脱毛が恥ずかしい!施術中の恰好や体勢、VIOの匂いなど不安を解消していきます

デリケートゾーンの脱毛をしてみたいと思ってはいるものの、恥ずかしさから一歩踏み出せない方は多いのではないでしょうか。また脱毛時に「どのような恰好で脱毛するのか」「どのような体勢を取るのか」気になっている方もいらっしゃるはずです。

この記事では、VIO脱毛時の恰好や体勢、VIOの匂いなどの不安要素を解消していきます。「VIO脱毛に興味がある」「VIO脱毛をしてみたい」と感じている方は、ぜひ最後まで目を通してください。

脱毛が恥ずかしい!そう感じる理由とは


VIO脱毛が恥ずかしいと感じる理由には、下記のような不安要素が挙げられるでしょう。

・赤の他人に裸を見せるのが恥ずかしい
・施術中の体勢が気になる
・VIO脱毛における匂いが気になる

VIO脱毛時には、デリケートゾーンをあらわにしなくてはいけません。施術者とはいえ、赤の他人に裸を見せることに対して、抵抗がない方はほとんどいらっしゃらないでしょう。

次の項目では、それぞれの不安要素について、深掘りしていきます。

赤の他人に裸を見せるのが恥ずかしい

赤の他人に裸を見せることに対して、抵抗感を覚える方もいらっしゃるでしょう。また毛が濃い場合などにも、「体毛が濃いと思われたらどうしよう」などと感じて、他人に裸を見られることが恥ずかしくなるものです。

そのような場合には、施術中にどのような体勢、恰好で脱毛を受けるのかについて知れば、恥ずかしさがやわらぐ可能性があります。また脱毛回数を重ねるごとに慣れていき、恥ずかしさは軽減していくでしょう。

施術中の体勢が気になる

はじめてVIO脱毛をする場合、施術中の体勢が気になるものです。「四つん這いになるのかな」「真っ裸の状態にならなくてはいけないのかな」と、不安になっている方もいらっしゃるでしょう。

結論をいうと、施術中に四つん這いになったり、真っ裸の状態になったりすることは、ほとんどありません。

クリニックや脱毛サロンの多くは、脱毛を受ける患者の気持ちに寄り沿い、迅速に施術します。仮に恥ずかしさを感じても、長時間続くことはないため安心してください。

VIO脱毛における匂いが気になる

デリケートゾーンの匂いに悩んでいらっしゃる方は多くみえます。特にVIOラインの毛が濃くて多い場合、汗で蒸れて独特な匂いが発生しやすいものです。

施術者は体のさまざまな部分の脱毛をして慣れているため、意識する必要はありません。施術中にはマスクをしているので、匂いに関して悩む必要はないでしょう。

脱毛について知れば、恥ずかしさは消える

VIO脱毛時の体制や恰好、匂いなどが気になって一歩足を踏み出せない方は、脱毛について知りましょう。詳しく知ることで、不安要素を解決できるはずです。

施術をしてくれる人:同性のプロが行う

VIOゾーンの施術を担当するのは同性です。日々、仕事として何人もの施術を行ってきたプロのため、恰好や体勢などを気にする必要はありません。匂いについても、マスクをしているのでそこまでわからないものです。

男性の場合、「女性の施術者だったらどうしよう」と、どう思われるのか不安になっている方もいらっしゃるでしょう。同性のプロが担当するため、安心してください。

施術中の恰好:施術箇所以外はタオルをかける

施術中は、真っ裸で待機ということはありません。施術箇所以外はタオルをかけるため、常に裸を見られる心配は不要です。

また脱毛部位によって、うつ伏せから仰向けになることがありますが、施術者はタオルを両手で持って顔の前に広げるので、全裸を見られることはありません。担当者は、脱毛を受ける患者の気持ちに寄り沿って施術を行います。安心して身を任せてよいでしょう。

