脇の毛穴のブツブツはなくせる?原因や処理方法のおすすめなどを徹底解説します

脇にできたブツブツに悩まされている方は少なくありません。

誤った方法でわき毛処理したり、毛穴に汚れが溜まったりすることでブツブツができます。脇にブツブツがあることで見た目が悪くなるだけでなく、清潔感を損なう原因にもなってしまうでしょう。

この記事では、ブツブツができる原因や正しいわき毛の処理方法を解説いたします。脇の毛穴のブツブツが気になる方は、ぜひ最後まで目を通してください。

脇の毛穴がブツブツなってしまう原因とは


脇の毛穴にブツブツができてしまう原因は、ブツブツの色によって異なります。

まずはブツブツの色をチェックしましょう。

白色のブツブツ 皮脂が溜まっている
黒色のブツブツ 溜まった皮脂が酸化している/埋没毛
赤色のブツブツ 細菌が侵入してニキビなどの炎症を起こしている

通常、皮脂の色は白い色です。ブツブツが白っぽい場合は、皮脂が溜まっている証拠です。一方でブツブツが黒い場合は、皮脂が酸化している可能性があります。毛穴に皮脂が詰まったままになると、酸化して黒っぽく見えるためです。皮膚の下に毛が埋まってしまう、埋没毛である可能性もあります。

ブツブツが赤色の場合、炎症を起こしている状態です。毛穴に細菌が侵入したことにより、ニキビや毛嚢炎ができています。いずれも、誤ったケア方法をしたことで引き起こされた症状です。自己処理の際には、肌へ負担をかけないよう注意しましょう。

肌トラブルが起きている可能性

誤った自己処理方法によって、肌トラブルが起こる可能性があります。脇のブツブツは、埋没毛による毛嚢炎が原因かもしれません。

毛嚢炎になる原因としては、以下のとおりです。

・清潔ではない道具で自己処理をした
・毛抜きを使った
・保湿などのアフターケアを怠った
・衣類の摩擦によって肌トラブルを招いた

以上の原因が挙げられます。

自己処理に使う道具は、常に清潔な状態をキープしましょう。たとえばカミソリです。浴室で使用することも多く、刃にサビやカビがつきやすいため、定期的に刃を交換して清潔な状態を保つ必要があります。

わき毛の処理に毛抜きはNGです。毛穴を押し広げて無理やり毛を引き抜くため、毛穴や肌を傷つけるためです。傷ついた毛穴から細菌が侵入し炎症を引き起こすことがあるので、毛抜きの使用は控えましょう。

ムダ毛を処理したあとは、クリームや乳液を使って保湿します。自己処理後の肌は毛穴が開いたままの状態です。保湿や冷却することで毛穴が引き締まり、肌のバリア機能が補われるため、肌トラブルを招きにくくなるでしょう。

また衣類が摩擦して刺激となり、肌にメラニン色素を発生させることがあります。色素沈着して肌が黒ずむ原因になるため、タイトな衣類や素材にも注意が必要です。

角栓に汚れが溜まっている可能性

続いては、角栓に汚れや皮脂が溜まっている可能性です。

・制汗剤の微小な成分が毛穴に詰まった
・毛穴に詰まった皮脂が酸化した

以上の原因が挙げられます。

夏場に活躍する制汗剤やデオドラントスプレーの成分が毛穴に詰まり、ブツブツを引き起こすことがあります。また、制汗スプレーの重金属成分が肌への刺激になり、炎症を起こすことがあるので注意しましょう。

毛穴に詰まった皮脂は通常白色ですが、放置し続けることで酸化して黒く見えます。黒のブツブツができた場合、埋没毛か角栓に汚れが溜まっていることが原因でしょう。

赤い場合はニキビの可能性

ブツブツが赤い場合は、ニキビの可能性があります。

毛穴から細菌が侵入し、炎症を起こしている状態です。赤いブツブツができた場合は、悪化を防ぐためにも患部を清潔に保ち、薬を用いて治療する必要があります。市販薬で改善しない場合には、皮膚科の受診をおすすめします。

