アレキサンドライトレーザー脱毛を解説!気になる仕組みや効果を確認しよう

アレキサンドライトレーザー脱毛は日本で最初に導入された脱毛機として知られており、多くの医療脱毛クリニックで採用されています。
しかし、ほかにもさまざまな脱毛方法があり、どれにすればいいのか迷っていらっしゃる方も少なくありません。

今回は脱毛を検討していらっしゃる方に向けて、アレキサンドライトレーザー脱毛の仕組みや効果を解説します。
メリットや注意点も紹介していきますので、お悩みの方はぜひ参考にしてください。

アレキサンドライトレーザーとは?

アレキサンドライトレーザーとは、医療脱毛で使用されるレーザーの一種です。
医療レーザーには3種類あり、脱毛機には熱破壊式蓄熱式があります。
それぞれで脱毛の仕組みが異なるため、効果のあらわれ方も変わります。

医療脱毛で使用されている3種類のレーザーである、アレキサンドライトレーザーダイオードレーザーYAGレーザーについて比較表を用意しましたので、チェックしていきましょう。

アレキサンドライトレーザー ダイオードレーザー YAGレーザー
痛み 普通~強い 弱い 強い
剛毛への効果 かなり優れている 普通 かなり優れている
産毛への効果 低い 優れている 普通~優れている
硬毛化のリスク 高い 普通 低い
やけどのリスク 高い 普通 低い
褐色肌 不可 可能 可能
シミや肌質改善効果 優れている 低い 低い
アレキサンドライトレーザー
アレキサンドライトレーザーは剛毛への脱毛効果が高いため、ヒゲなどの太い毛を脱毛したい方に向いています。
ただし、メラニン色素が薄い産毛への効果は低めです。
また、シミや肌質改善効果が得られるため、脱毛しながら美肌ケアできます。
ダイオードレーザー
ダイオードレーザーは産毛への効果が高いことで知られています。
背中や顔の産毛を処理したい方に向いているといえるでしょう。
3つのレーザーのなかでは比較的痛みが少なく、肌への刺激も低めです。
YAGレーザー
YAGレーザーは剛毛の脱毛効果が高く、産毛の脱毛も可能です。
硬毛化ややけどのリスクもほとんどありません。
ただし、施術中に感じる痛みは3つのレーザーのなかでは強めで、麻酔を併用する方もいらっしゃいます。

アレキサンドライトレーザーの仕組み

脱毛部位にレーザーを照射し、熱で発毛組織を破壊して脱毛します。
アレキサンドライトレーザーは、毛に含まれる黒いメラニン色素に反応して脱毛をするため、毛が密集した部位ではより強い痛みを感じやすいでしょう。

アレキサンドライトレーザーの効果


アレキサンドライトレーザーは、剛毛の脱毛に効果があります。
メラニン色素に反応するため、太く濃い毛に高い脱毛効果を発揮します。
一方、メラニン色素をあまり含まない産毛には脱毛効果が得られません。

アレキサンドライトレーザー照射後の経過・副作用について

アレキサンドライトレーザー脱毛には副作用のようなデメリットはないの?」「照射後の経過はどんな感じなんだろう?」と、不安を感じている方もいらっしゃるでしょう。
ここからは、アレキサンドライトレーザー脱毛の経過と副作用について解説していきます。
まずは経過について見ていきましょう。

1.照射後、保冷剤や水で濡らしたタオルで数分冷やします
脱毛後の肌は熱を帯びているため、保冷剤などで冷却します。

2.赤みが出る場合もある
赤みは施術後、数時間~数日ほど続くことがあります。
赤みを抑えるために、ステロイドの軟膏を塗るクリニックもあります。

3. 10日から2週間程度で毛がポロっと抜ける
脱毛効果があらわれるのは、10日後からです。
毛がポロポロ抜けていくため、効果を実感できるでしょう。

次に、副作用について見ていきましょう。

赤み

照射直後に肌が赤くなることがあります。
ステロイドの軟膏を塗るほか、冷却して症状を和らげます。

じんましん

赤いポツポツが肌にあらわれます。
毛が密集している部分や、濃く太い毛を脱毛した際に起こりやすい症状です。

毛嚢炎

脱毛から数日後にあらわれる、ニキビに似た炎症です。
かゆみが強いときには、クリニックに相談してみましょう。

やけど

レーザーの熱によって、やけどを負う可能性があります。
赤みや痛みがあらわれたら、やけどのサインです。

硬毛化

脱毛後の毛が硬く太くなる現象で、おもに背中や首などで見られます。

肝斑の悪化

肝斑とはシミの一種です。
レーザー脱毛後、まれに肝斑が濃くなることがあります。

アレキサンドライトレーザーのメリットを解説!

