ヤグレーザーは痛みが強い?仕組みからおすすめの人まで解説します

ヤグレーザーは、医療脱毛で使用されるレーザーの一種です。
代表的なアレキサンドライトレーザーや最新のダイオードレーザーと比較して、「ヤグレーザーを選ぶメリットは?」「ヤグレーザーは本当に脱毛効果を得られるの?」と、疑問に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はヤグレーザーの仕組みやおもなメリットについて解説します。
ヤグレーザーがおすすめの人や、気になる痛みなども紹介していきますので、お悩みの方はぜひ参考にしてください。

ヤグレーザーとは?

医療脱毛で使用されているレーザーには、ヤグレーザー・アレキサンドライトレーザー・ダイオードレーザーの3種類があります。
ヤグレーザーは、3つの医療レーザーのなかでもとくに波長が長く、深い皮下組織にまでレーザーをあてられることが特徴です。
波長の違いや脱毛効果を下記の表にまとめましたので、チェックしていきましょう。

ヤグレーザー アレキサンドライトレーザー ダイオードレーザー
波長 1064nm 755nm 810nm
脱毛効果 とても高い とても高い 高い
産毛対応 適している 適していない 適している
美肌効果 あり あり なし
日焼け 可能 不可 可能
痛み 強い 普通~強い 弱い

ヤグレーザーでは、アレキサンドライトレーザーでは難しかった日焼け肌でも脱毛できるほか、産毛の脱毛効果も得られます。
ただし、施術中の痛みは強めのため、敏感肌の方は注意しましょう。

アレキサンドライトレーザーは、痛みの度合いは強いものの、ヤグレーザーよりは弱いことが特徴です。
メラニン色素を多く含む、剛毛の脱毛に向いています。

ダイオードレーザーは、波長の長さが2つのレーザーの中間くらいにあたるレーザーです。
そのためバランスのとれた医療レーザーとして知られており、産毛や日焼け肌などにも対応できます。

ヤグレーザーの仕組み

脱毛部位にレーザーを照射し、発毛組織を破壊して脱毛します。
脱毛の仕組みはほかのレーザーとそれほど変わりませんが、波長の長いレーザーが肌の奥にまで届くことが、ヤグレーザーの大きな特徴です。

ヤグレーザーの効果

波長の長いレーザーを肌の奥にまで届けられるヤグレーザーは、毛根が深い位置にあるガンコなムダ毛にも効果があります。
産毛から剛毛までさまざまな毛質に対応可能であり、高い脱毛効果が期待できます。

ヤグレーザー照射後の経過

ヤグレーザー脱毛を検討していらっしゃる方のなかには、レーザー照射後の経過が気になっていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
経過について下記の表にまとめましたので、施術を受ける前にチェックしておきましょう。

施術回数 経過
1~2回 変化は感じられない
3~5回 毛が薄くなりはじめる
6~10回 毛が生えなくなり、自己処理がほとんど不要になる

1~2回程度では脱毛効果を感じられないことがほとんどで、3回目以降で毛が薄くなることを実感できるようになるでしょう。
6回目以降になると毛が生えなくなり、自己処理もほとんど必要なくなります。
ただし経過には個人差があるため、あくまでも目安として頭に入れおくようにしましょう。

ヤグレーザーのメリットを解説!

脱毛を検討していらっしゃる方にとって気になるのは、ヤグレーザーのメリットではないでしょうか。
ここからは、ヤグレーザー脱毛のメリットについて解説していきます。

メリット①:細い毛から太い毛まで脱毛効果あり

ヤグレーザーは細い産毛から剛毛にまで脱毛効果があります。
ヤグレーザーがとくに得意な部位は、下記のとおりです。

・顔

濃く太いヒゲの生えている顔はヤグレーザーにぴったりです。
とくに毛根が深い部分にあるヒゲでは、優れた脱毛効果を得られるでしょう。
また、ヤグレーザーには美肌効果があるため、シミの除去なども期待できます。

・ワキ

ワキのような毛が密集している部位にもヤグレーザーは向いています。
ただし、レーザー照射の際には強い痛みを感じることもあるでしょう。

・VIO

デリケートゾーンも濃く太い毛が生えやすい部位です。
ヤグレーザーは、皮膚の薄いVIOの脱毛も可能です。

メリット②:美肌効果があり、シミの除去にも期待大


ヤグレーザーには、肌のたるみを改善するなどの美肌効果が期待できます。
また肌のメラニン色素にレーザーが反応し、熱で破壊するため、シミの除去も可能です。

メリット➂:硬毛化のリスクが低い

ヤグレーザーは硬毛化のリスクが低いことで知られています。
硬毛化とは、脱毛後まれに毛が太くなってしまう現象のことです。
ヤグレーザーは皮膚の深部にまでレーザーが届き、毛根が深い毛でも脱毛できるため、硬毛化のリスクを最小限に抑えられるのです。

ヤグレーザーの注意点を確認しておこう!

