痛くないヒゲ脱毛の方法を紹介!おすすめの脱毛方法や7つの対策を解説します

ヒゲ脱毛を始めたいけれど、痛みが強いのは嫌だな」と脱毛を迷っていらっしゃいませんか?

通常、ヒゲ脱毛時には痛みを伴いやすいものです。しかし脱毛方法や脱毛器の種類によっては、痛みを最小限に抑えられます。

このコラムでは、痛くないヒゲ脱毛の方法をご紹介します。おすすめの脱毛方法や痛みを抑えるための7つの対策についても解説いたしますので、ぜひ最後まで目を通してください。

痛くないヒゲ脱毛のおすすめ方法を解説!


ヒゲ脱毛にはいくつかの方法がございます。脱毛サロンで行われる光脱毛、クリニックで行われる医療脱毛ニードル脱毛があり、どの方法でもある程度の痛みは伴うものです。なかでも、ニードル脱毛は強烈な痛みを伴うため、あまりおすすめできません。

ここからは、現在の主流になっている光脱毛と医療脱毛について解説していきます。まずは比較表をご覧ください。

【比較表】

光脱毛 医療脱毛
痛みの度合い 痛みはほとんどない 痛みはあるが麻酔の併用が可能
永久脱毛 ×
痛みの感じ方 ほんのり温かみを感じる程度 ゴムで弾かれるような痛み

光脱毛

光脱毛とは、主に脱毛サロンで行われている脱毛方法です。脱毛部位に光を当て、発毛組織にダメージを与え脱毛を促します。

家庭用脱毛器でも光脱毛は可能ですが、サロンで使われている脱毛器よりも出力が抑えられているため、効果の出方は緩やかです。

医療脱毛と同様に、毛に含まれるメラニン色素に反応して脱毛するため、太く濃い毛により効果を発揮します。

医療脱毛

医療脱毛とは、クリニックで行われている脱毛方法です。脱毛部位に強力なレーザーを照射して、発毛組織を破壊して脱毛します。

医療脱毛は永久脱毛ができる唯一の方法です。光脱毛では抑毛・減毛効果しか得られないため、ムダ毛を完全になくしてしまいたい方には、医療脱毛をおすすめします。

通常、医療脱毛は痛みが強いとされていますが、蓄熱式医療レーザー脱毛器を使用すれば痛みはほとんどありません。蓄熱式医療レーザー脱毛器については、のちほど詳しく解説いたします。

【フロートリンク:⑦蓄熱式医療レーザー脱毛器を使用する】

脱毛する前に、ヒゲ脱毛の基本的なことを知ろう!


「ヒゲ」といっても、口まわりやもみあげ、あごなどさまざまな部位があります。脱毛を始める前に、ヒゲ脱毛に関する基本的な知識を身につけておきましょう。

「ヒゲ」にも部位がある

ヒゲにも、いくつかの部位があります。脱毛範囲によって痛みの感じ方が違うため、施術前にチェックしておきましょう。

鼻下

「鼻下のヒゲを脱毛してしまいたい!」と、思っていらっしゃる方もいるでしょう。

鼻下には多くのヒゲが密集しています。皮膚が薄く神経が刺激されやすいため、ヒゲの中で最も痛みを感じやすい部位です。しかし脱毛範囲が狭いため、施術時間は少なく済みます。

あご・あご下・首

あご・あご下・首に生えているヒゲは濃く太いことが特徴です。

一般的に光や医療レーザーはメラニン色素を多く含む毛により反応するため、あご・あご下・首の脱毛中には強い痛みを感じます。ただし、鼻下よりも痛みの度合いは低めです。

頬・もみあげ

頬やもみあげには、それほどヒゲが密集していません。そのため、鼻下やあご・あご下・首と比べると、痛みを感じにくい部位といわれています。しかし、骨が近いことから熱さを感じる恐れがあるため、注意してください。

ヒゲの脱毛が痛い2つの理由を解説!

ヒゲ脱毛と聞くと、痛みが強いイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。脱毛中に強い痛みを感じるのは、一体どうしてなのでしょうか。

この章では、ヒゲ脱毛が痛い理由を2つ解説いたします。

①メラニン色素が濃いから

ヒゲは濃くて太く、毛が密集しています。腕や足などに生えている体毛よりもメラニン色素が濃いため、痛みを感じやすいのです。

脱毛で使われる光や医療レーザーは、毛のメラニン色素に反応して発毛組織にダメージを与えます。そのため、メラニン色素を多く含むヒゲの脱毛時には、より強い痛みを伴うのです。

②顔の皮膚が薄いから

顔の皮膚は薄く、デリケートです。痛みやかゆみに敏感なため、脱毛時に痛みを感じやすいのです。さらに肌が乾燥していたり、日焼けしたりしている場合にはより痛みが強くなるため、注意しましょう。

