短時間の外出でも肌が焼けやすくなるものです。
一体、どうして日焼けがNGなのでしょうか?

このコラムでは、脱毛期間中の日焼けに焦点を当てて、解説していきます。
日焼けしてはいけない理由や日焼けした場合の対処法について詳しくお伝えしていきますので、最後まで目を通してください。

脱毛期間中の日焼けがNGの理由

脱毛期間中の日焼けがNGな理由には、下記が挙げられます。

脱毛期間中の日焼けがNGの理由

脱毛が受けられない可能性が高くなる
肌トラブルが起こる可能性が高くなる
脱毛効果が下がる
脱毛中の痛みが強くなる

それぞれのポイントについて、解説いたします。

脱毛が受けられない可能性が高くなる

脱毛中に日焼けしてしまうと、度合いによっては脱毛が受けられない可能性が高くなるため注意しましょう。

光脱毛で使われるフラッシュや医療脱毛で使われるレーザーには、毛のメラニン色素に反応して脱毛を促す特徴があります。
日焼け肌にはメラニンが含まれているため、脱毛機が肌にまで反応してしまい、火傷などの肌トラブルを引き起こす恐れがあるのです。

日焼けの程度によっては脱毛を断られるケースもあります。
店舗によっては当日キャンセル扱いとなり、脱毛1回分が消化されるなど損をする可能性があるでしょう。

肌トラブルが起こる可能性が高くなる

紫外線を浴びて日焼けした肌は、軽い火傷状態です。
敏感な状態の肌に医療レーザーを照射すると、さらにダメージを受けてしまい、火傷などや肌荒れなどのトラブルが起こる可能性が高くなります。

日焼けをしたあとに、皮膚がめくれた経験をしたことのある方もいらっしゃるでしょう。
肌が乾燥してダメージを受けたことによって、剥離してしまっているのです。

このように日焼け肌は、やけどと乾燥によって非常に弱っている状態です。
肌トラブルをまねかないためにも、脱毛中の日焼けに気を付けましょう。

脱毛効果が下がる

日焼けの状態によっては、肌トラブルを回避するために脱毛機の出力を下げて施術が行われます。
出力が下がるとその分、脱毛効果が下がるため、脱毛完了までの道のりが遠くなってしまうでしょう。

出力を下げたために「なかなか脱毛効果を感じられない」「脱毛までに時間がかかってしまう」などのデメリットがもたらされる可能性があります。

脱毛中の痛みが強くなる

日焼け肌の方は、通常の肌状態の方と比較して痛みを感じやすいことがわかっています。

紫外線をたくさん浴びて日焼けした肌は非常にデリケートなため、少しの刺激にも敏感です。
また脱毛機のレーザーが肌のメラニンに反応することで、痛みを感じやすくなるともいわれています。
脱毛中の痛みを抑えたい方は、日焼けしないように気を付けてください。

脱毛ができる日焼けレベルはどのくらい?


日焼けがNGといっても、まったくだめなわけではありません。
では脱毛ができる日焼けレベルとは、一体どの程度なのでしょうか?

原則として、日焼けしているかそうでないかの判断は目視で行われます。
そのため多少の日焼けなら、問題なく脱毛できるでしょう。

ただし肌が赤くなっていたり、赤黒くなっていたりする場合は注意が必要です。
服の下に隠れている部位と比較して、あまりにも肌色が変わっている場合には、脱毛できない可能性があります。

日焼けに注意したいのは、顔脱毛や腕、足など衣類に隠れていない部位を脱毛する場合です。
外出の際には日焼け止めクリームを塗るなどして対策をしましょう。

一方で脱毛部位以外が焼けていることについては何の問題もないため、たとえばVIOなど常に衣類で隠れている部位だけを脱毛する場合には日焼けを気にする必要はありません。

脱毛前に日焼けしてしまった際の対処方法

どれだけ気を付けていても、日焼けしてしまうこともあるものです。

この章では、脱毛前に日焼けしてしまった場合の対処法をご紹介します。

日焼けした箇所をじゅうぶんに冷やす

万が一、日焼けしてしまった場合にはじゅうぶんに冷やしましょう。
肌を冷やす際には、氷を直接当てるのではなく、保冷材をタオルでくるんでからそっと押し当てます。

日焼けした肌は軽いやけど状態のため、熱を持っています。
まずは日焼けしてしまった部分を冷やしてクールダウンしましょう。

日焼けした箇所をしっかり保湿する

日焼けした箇所を冷やしたら、次は保湿をします。

日焼けによって肌は乾燥しやすくなっているため、保湿剤を使ってうるおいを与えましょう。
バリア機能がよみがえり、ターンオーバーが正常化することで、肌を再生に導きます。

