剛毛な太ももの毛とおさらばする方法とは?処理方法や特徴などを徹底解説していきます

太ももに生えた、太くて濃いムダ毛に悩んでいらっしゃる方は多くいらっしゃいます。男性ホルモンの影響で太ももの毛は縮れていたり、剛毛であったりすることが多く、コンプレックスになっている方も少なくありません。

「太くてしっかりとした太ももの毛を処理したい」と考えていらっしゃる方に向けて、この記事では処理方法のほか、太ももの毛の特徴などを解説していきます。太ももの毛が気になっている、自己処理の仕方を知りたいという方は、ぜひ記事を参考になさってください。

男性が気になる太ももの毛の特徴とは


太ももの毛には、いくつかの特徴があります。セルフで処理する前に毛の特徴を知って、効率よくムダ毛を処理しましょう。

毛質:濃く縮れた毛が多い

男性の太ももに生えたムダ毛は、男性ホルモンの影響で濃く縮れていることが特徴です。なかには渦を巻いたような毛質の場合もあり、人前で足を見せることに引け目を感じている方も少なくありません。

生える範囲:裏側まで生えている場合がある

太ももの表側だけでなく、裏側まで生えている場合があります。表側と比べると、薄くまばらなことが特徴です。

体毛が濃い男性の場合は、太ももの毛がお尻やVラインからつながって生えている場合もあります。その場合にはお尻やVラインも合わせて処理することで、きれいに仕上がるでしょう。

太ももの毛を処理する方法【ツルツルにしたい】

「太ももの毛をツルツルにしたい」と感じている方に向けて、処理方法を3つご紹介します。メリットや注意点もあわせて解説いたしますので、参考になさってください。

カミソリ

カミソリは安価なため、もっともメジャーな自己処理方法として知られています。

ただし刃を肌に直接当ててムダ毛を処理するため、剃り方によっては肌に大きな負担をかけることがあります。カミソリ負けを起こしてしまうと、ブツブツとした吹き出物ができたり、埋没毛ができたりすることもあるので注意しましょう。処理後は保湿クリームなどを使用して、アフターケアを行ってください。

メリット

・安価で購入できる
・肌をツルツルにできる

注意点

・肌が弱い場合、カミソリ負けを起こす可能性がある

除毛クリーム

除毛クリームには、ムダ毛の主成分であるタンパク質を溶かす働きのある成分が含まれています。ムダ毛の気になる部位に直接塗布することで、手軽にムダ毛を処理できます。規定時間放置してからクリームを洗い流したり、拭き取ったりして使用しましょう。

はじめて除毛クリームを使用する際には、かならずパッチテストを行います。取扱説明書をよく読み、正しい方法で行いましょう。「肌がかゆい」と感じたら、すぐに使用を中止してください。

メリット

・比較的、安価で購入できる
・表面の毛を溶かすため、肌がチクチクしない

注意点

・肌に直接塗布するため、肌が荒れる場合がある

脱毛

脱毛サロンやクリニックで脱毛することも、方法のひとつです。プロが施術するため、皮膚トラブルを起こす可能性は低いでしょう。また、永久脱毛をすることでムダ毛がほとんど生えてこなくなるため、自己処理の必要はほぼなくなります。

脱毛時には、ひざ下を残してひざ上にあるムダ毛をすべて処理する方が多くいらっしゃいます。

ただし1回の脱毛では肌をツルツルにできないため、複数回通う必要がある点に注意してください。費用も高額になるケースが多いので、料金表をかならずチェックしましょう。

メリット

・プロが施術するため、肌トラブルが起きにくい
・永久脱毛の場合、ほとんどムダ毛が生えてこなくなる

注意点

・費用が高額になるケースがある
・サロン通い、または通院しなくてはいけない

太ももの毛を処理する方法【減毛・目立たなくしたい】


続いては、太ももの毛を減毛したい、目立たなくしたい場合におすすめの方法を紹介します。「ツルツルにすることは抵抗があるけれど、毛量を減らしたい」と感じている方は、ぜひ参考になさってください。

すきカミソリ

すきカミソリは、毛の量を減らして、ナチュラルな状態に仕上げられます。太くて濃い毛に悩んでいる方におすすめの方法です。

カミソリと異なり、刃を肌に直接当てないため、肌トラブルを起こすこともありません。肌が弱い方でも安心して使用できます。ただし、カミソリのように毛をなくすことはできません。

メリット

・肌に刃を当てないため、肌トラブルが起きにくい
・毛量を減らすことができる

注意点

・毛をなくすことはできない

脱色クリーム

脱色クリームは、肌に塗布することで、ムダ毛の色を薄くする働きがあります。ムダ毛を処理してしまうことに抵抗がある方や、毛を目立たなくさせたい方におすすめの方法です。

はじめて脱色クリームを使用する際には、パッチテストを行ってください。正しい方法と手順で行い、肌に合うのかチェックしましょう。

メリット

・毛を目立たなくさせる
・ナチュラルな仕上がりになる

注意点

・毛をなくすことはできない
・肌に直接塗布するため、肌が荒れる場合がある

【おすすめ】脱毛で剛毛な太ももの毛とおさらばしよう!