ヤグレーザーにはメリットがある一方で、デメリットもあります。
ここでは脱毛時に注意したい点を紹介していきますので、しっかりと押さえておきましょう。

注意点①:医療レーザー脱毛のなかではもっとも痛みが強い

3つの医療レーザー脱毛のなかでもヤグレーザーはとくに痛みの程度が強く、ストレスを感じていらっしゃる方も少なくありません。
毛根が深い毛にもレーザーが届くため、その分痛みも強くなります。

痛みが苦手な方には、蓄熱式医療レーザー脱毛機「ソプラノアイス・プラチナム」がおすすめです。
ソプラノアイス・プラチナムは、アレキサンドライト・ダイオード・ヤグの3波長をブレンドしているため、さまざまな肌質・毛質に対応できます。
脱毛方法に悩んでいらっしゃる方は、ソプラノアイス・プラチナムを導入しているクリニックを探してみてください。

注意点②:施術後に赤みが出る可能性もある

ヤグレーザーに限ったことではありませんが、施術後に赤みが出る可能性があります。
ヤグレーザーは冷却ジェルを塗らないため、肌が炎症を起こすことがあるのです。
多くの場合、数時間で改善しますが、翌日になっても赤みが引いていない場合にはクリニックに連絡しましょう。

注意点➂:ヤグレーザーを扱うクリニックがまだ少ない

医療クリニックで多く使用されているのは、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーです。
ヤグレーザーを扱っているクリニックは少なく、立地などの影響で、施術を受けることができないケースも多くあります。
もちろんヤグレーザーを導入している店舗もありますので、希望していらっしゃる方は使用している脱毛機をチェックしてみましょう。

ヤグレーザーはこんな人におすすめ

ここからは、「自分に合った脱毛方法を知りたい」と考えていらっしゃる方に向けて、ヤグレーザーがどのような方におすすめなのかを解説していきます。

①細い毛・太い毛の両方を脱毛したい人

ヤグレーザーは産毛や剛毛に適しているため、細い毛と太い毛の両方を脱毛したい方におすすめの脱毛方法といえます。
ヤグレーザーなら、効率よく肌をツルツルにできます。

②脱毛と一緒に美肌効果も得たい人

脱毛しながら美肌効果を得たいと考えていらっしゃる方にも、ヤグレーザーはおすすめです。
シミ除去やたるみ改善に効果が期待できるため、ムダ毛の処理をしながら皮膚の悩みも解決できるようになるでしょう。

➂色黒肌や日焼け肌の人

ヤグレーザーはダイオードレーザーよりも波長が長いことから、肌の色素沈着している部位に影響されにくく、やけどのリスクを軽減できます。
ほかの脱毛方法では断られていた色黒肌の方や日焼け肌の方でも、ヤグレーザーなら施術ができるかもしれません。

「メンズジェニー」でもヤグレーザーを使用


男性専用プライベートクリニック「メンズジェニー」では、アレキサンドライト・ダイオード・ヤグの3波長をブレンドして照射する、痛みを軽減した蓄熱式医療レーザー脱毛機「ソプラノアイス・プラチナム」を導入しております。
ブレンドしたことによって、痛みを最小限に抑えるだけでなく、さまざまな肌質や毛質に対応できるようになりました。
ヤグレーザーに興味をお持ちであれば、「メンズジェニー」を利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はヤグレーザー脱毛の仕組みやおもなメリット、注意すべきポイントやおすすめの人について解説しました。
ヤグレーザーを導入しているクリニックはまだ少ないものの、ヤグレーザー脱毛には多くのメリットがあり、利用していらっしゃる方も増えてきています。
自分の肌質や毛質をチェックして、ヤグレーザー脱毛を試してみてはいかがでしょうか。

「メンズジェニー」では、期間限定のトライアルキャンペーンを実施しており、多くの方にご利用いただいております。
また、無料カウンセリングの予約も随時受け付けておりますので、脱毛に関する質問などがあればお気軽にご連絡ください。