化粧水や美容液を使う際にはパッティングはせずに、優しく肌に塗り込みましょう。
仕上げに乳液を使って、しっかりとうるおいを閉じ込めてください。

ビタミンCを摂取するように心がける

ビタミンCには、メラニンを薄くする美白効果があるという見解があります。
日焼けしてしまったら、いちごやレモン、ブロッコリーなどビタミンCを多く含む食品を摂取するように心がけましょう。

ビタミンC にはメラニンを薄くするだけでなく、肌に弾力をもたらして、メラニンの生成を抑える役割があります。
日ごろから積極的に取り入れることで、内側からも紫外線対策ができます。

脱毛期間中のうっかり日焼けを防止する方法

「気を付けていても、うっかり日焼けしてしまいそう」と感じている方は、下記の方法を試してみてください。

脱毛期間中のうっかり日焼けを防止する方法

こまめに日焼け止めクリームを塗る
日傘をさす
ツバのある帽子をかぶる
直射日光を避けて日陰を歩く
UVカット効果のある衣類を着る など

日焼け対策の基本は日焼け止めクリームを塗ることです。
わずかの時間でも外出する際には、日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。

そのほかに日傘をさす、ツバのある帽子をかぶる、UVカット効果のある衣類を着ることも効果があります。そしてできる限り直射日光を避けて日陰を歩くなど、紫外線を浴びないことが重要です。

とくに顔脱毛をする方は、常に露出していることから日焼けしやすいため注意しなくてはいけません。
うっかり日焼けを防止する方法を守って、安全に脱毛を続けましょう。

日焼けに関する脱毛が不安なら「医療脱毛」がおすすめ


「脱毛したいけれど日焼けしてしまったらどうしよう」「日焼けしやすい肌質だから心配」と、感じている方もいらっしゃるでしょう。

日焼けに関する脱毛が不安な方には、脱毛サロンで行われる光脱毛よりも「医療脱毛」がおすすめです。

医療脱毛にはこれらのようなメリットがあります。

医療脱毛のメリット

医師による診察や薬の処方などのアフターケアがある
少ない回数で脱毛が完了するため、日焼けを気にする期間が少なく済む
医療脱毛クリニックでしか取り扱えない医療機器を使用しているため、安全性が高い
蓄熱式レーザー脱毛機であれば、日焼け肌でも脱毛可能

男性専用プライベートクリニック「メンズジェニー」では、蓄熱式レーザー脱毛機「ソプラノアイス・プラチナム」を導入しています。
ソプラノアイス・プラチナムは、低出力のレーザーを繰り返し照射する蓄熱脱毛方式を採用しているため、日焼け肌や色黒肌でも脱毛が可能です。

メンズジェニーでは医師による診察や薬の処方などアフターケアも充実しておりますので、安心して脱毛を続けていただけます。
脱毛を検討中の方は、ぜひ当院をご利用ください。

まとめ

脱毛中に日焼けしてはいけない理由と日焼けした場合の対処法について、詳しく解説いたしました。

日焼けの度合いによっては、脱毛施術を断られるケースもあります。
少ない回数で最大限の脱毛効果を得るためにも、脱毛中は日焼けしないように気を付けましょう。

日焼けが原因で脱毛を断られた経験のある方や「日焼けしてしまったけれど、脱毛したい」と感じている方におすすめなのが、蓄熱式レーザー脱毛機「ソプラノアイス・プラチナム」による脱毛です。
ソプラノアイス・プラチナムであれば日焼け肌でも施術が可能ですので、安全に脱毛を続けていただけます。

これから脱毛を始める方は、ぜひソプラノアイス・プラチナムを導入しているメンズジェニーをお選びください。
当院であれば、メンズに人気のヒゲ脱毛やVIO脱毛、全身脱毛など、あらゆる部位の脱毛が可能です。

料金や脱毛に関する質問などございましたら、まずはお気軽に無料のカウンセリングへお越しください。
カウンセリング予約は公式ホームページから受け付けております。