【メンズ】ニードル脱毛はおすすめの脱毛?リスクやメリットを徹底解説します

ニードル脱毛を検討している方はいらっしゃいますか?
現在、脱毛の主流は医療脱毛と光脱毛のため、ニードル脱毛を行っている医療機関は数少なくなりました。

ニードル脱毛では永久脱毛ができるので、肌はツルツルになりますが、施術中には強烈な痛みを伴います。
痛みに弱い方は麻酔を併用するなど、痛みに対する対策をした方がよいでしょう。

このコラムでは、ニードル脱毛について詳しくお伝えしていきます。
そのほかにニードル脱毛を始めるリスクやメリットも徹底解説いたしますので、ぜひ参考になさってください。

ニードル脱毛とは


ニードル脱毛とは、針を毛穴に刺して電流を流し、発毛組織を破壊する脱毛方法のことです。
針脱毛」とも呼ばれており、医療行為にあたるため、クリニックでしか施術できません。

毛母細胞や毛乳頭を破壊するため、脱毛が完了すればムダ毛は生えてこなくなります。

ニードル脱毛の仕組み

ニードル脱毛は、毛穴1本ずつに針を刺し、電流を流して脱毛する仕組みです。

医療脱毛や光脱毛とは異なり、毛根に直接働きかけるため、毛や肌に含まれるメラニン色素の量に左右されません。
色黒肌の人や金髪などあらゆる毛質・肌質の方でも効果を得られる脱毛方法です。

ニードル脱毛の脱毛範囲

ニードル脱毛では光線による失明の恐れがないため、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛では施術が難しかった眉毛や眉間の毛も処理できます。
毛穴1本ずつに針を刺していくため広範囲の脱毛には向いていませんが、背中、VIOなどあらゆる部位の脱毛が可能です。

施術範囲はクリニックによって異なるため、事前に確認しておきましょう。

ニードル脱毛のメリットを解説!

この章では、ニードル脱毛のメリットを解説いたします。
これからニードル脱毛を始める予定の方はぜひチェックしてください。

メリット①:その場で効果を実感できる

ニードル脱毛では、その場で1本ずつ毛が抜け落ちていきます。
効果をすぐに実感できる点が大きな利点です。
一方で、現在主流のレーザー脱毛やフラッシュ脱毛の場合は、毛が抜け落ちるまでに時間がかかります。

ニードル脱毛は「脱毛効果をすぐに得たい」と思っている方にとって、ぴったりの方法でしょう。

メリット②:永久脱毛が行える

ニードル脱毛は永久脱毛が行えます。
完全にムダ毛を処理したい方におすすめの方法です。

脱毛が完了すれば、ムダ毛はほとんど生えてこなくなります。
自己処理もほとんど不要になるでしょう。

メリット➂:肌質・髪色に制限がない

ニードル脱毛では肌質・髪色に制限がありません。
レーザー脱毛やフラッシュ脱毛のようにメラニン色素の量に脱毛効果が左右されないため、日焼け肌や色素の薄い茶髪でも脱毛できます。

そのほかに、眉間や眉毛などの眼球に近い部位も施術可能です。
ただし、クリニックによっては施術できない場合もあるため、事前に確認してみてください。

メリット④:VIOの白髪も脱毛できる

ニードル脱毛なら、メラニン色素を含まないVIOの白髪も脱毛できます。
白髪を脱毛したい」と、思っている方にニードル脱毛はおすすめです。

メリット:⑤硬毛化した毛も脱毛できる

ニードル脱毛では、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛で硬毛化してしまった毛も脱毛できる可能性があります。

硬毛化とは、脱毛の施術後に毛が濃く太くなってしまう現象のことです。
硬毛化の仕組みはまだ明確になっていませんが、光やレーザーが十分に反応しなかった結果、発毛組織が活性化して起こるとされています。

レーザー脱毛なら毛根に直接ダメージを与えて脱毛できるため、硬毛化した毛も脱毛できるのです。

ニードル脱毛の注意点とは?

