脱毛と肌荒れの関係性は?毛嚢炎やよくある質問について解決していきます

肌が荒れやすく敏感な方にとって気がかりなのは、脱毛と肌荒れの関係性でしょう。
脱毛を始めたくても「肌荒れが起こってしまったらどうしよう」と、悩んでいらっしゃいませんか?

このコラムでは、脱毛と肌荒れの関係性について詳しく解説していきます。
肌トラブルの一種でもある毛嚢炎の説明やよくある質問をご紹介していきますので、最後まで読んでいただければ、脱毛と肌荒れに関するさまざまな疑問を解決できます。

脱毛と肌荒れの関係性

脱毛にはどうしても肌荒れのリスクがあります。
一方で脱毛によって、肌荒れを減らすメリットも得られるのです。

脱毛方法には、脱毛サロンで行われる「光脱毛」と、医療クリニックで行われる「医療脱毛」の2つがあります。
どちらの方法も肌にフラッシュやレーザーを照射して、毛に含まれるメラニン色素に反応して脱毛する仕組みです。

肌にレーザーを照射するため肌荒れのリスクがある一方で、ムダ毛がなくなれば自己処理の頻度が減り、カミソリ負けなどの肌トラブルの発生が減少します。
毛量の多いワキやVIOを脱毛すればにおいや蒸れが解消され、肌の清潔感が保たれて肌荒れ改善につながるでしょう。

このように、脱毛には肌荒れの恐れがある一方で、肌荒れを回避できる可能性もあるのです。

脱毛後の肌荒れは「毛嚢炎」かも

脱毛後に肌荒れが起こったら、それは毛嚢炎かもしれません。

毛嚢炎とは、毛穴に細菌が入ったために引き起こされる炎症のことです。
見た目は白ニキビに似ており、できものの周りが赤く腫れあがるケースもあります。
痛みやかゆみはほとんどありませんが、放置すると炎症が悪化して熱を持つ可能性もあるでしょう。

ニキビと毛嚢炎の違い

ニキビと毛嚢炎はよく似ているため、症状の違いについて知る必要があります。

症状 ニキビ 毛嚢炎
原因 毛穴に皮脂が詰まって、アクネ菌が増殖して起こる 毛穴に細菌が入り込んで起こる
見た目 炎症の中心に白い芯がある 炎症の中心に白い芯がない
白ニキビに似ている
かゆみや痛み ある ない

ニキビと毛嚢炎は見た目がよく似ているものの、かゆみの有無や発生原因が異なります。

ニキビと毛嚢炎どちらなのか確認したい場合には、そっとできものに触れてみましょう。
炎症の中心に白い芯がなければ、毛嚢炎の可能性があります。
患部に触れる際には、炎症を悪化せないためにも清潔な手で触るようにしてください。

毛嚢炎の治療方法

毛嚢炎ができたら、極力触らずにそのまま放置しておきましょう。
肌の清潔感をキープし、保湿で肌のバリア機能を補えば自然と症状はおさまっていきます。
症状が悪化する可能性があるため、押したりつぶしたりするのはNGです。

どうしても治らない場合は皮膚科に行こう

どうしても治らない場合や炎症が悪化していくようなら、皮膚科を受診しましょう。
毛嚢炎かどうなのか診察してもらえるだけでなく、最適な処方をしてもらえます。

炎症が悪化すると、膿を持ったできものが複数発生するなど、肌荒れがひどくなってしまいます。
医療脱毛をしている場合には、通院中のクリニックで適切な処置と薬の処方を行ってもらえるので、早めに相談しましょう。

脱毛と肌荒れの関係性でよくある質問


この章では、脱毛と肌荒れの関係性でよくあるQ&Aをご紹介していきます。
これから脱毛を始める方や現在脱毛中の方は、ぜひチェックしてください。

肌荒れがあっても脱毛はできる?

