脱毛は痛い?痛みを感じやすい部位や抑えるポイントなどを徹底解説していきます

「脱毛=痛い」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
光脱毛のフラッシュや医療脱毛の強力なレーザーを肌に照射して脱毛するため、施術中には多くの人が刺激や痛みを感じます。

このコラムでは、「痛みをやわらげる方法を知りたい!」「とくに強い痛みを感じる部位ってあるの?」と思っていらっしゃる方に向けて、脱毛中の痛みについて詳しく解説いたします。

痛みを感じやすい部位や痛みを抑えるポイントについてお伝えしていきますので、ぜひ最後まで目を通してください。

脱毛は痛い?痛みの感じ方や原因とは

脱毛の痛みはゼロではありません。
そのため脱毛方法にもよりますが、多くの方が刺激や痛みを感じるでしょう。

この章では、痛みの感じ方や原因について解説していきます。

痛みの感じ方

痛みの感じ方は脱毛方法によって異なります。
違いについては、下記をご覧ください。

施術店舗 脱毛方法 痛みの感じ方
脱毛サロン 光脱毛 ほんのり温かみを感じる程度
医療脱毛クリニック 医療脱毛 ゴムで弾かれるような痛み
※単発式レーザー脱毛(IPL方式)の場合

ただし肌質や毛質、脱毛部位が違えば痛みの感じ方は異なります。
脱毛時にはそれなりに痛みを感じると思っておいたほうがよいでしょう。

痛みを感じる原因

脱毛中に感じる痛みには、下記のような原因があります。

痛みを感じる原因

肌質が敏感
色黒肌や日焼け肌
脱毛部位が毛深い

肌質が敏感だと、多少の刺激でも痛みを感じやすくなります。
敏感肌でない方よりも、痛みを感じる度合いが高くなるでしょう。

また色黒肌や日焼け肌、脱毛部位が毛深い場合により痛みを感じやすくなります。
脱毛に使用する機器は、毛に含まれるメラニン色素に反応して脱毛を促します。
色黒肌や日焼け肌の場合、肌のメラニン色素にまで脱毛機が反応するため、痛みを感じやすいのです。

そして脱毛部位が毛深い場合や毛が密集している場合にも脱毛機が強く反応するため、より強く痛みを感じるでしょう。

脱毛施術中に痛みを感じやすい部位


脱毛施術中には、痛みを感じやすい部位とそうでない部位があるものです。
この章では脱毛中の痛みが心配な方に向けて、痛みを感じやすい部位について理由とともにご紹介していきます。

脇(ワキ)

脇毛は密になって生えています。
そして腕や足と比較すると皮膚が薄いため、刺激を感じやすく「痛い!」と訴える方が多くいらっしゃいます。

そのほかにも衣類がこすれたり、毛穴の汚れによって黒ずみが発生していたりする場合には、脱毛機がメラニンに反応しやすくなるため、強く痛みやすいでしょう。

髭(ヒゲ)

多くのメンズが毎朝、定期的に髭剃りを行っているのではないでしょうか。

髭は濃く太いため、多くのメラニン色素を含んでいます。
鼻下などにはとくに髭が密集しているため、脱毛中に痛みを感じやすいでしょう。

VIO

VIO脱毛をする方は、男女ともに増加傾向にあります。

VIOには神経や血管が集中しており、毛が太く濃く、皮膚が薄いために痛みを感じやすいです。

下着による摩擦で黒ずみができている箇所はございますか?
もしあれば、脱毛機が反応しやすくなり強く痛むでしょう。

VIOの中でもIラインは粘膜に近い部位のため、多少の痛みにも敏感になりやすく、施術中の痛みを感じやすくなります。
痛みに弱い方がVIO脱毛する際には、痛みを抑えるための工夫を行うとよいでしょう。

脱毛施術中の痛みを抑えるポイント

「脱毛施術中の痛みを抑えたい」と、感じている方はたくさんいらっしゃるでしょう。
この章で痛みを抑えるポイントをご紹介していきますので、ぜひ参考になさってください。

脱毛の痛みを抑えるポイント①:自己処理方法

脱毛の痛みを抑えるためには、まず自己処理方法を見直しましょう。

脱毛の最中には、施術部位を前日にセルフ処理しておく必要があります。
VIOの場合、Oラインは店舗で行ってくれる場合がほとんどですが、VラインとIラインは自分自身で行わなくてはいけないため、注意しましょう。

たとえばVIOを事前処理する場合、自分では見えづらい部位のため鏡を活用しましょう。
手鏡ではなくスタンドタイプの鏡であれば、両手があくので安全に自己処理しやすくなります。

VIO の自己処理であると便利なツール

スタンドタイプの鏡
小さめのハサミ
小回りの利く電気シェーバー

ポイントは長い毛を切りそろえてから、小回りの利く電気シェーバーで剃っていくことです。
毛が長い状態で電気シェーバーを使うと、毛が絡まってしまう恐れがあるため注意してください。