アレキサンドライトレーザーは多くのクリニックで採用されているレーザーです。
たくさんのメリットがありますので、それぞれ見ていきましょう。

メリット①:美肌効果があり、顔などのシミにも効果が高い

アレキサンドライトレーザーは毛だけでなく顔のメラニン色素にも反応し、熱で破壊するため、シミの改善効果が期待できます。
実際に、美容皮膚科や形成外科などでもシミ取りに使われていることがあります。

メリット②:湿疹の改善作用がある

レーザーの照射によってかゆみが抑えられ、湿疹の改善が見込めることがあります。
ただし状況によっては脱毛ができないケースもあるため、施術前のカウンセリングで相談しましょう。

メリット➂:ニキビの改善につながる

アレキサンドライトレーザー脱毛によって、ニキビが改善することがあります。
また、レーザー照射により肌のターンオーバーが早まり、ニキビ跡を薄くする効果も期待できます。

アレキサンドライトレーザーの注意点とは

アレキサンドライトレーザーには多くのメリットがある一方で、注意点もあります。
脱毛をはじめてから後悔しないためにも、事前にチェックしておきましょう。

注意点①:痛みが強い

アレキサンドライトレーザー脱毛は、施術中に強い痛みを感じることがあります。
毛の黒いメラニン色素に反応して脱毛するため、毛が密集している部位や肌が薄いVIOの施術中に、強い痛みを感じやすいでしょう。

注意点②:硬毛化のリスクがある

まれに、脱毛後の毛が硬くなることがあります。
全員に起こるものではありませんが、硬毛化のリスクも考えておきましょう。

注意点➂:照射できない部位や体質がある

アレキサンドライトレーザー脱毛では、照射できない部位や体質があります。
照射の難しい部位や体質は以下のようになります。

褐色肌の方

レーザーが肌のメラニン色素にまで反応し、やけどを負う可能性があるため、日焼け肌などの褐色肌には照射できません。

皮膚疾患がある方

アトピー肌やケロイド体質の方の場合、疾患を悪化させる可能性があるため、施術できないケースがあります。

薬を服用中の方

薬の種類にもよりますが、体調不良を引き起こすことがあります。
施術前のカウンセリングやかかりつけ医に相談のうえ、脱毛をはじめましょう。

多毛症の方

多毛症とは、ホルモンや薬の影響によって毛が増える症状のことです。
強い痛みを感じやすくなるなどの理由から、脱毛を断られるケースがあります。

妊娠中の方

妊娠中の方は、アレキサンドライトレーザー脱毛だけでなく、ほかの脱毛方法でも施術を断られることが多いです。
レーザー事態が胎児に影響を与える可能性は少ないものの、脱毛時の姿勢によって、母体に負担がかかってしまうようになります。

上記のように、アレキサンドライトレーザー脱毛では照射の難しい部位や体質がありますが、以下のように波長をブレンドすることで、問題を解消できる可能性があります。

・3波長(アレキサンドライトレーザー×ダイオードレーザー×YAGレーザー)
・2波長(アレキサンドライトレーザー×YAGレーザー)

たとえば3波長であれば、ダイオードレーザーで施術可能な褐色肌への照射も可能になります。
1回に2つ以上の波長を取り扱えるため、利点や欠点を補足できるのです。

注意点④:産毛やVIOには脱毛効果が低い

アレキサンドライトレーザーは色素の薄い毛には効果が薄いため、産毛やVIOには適していません。
産毛やVIOの脱毛を希望していらっしゃる方には、複数の波長をブレンドしている脱毛機をおすすめします。
クリニックによって使用している脱毛機は異なりますので、あらかじめチェックしておきましょう。

「メンズジェニー」でもアレキサンドライトレーザーを使用


男性専用プライベートクリニック「メンズジェニー」では、アレキサンドライト・ダイオード・YAGの3波長をブレンドした蓄熱式医療レーザー脱毛機「ソプラノアイス・プラチナム」を導入しています。
3波長をブレンドしたことにより、従来の脱毛機では施術が難しかった異なる太さの毛や肌質にも対応可能です。
脱毛について悩んでいらっしゃる方は、「メンズジェニー」を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はアレキサンドライトレーザー脱毛の仕組みや効果を解説しました。
アレキサンドライトレーザーは多くのクリニックで採用されている、医療レーザーの一種です。
剛毛に効果がある一方で、メラニン色素が薄い産毛にはあまり効果が期待できません。
自分の毛質や肌質を確認し、アレキサンドライトレーザー脱毛を試してみてはいかがでしょうか。

「メンズジェニー」は脱毛をお考えの方に向けて、期間限定のトライアルキャンペーンを実施しております。
リーズナブルな料金プランを用意しており、手軽に脱毛をお試しいただけます。
公式ホームページからは無料カウンセリングの予約を受け付けておりますので、ご用命の際はお気軽にお問い合わせください。