ニードル脱毛にはメリットがある一方で、デメリットもあります。
この章では、ニードル脱毛の注意点をお伝えしていきます。

注意点①:激しい痛みを感じる

ニードル脱毛の最大の注意点は、激しい痛みを感じる点です。
毛穴1本ずつに針を刺して電流を流すため、施術中は強烈な痛みを伴います。
麻酔クリームの併用も可能ですが、別途料金が必要になるため、注意してください。

痛みに不慣れな方は、光脱毛や医療脱毛がおすすめです。
その中でも、これから脱毛を始める方には、医療脱毛をおすすめします。

医療脱毛がおすすめの理由については、後ほど詳しく解説いたします。

注意点②:脱毛にかかる期間が長い

ニードル脱毛ではムダ毛を1本ずつ処理していくため、脱毛完了までに時間がかかります。
眉毛などの局所的な脱毛には向いていますが、背中や腕など広範囲の脱毛には適していないでしょう。

注意点③:高額な料金がかかる

高額な料金がかかる点もデメリットの1つです。
ニードル脱毛では部位ごとではなく、毛量や施術時間によって価格が設定されています。
そのため料金は高額になりやすいのです。

脱毛費用のほかに針代や血液検査代などの諸費用もかかるため、予算は高く見積もっておきましょう。

注意点④:肌トラブルに見舞われることがある

毛穴に針を刺して電流を流すと、周辺の皮膚は高周波の熱でダメージを負ってしまいます。
場合によっては火傷や内出血などの肌トラブルに見舞われることがあるため、肌が弱い方は注意しましょう。

ニードル脱毛がおすすめの人

この章では、ニードル脱毛がおすすめの人について解説いたします。

「自分に合っている脱毛方法なのか知りたい」という方は、下記の項目に当てはまるか確認してみてください。

一部分だけ脱毛したい人

ニードル脱毛ではムダ毛を1本ずつ処理していくため、局所的な脱毛に向いています。
眉毛や眉間など一部分だけ脱毛したい人にぴったりの脱毛方法でしょう。

痛みに強い人

ニードル脱毛では毛穴に針を刺して脱毛します。
そのため施術中には強烈な痛みを伴います。
痛みに強い人でないと、途中で挫折してしまうかもしれません。

痛みが苦手なら針脱毛よりも医療脱毛がおすすめ!


永久脱毛したいけれど、痛みが苦手……」という方には、針脱毛よりも医療脱毛がおすすめです。

医療脱毛も、施術中にはゴムで弾かれるような痛みを伴います。
しかし針脱毛よりも1度に広範囲を脱毛できるため、施術にかかる時間は大幅に短縮され、体への負担を軽減できるのです。
また使用する脱毛器の種類によっては痛みを最小限に抑えられます。

痛みを抑えながら永久脱毛したい方は、医療脱毛を始めてみましょう。

蓄熱式医療レーザー脱毛器で痛みの少ない永久脱毛を

少ない痛みで永久脱毛を始めたいと考えていらっしゃる方には、蓄熱式医療レーザー脱毛器をおすすめします。

通常、医療脱毛は痛みが強いとされています。
しかし、蓄熱式医療レーザー脱毛器なら痛みの少ない施術が可能です。

蓄熱式医療レーザー脱毛器では、低出力のレーザーを使用しています。
毛にじんわり熱を与えて、毛根にあるバルジ領域をターゲットにして脱毛します。

そのため強力なレーザーを照射する従来の脱毛器よりも、施術中の痛みを最小限に抑えられるようになりました。

蓄熱式医療レーザー脱毛器での脱毛を希望していらっしゃる方には、「ソプラノアイス・プラチナム」を導入しているクリニックでの施術がおすすめです。

ソプラノアイス・プラチナムなら、3つの異なるレーザーの波長を同時に照射できます。
同時照射によって異なる深さの毛でも効果を実感していただけます。
従来の脱毛器では難しかった産毛や細い毛でも、脱毛が可能になりました。

これから脱毛を始める方は、蓄熱式レーザー脱毛器「ソプラノアイス・プラチナム」が導入されているクリニックをお選びください。

まとめ

ニードル脱毛について、リスクやメリットを徹底解説いたしました。

ニードル脱毛では、毛穴1本ずつに絶縁針を入れて、電流を流して脱毛します。
施術中には激しい痛みを伴うため、痛みに弱い方は向いていない脱毛方法です。

少ない痛みで永久脱毛を始めたい方には、蓄熱式レーザー脱毛器「ソプラノアイス・プラチナム」での脱毛をおすすめします。

男性専用プライベートクリニック「メンズジェニー」では、蓄熱式レーザー脱毛器「ソプラノアイス・プラチナム」を導入しております。
最新の脱毛器で痛みの少ない脱毛を始めてはいかがでしょうか。

脱毛がはじめての方はトライアルプランをご利用ください。
通常よりも安い料金で脱毛を体験していただけます。

まずはカウンセリングへお越しください。
公式ホームページから予約を受け付けております。
カウンセリングは無料ですので、安心してご来院ください。