肌荒れがあっても、脱毛は可能です。
肌にニキビやニキビ跡があったとしても、患部を避けてレーザー照射できるためです。

ただし炎症が広範囲に渡って発生している場合には、肌荒れがある部分全体の脱毛ができないケースもあります。

肌荒れが心配な方におすすめなのが、医療脱毛です。
医療脱毛は専門医が常駐しているクリニックで行われるため、より安全に脱毛が行われます。

新宿・渋谷・大宮に店舗がある男性専用プライベートクリニック「メンズジェニー」では、医師が在籍しております。
医師による診察やカウンセリングが行われるため、肌の状態をチェックしたうえで脱毛が可能です。
脱毛施術は医療資格を取得したスタッフが行うため、安心して脱毛を続けていただけるでしょう。

アトピーでも脱毛はできる?

アトピー性皮膚炎でも、光脱毛や医療レーザー脱毛は受けられます。
毛のメラニン色素に反応するレーザーを使って発毛組織にダメージを与えて脱毛を促すため、皮膚の表面近くへの刺激がそこまで大きくないためです。

しかしアトピー性皮膚炎の方は、肌のバリア機能が低下して肌荒れを起こしやすい状態のため、脱毛施術の際には注意が必要です。

脱毛でニキビ肌は改善するのは本当?

脱毛すればムダ毛がなくなり、毛穴が引き締まります。
皮脂の詰まりアクネ菌の増殖が抑制されて、ニキビができにくい肌へと変化していくでしょう。

しかし、ニキビのある部位やニキビ跡には脱毛機のレーザーを照射できません。
脱毛したからといってニキビやニキビ跡が治るわけではないため注意してください。

医療脱毛なら肌荒れに対するアフターケアもしてくれる!


医療脱毛なら、肌荒れに対するアフターケアも万全です。
脱毛後の肌トラブルが心配な方は、医療脱毛を始めてはいかがでしょうか。

医療脱毛は、医師が常駐するクリニックで行われます。
医療機関でしか取り扱えない脱毛機を使用して脱毛施術するため、安全性の高さが特徴です。

万が一肌トラブルが起こった際には、クリニックに在籍する医師がすぐに診察を行います。
薬の処方なども行われるため、自分自身で医療機関を受診する必要はありません。

脱毛前には医師による診察やカウンセリングが行われるため、敏感肌や肌荒れしやすい体質の方でも安心して脱毛を始められるでしょう。

メンズジェニーでは、医師が肌状態を判断したうえで安全な施術を行っております。
また肌のトラブルが起こった際には、薬の処方や治療をすみやかに行っております。
医師の対応や薬の処方代金は無料ですので、ご安心ください。

当院では、安全性の高い蓄熱式レーザー脱毛機「ソプラノアイス・プラチナム」を導入しております。
ソプラノアイス・プラチナムには冷却装置が搭載されており、皮膚表面を冷却しながら施術できるため、重ね打ちによる火傷などのリスクを最小限に抑えられるのです。

医療脱毛ならアフターケアやカウンセリングが充実しているため、肌荒れが心配な方でも安心かつ安全に脱毛を続けられるでしょう。
医療脱毛を始める際には、ぜひメンズジェニーをご利用ください。

まとめ

脱毛と肌荒れの関係性について、詳しく解説いたしました。
これから脱毛を始めるか迷っていらっしゃる方や脱毛による肌荒れを心配していらっしゃる方は、ニキビと間違えやすい毛嚢炎の症状やよくある質問と回答を参考になさってください。

脱毛には肌荒れのリスクがある一方で、肌荒れを回避するメリットもあります。
脱毛を始める際には信頼のおける店舗で、安全性の高い施術を受けましょう。

メンズジェニーでは医師が在籍しているため、万が一肌トラブルが起こった際にも安心していただけます。
診察や薬の処方などのアフターケアや事前のカウンセリングなど、充実したサポートをご希望の方は、ぜひ当院をご利用ください。

現在、脱毛がはじめての方におすすめの「期間限定キャンペーン」を開催しております。
メンズに人気のヒゲ脱毛の場合、顔3箇所(鼻下,アゴ,アゴ下)1回9,800円でお試し可能です。
そのほか顔脱毛だけでなく、VIO脱毛や全身脱毛も始めていただけます。

脱毛に関する疑問や要望がございましたら、まずは無料のカウンセリングへお越しください。
公式ホームページからご予約を受け付けております。