脇の毛穴が気にならなくなる方法

以下のポイントを守ることで、脇の毛穴を目立たなくできます。脇の毛穴が気になっている方は、ぜひ試してください。

自己処理で使用するものを清潔に保つ

自己処理に使う道具をどこで保管しているのかは、道具を清潔に保つために大切なことです。

カミソリを例に出してみましょう。カミソリを浴室に置いたままにしておく方は多く、カミソリを湿度の高い場所に放置しておくと、カビやサビの原因になります。不衛生な道具でムダ毛を処理すると毛穴が炎症を起こす可能性があるので、注意しましょう。

お風呂場に置きっぱなしにするのではなく、乾燥した場所に保管することをおすすめします。

アフターケアを怠らない

自己処理後の肌は、カミソリで角質を取り過ぎていたり、肌のバリア機能が失われていたりと敏感な状態のため、かならずアフターケアを行いましょう。ヒゲ剃り後には保湿を念入りに行っているという方でも、脇のアフターケアは忘れがちです。 

アフターケアに使用するクリームや化粧水は、たっぷりつけましょう。肌が弱い方は、敏感肌用やアルコール・香料が使われていない低刺激商品をおすすめします。

脇を清潔に保つ

脇は汗腺が多く、汗が分泌されやすい場所です。汗をかきやすい夏場は、清潔なタオルを使用してこまめに拭き取りましょう。

脇を清潔な状態に保つことで、炎症や毛穴のブツブツを防げます。

過度に洗うなど摩擦を与えないようにする

脇を清潔な状態に保ちたいからと過度に洗ったり、タオルで強くこすったりすることはNGです。摩擦が起きることで、肌が黒ずむ原因になるためです。

肌へ刺激を与えないよう、石けんを泡立てて優しく洗いましょう。

生活リズムを整える

一見、関係のないように感じられる生活リズムですが、脇の毛穴にも影響を及ぼします。肌をきれいに保つためには、肌が正常にターンオーバーすることが重要です。ストレスや食生活が偏ることで生活リズムが乱れると、ターンオーバーが行われなくなり、結果として毛穴を目立たせることにつながります。

睡眠不足の方や食生活が乱れている方は、規則正しい生活を心掛けましょう。

どうしても気になるなら「脱毛」がおすすめ!


脇を頻繁にセルフ処理しても、ムダ毛はふたたび生えてきてしまいます。また、自己処理するたびに肌へ大きな負担がかかり、毛穴が開いたり、黒ずんだりする原因につながります。

脇の毛穴が気になっている方は、脱毛がおすすめです。脱毛することでムダ毛を処理する必要がほとんどなくなるため、脇のブツブツを防げます。わき毛がなくなることで脇を清潔に保ちやすくなり、肌トラブルも減少するでしょう。肌トラブルが減少することで、必然的に脇のブツブツに悩まされることもなくなります。

脱毛には2種類あることをご存知でしょうか。メンズエステや脱毛サロンで行われる光脱毛と、クリニックで行われる医療脱毛です。「脇の毛穴を改善したい」と感じている方には、永久脱毛ができる医療脱毛をおすすめします。

永久脱毛は医療行為にあたるため、医療従事者しか行えません。アフターケアもしっかりしており、万が一肌トラブルが起こっても適切な処置が施されます。敏感肌の方や肌が弱い方でも、安心して脱毛できるでしょう。

男性専用プライベートクリニック「メンズジェニー」では、医師が患者の肌状態を確認したうえで施術を行います。肌トラブルが起こってしまった場合にも、薬の処方や治療をすぐに行えるため、アフターケアの体制は万全です。お薬処方代金はいただいておりませんので、安心してご利用いただけます。

脇の毛穴を改善したいと感じている方は、ぜひメンズジェニーをご利用ください。

まとめ

脇の毛穴のブツブツについて、原因や処理方法を解説いたしました。自己処理を続けていると、肌の黒ずみや毛穴の開きを助長します。毛穴のブツブツをなくしたいと感じている方は、医療脱毛をしてはいかがでしょうか。

メンズジェニーでは、全身脱毛コースやお得なまるごとプランなど、はじめて脱毛する方でも安心してご利用いただけるお得な料金メニューをご用意しております。

公式ホームページからは、無料のカウンセリング予約を受け付けております。お気軽にお問い合わせください。