自己処理に使用するツールですが、カミソリの使用はあまりおすすめできません。
カミソリの場合、皮膚の角質を取り過ぎてしまうほか、刃で肌を傷つける恐れがあるためです。
VIOの肌は非常にデリケートなため、肌負担の比較的少ない電気シェーバーを使いましょう。

脱毛の痛みを抑えるポイント②:肌への保湿

肌を保湿することで、痛みを軽減できる可能性があります。
肌の潤いが失われている状態が続くと、肌が乾燥しやすくなり、正常時よりも痛みに敏感になるためです。

脱毛中は、普段のケアよりも入念に保湿をしましょう。
ボディクリームだけでなく、化粧水や乳液などもあわせて使用してください。
これからクリーム類を買いそろえる場合には肌への刺激を抑えるために、低刺激性のスキンケア用品の使用をおすすめします。

脱毛の痛みを抑えるポイント③:照射レベル

脱毛中に痛みを感じたら、施術者に伝えて照射レベルを抑えてもらいましょう。

照射レベルが高ければ高いほど、痛みを感じやすくなります。
「脱毛効果を得るためだから」と我慢せずに、相談しましょう。

脱毛の痛みを抑えるポイント④:脱毛機

脱毛機によっては、痛みが少ないタイプもあります。

「医療脱毛をしたいけれど、痛みが心配だ」と感じていらっしゃる方におすすめしたいのが、蓄熱式レーザー脱毛機です。

蓄熱式レーザー脱毛機では、メラニン色素の量に左右されることなく脱毛できます。
皮膚の表面近くにあるバルジ領域をターゲットにして低出力のレーザーを広範囲に照射するため、脱毛中の痛みを最小限に抑えられるのです。

痛みの度合いは「温かみを感じる程度」といわれています。
感じ方には個人差がありますが、一般的な医療脱毛機よりも、痛みを感じにくいでしょう。

男性専用プライベートクリニック「メンズジェニー」では、最新の蓄熱式レーザー脱毛機「ソプラノアイス・プラチナム」を導入しております。
痛みを最小限に抑えて脱毛できるため、痛みに弱い方も安心して脱毛を続けられます。

脱毛を検討中の方は、ぜひメンズジェニーをご利用ください。

脱毛の痛みを抑えるポイント➄:麻酔の活用

施術時の痛みを抑えたい方は、麻酔の使用も検討しましょう。
麻酔を使えば脱毛中の痛みがやわらぎ、施術中でもリラックスできるでしょう。

クリニックで使われている2種類の麻酔をご紹介します。

笑気麻酔:ガスタイプの麻酔。お酒に酔ったような状態になり、痛みへの不安感や痛みそのものを感じにくくなる。
麻酔クリーム:脱毛部位に塗布して使用するタイプの麻酔。塗布してから30分程度経過してからでないと、効果が現れない。

麻酔を使用するためには事前予約が必要なため、事前のカウンセリングで担当者に伝えましょう。

メンズジェニーでは塗布麻酔の使用が可能ですので、痛みを感じやすい方や痛みが心配な方は麻酔のご利用を検討ください。

まとめ


脱毛中に感じる痛みについて、痛みを感じやすい部位や抑えるポイントなどを徹底解説いたしました。

個人差はありますが、多くの方が脱毛中に痛みや刺激を感じるものです。
痛みの度合いは温かみを感じる程度であったり、ゴムで弾かれるような痛みであったりとさまざまでしょう。

脱毛中の痛みを軽減したい方におすすめなのが、蓄熱式レーザー脱毛機「ソプラノアイス・プラチナム」です。
肌を冷却しながら低出力のレーザーを広範囲に行き渡らせて脱毛するため、痛みを最小限に抑えられます。

蓄熱式レーザー脱毛機「ソプラノアイス・プラチナム」による脱毛をご検討中の方は、ぜひメンズジェニーをご利用ください。
脱毛がはじめての方におすすめのトライアルプランを各種ご用意しております。

脱毛内容 料金(1回)
ヒゲ脱毛
※トライアル顔3箇所(鼻下,アゴ,アゴ下)
9,800円
ヒゲ脱毛
※トライアル顔6箇所(鼻下,アゴ,アゴ下,首,ひたい,ほほ・もみあげ)
16,800円
おしり+Oライン(肛門周辺) 9,800円
おしり+V・I・Oライン(肛門周辺) 19,800円
選べる全身パーツ
※お好きな部位1箇所につき(すね毛,腕毛,胸毛もも毛,ギャランドゥ,お腹の毛)
9,800円
全身脱毛(顔・VIO・うなじ・手/足甲指除く) 49,800円

期間限定キャンペーンのため、お早めの利用をおすすめします。

公式ホームページから無料カウンセリングの予約を受け付けておりますので、お気軽にお申し込みください。