さまざまな処理方法をご紹介しましたが、剛毛な太ももの毛に悩んでいる方には、脱毛がおすすめです。この章では以下について解説を行っていきます。ぜひ、参考にしてください。

・脱毛がおすすめの理由
・脱毛の種類

脱毛がおすすめの理由

カミソリやすきカミソリ、除毛クリームなど、さまざまな自己処理方法をご紹介しましたが、いずれもムダ毛をなくすことはできません。ふたたびムダ毛が生えてきてしまうため、半永久的に処理に追われるでしょう。

その点、脱毛は「処理がほとんど必要なくなる」というメリットがあります。

また脱毛には、下記の利点もあります。

・肌トラブルが少なくなる
・仕上がりがきれい

プロが施術を行うため、自己処理する場合と比較して、肌トラブルは少なくなります。太ももの裏側などは目視しにくい部位でもあります。脱毛ならばムラなくきれいな仕上がりになるため、見た目の美しさはアップするでしょう。

脱毛の種類

脱毛には、大きくわけて2種類あります。クリニックで行われる医療脱毛と、美容サロンやメンズエステで行われる光脱毛です。

【比較表】

医療脱毛 光脱毛
施術できる店舗 クリニック 美容サロン・メンズエステ
ツルツルになるまでの回数/期間 8回以上/約1年半~2年 10回以上/約2年
痛みの度合い ゴムで弾かれるような痛み ほんのり温かみを感じる程度
永久脱毛の有無 ×

光脱毛は、脱毛したい場所に光を照射し、熱で毛根を弱らせて脱毛する仕組みです。痛みの度合いは「ほんのり温かみを感じる程度」のため、痛みに弱い方でも脱毛可能です。毛量や毛の太さ、濃さにもよりますが、ムダ毛が気にならなくなるまで2年ほどかかります。

一方、医療脱毛は強力なレーザーを照射することで、毛を作る組織を破壊し脱毛します。専門医が駐在するクリニックで行われるため、永久脱毛が可能です。

施術中には「ゴムで弾かれるような痛み」を感じるため、痛みに弱い方の中には麻酔を使用する方もいらっしゃいます。ただし、少ない痛みで脱毛ができる蓄熱式レーザー脱毛器であれば、「温かみを感じる程度」の痛みで施術可能です。

光脱毛は痛みの少ない脱毛方法ですが、永久脱毛ができません。そのため「肌をツルツルにしたい」と感じている方には、永久脱毛ができる医療脱毛をおすすめします。

男性専用プライベートクリニック「メンズジェニー」では、痛みの少ない蓄熱式レーザー脱毛器「ソプラノアイス・プラチナム」を採用しております。「剛毛な太ももの毛を脱毛したい」と感じている方は、ソプラノアイス・プラチナムのすぐれた効果をぜひ体感してください。

まとめ

太ももに生えた太く濃いムダ毛について、処理方法や特徴をご紹介しました。男性ホルモンの関係で、太ももの毛は剛毛だったり、縮れていたりします。コンプレックスを感じている方もいらっしゃるでしょう。

永久脱毛ができる医療脱毛であれば、太ももの毛をきれいに脱毛できます。また毛量の調整も可能なため、「ツルツルにするのではなく、量を減らしたい」といった希望にもお応えできます。

新宿・渋谷・大宮に店舗を構えるメンズジェニーでは、痛みの少ない蓄熱式レーザー脱毛器「ソプラノアイス・プラチナム」を取り入れております。痛みに弱い方や敏感肌の方でも、安心して脱毛いただけます。

はじめて脱毛する方でも安心してご利用いただけるよう、料金プランには期間限定のトライアルキャンペーンを設けております。1回に限りお得な料金で脱毛をしていただけますので、ぜひお試しください。

太もものムダ毛を脱毛して、コンプレックスを克服しましょう。「太ももの毛を処理したい」と感じている方は、ぜひ脱毛を始めてみてください。