痛みを抑えて脱毛する7つの方法

ヒゲ脱毛時の痛みを軽減したい方は、下記7つの方法をぜひ試してみてください。

①しっかり保湿をしておく

脱毛時の痛みを抑えるためには、肌をしっかり保湿しておきましょう。

乾燥している状態で脱毛すると、肌が痛みに敏感になります。さらに光や医療レーザーの熱が発毛組織にまで伝わりにくくなり、脱毛効果が低下する可能性があります。

脱毛の前後は敏感肌用の乳液などを使い、普段のケアよりも入念に肌を保湿しましょう。

②飲酒をしない

脱毛前後の飲酒はNGです。飲酒すると血行がよくなり、体温が上昇します。すると肌が乾燥しやすくなり、脱毛中により痛みを感じやすくなるのです。

痛みを軽減するためにも、脱毛前後は飲酒を控えてください。

➂日焼けに気をつける

脱毛前後は日焼けに気をつけましょう。メラニン色素の増えた日焼け肌に光や医療レーザーを照射すると、火傷の原因になります。

直射日光に当たらないほか、真夏のレジャーは避けて日焼け止めクリームを塗るなど、脱毛中はしっかりと紫外線対策をしましょう。

④毛抜きなどで自己処理をしない

毛抜きでの自己処理はNGです。毛抜きで無理やり毛を引き抜くと、毛穴から細菌が入りやすくなるほか、埋没毛などの肌トラブルを招く原因になりかねません。

脱毛の前日に自己処理する際には、肌負担の少ない電気シェーバーを使いましょう。

⑤特定の薬を服用しない

脱毛中は特定の薬を服用しないようにしましょう。光線過敏症を引き起こす可能性があるほか、湿疹や腫れなどの皮膚症状を招きかねません。

服用してはいけない薬

・抗ヒスタミン配合の薬剤
・抗うつ剤
・向精神薬
・抗生物質
・抗がん剤
・降圧剤など

上記以外でも、薬を服用している場合にはクリニックの医師やスタッフに相談してみましょう。

⑥麻酔を使用する

麻酔を使用すれば、脱毛中の痛みを軽減できます。脱毛サロンでは麻酔を取り扱っていませんが、専門医が駐在するクリニックでなら笑気麻酔など、麻酔の併用が可能です。

ただし、麻酔の使用には追加料金がかかります。料金はクリニックによって異なるため、料金表をチェックしてみてください。

⑦蓄熱式医療レーザー脱毛器を使用する


蓄熱式医療レーザー脱毛器を使用すれば、脱毛中の痛みを抑えられます。

通常、医療脱毛は痛みが強いとされています。しかし、蓄熱式医療レーザー脱毛器なら痛みの少ない永久脱毛の施術が可能です。

蓄熱式医療レーザー脱毛器は、バルジ領域をレーザーの熱で破壊して脱毛を促します。バルジ領域とは、毛乳頭や毛母細胞へ毛の生成を促す役割を持つ器官です。

蓄熱式医療レーザー脱毛器は通常、医療脱毛で使われている脱毛器よりも低出力のため、痛みを感じにくいのです。

蓄熱式医療レーザー脱毛器での脱毛を希望していらっしゃる方には、「ソプラノアイス・プラチナム」をおすすめします。ソプラノアイス・プラチナムは、アレキサンドライト・ダイオード・ヤグの3波長をブレンドしており、照射する痛みを軽減した脱毛器です。

痛みの度合いは「温かみを感じる程度」のため、痛みの強さを心配する必要はありません。濃く太い毛だけでなく産毛や色素の薄い茶髪、日焼け肌にも効果があるため、あらゆる毛質・肌質に対応しています。

ヒゲ脱毛時の痛みを抑えたい方は、蓄熱式レーザー脱毛器「ソプラノアイス・プラチナム」で脱毛を始めてはいかがでしょうか。

まとめ

ヒゲ脱毛時の痛みを軽減する方法や、おすすめの脱毛方法をご紹介しました。

皮膚が薄く毛が密集しているヒゲの脱毛時には、通常強い痛みを伴います。「脱毛中の痛みを軽減したい」と感じていらっしゃる方は、男性専用プライベートクリニック「メンズジェニー」をぜひご利用ください。

メンズジェニーでは、痛みの少ない蓄熱式レーザー脱毛器「ソプラノアイス・プラチナム」を採用しております。ソプラノアイス・プラチナムでなら、温かみを感じる程度の痛みでヒゲ脱毛が可能です。

公式ホームページからは無料のカウンセリング予約を受け付けております。コースや料金のご案内をいたしますので、脱毛がはじめての方でも、お気軽にお申し込みください。