施術中の体勢:主にうつ伏せや仰向けで行う

VIO脱毛時の姿勢について、不安に思っている方もいらっしゃるでしょう。

・Vライン施術時の体勢

仰向けの体勢で施術します。無理な開脚をする必要もありません。

・Iライン施術時の体勢

仰向けの体勢で施術します。片方の足を開いて、脱毛をします。

・Oライン施術時の体勢

うつ伏せ、もしくは横向きの体勢で施術します。四つん這いになることはありません。

クリニックや脱毛サロン、脱毛箇所により多少異なりますが、体勢は以上のとおりです。施術中の体勢を知ることで、多少なりとも不安がやわらいだのではないでしょうか。

脱毛の恥ずかしさを少しでも軽減する方法


多くの場合、数回脱毛することで恰好や体勢にも慣れてくるものですが、できれば初回から少しでも恥ずかしさを軽減したいものです。次の項目では脱毛前にできる、恥ずかしさを軽減する方法についてご紹介していきます。

カウンセリング時に不安を解消する

施術前には、担当者とのカウンセリングが行われます。その際に疑問点などを相談できるので、不安に思っていることを相談してみてください。

相手はVIO脱毛を日々行っているプロのため、患者の気持ちに寄り沿った回答をくれるでしょう。

完全個室の施術ルームがあるところを選ぶ

クリニックや脱毛サロンによっては、一部個室の店舗があります。完全個室が準備されているクリニックやサロンを選ぶことで、他人の目を気にせず施術できるでしょう。

クリニックや脱毛サロン選びの際に、かならずチェックしたい項目です。

施術スタッフとコミュニケーションを取る

施術スタッフも脱毛経験者のため、コミュニケーションを取ることで「恥ずかしい」という気持ちを理解してもらえるでしょう。できる限りの配慮をしてもらえるよう、スタッフにお願いしてみるのも一つの方法です。

また、施術スタッフとコミュニケーションを取ることで、気持ちもやわらぐでしょう。恥ずかしさを抑えるために効果的なので、ぜひ試してみてください。

脱毛をするなら「医療脱毛」がおすすめ!

脱毛には、光脱毛医療脱毛の2種類があります。脱毛をするのなら、永久脱毛ができる医療脱毛をおすすめします。

光脱毛 医療脱毛
施術できる店舗 美容サロン・メンズエステ クリニック
仕組み 熱で毛根を弱らせて、脱毛する レーザーで毛を作る細胞を壊して、脱毛する
効果を感じられるまでの回数/期間 8~10回/約1年半 5~6回/約1年
痛みの度合い ほんのり温かみを感じる程度 ゴムで弾かれるような痛み
永久脱毛の有無 ×

脱毛サロンやメンズエステで行われる光脱毛は、熱で毛根を弱らせることで脱毛する仕組みです。施術時の痛みは「ほんのり温かみを感じる程度」のため、痛みに弱い方でも無理なく脱毛が続けられるでしょう。

ただし専門医が駐在するクリニックではないため、医療行為にあたる永久脱毛ができません。照射する光のパワーも医療脱毛に比べて弱いため、効果を感じられるまでに時間もかかるでしょう。

一方、医療脱毛の場合、光脱毛と比べて少ない回数で脱毛効果を実感できます。永久脱毛ができるので、ムダ毛の脱毛が終わったらほとんど毛が生えてこなくなり、自己処理の必要もなくなるでしょう。

施術中に感じる痛みがネックですが、痛みの少ない蓄熱式レーザー脱毛器を取り入れているクリニックを選択することで、痛みを最小限に抑えられます。

男性専用プライベートクリニック「メンズジェニー」では、痛みの少ない蓄熱式レーザー脱毛器「ソプラノアイス・プラチナム」を採用しています。痛みに耐えながら施術する必要がなくなるため、VIO脱毛時にも恥ずかしい思いをせずに済むでしょう。

VIOなどのデリケートゾーンは肌の皮膚が薄く、腕や足などに比べて痛みを感じやすい傾向があります。そのため苦痛をやわらげるためにも、痛みの少ない蓄熱式レーザー脱毛器での脱毛をおすすめします。

まとめ

「VIO脱毛をしてみたいけれど、施術中に恥ずかしい思いをしそうで不安だ」と、感じている方に向けて、施術中の恰好や姿勢、気になる匂いについて解説いたしました。

はじめてVIO脱毛を受ける際には、多くの方が不安に思うでしょう。しかし、施術を行う担当者は、日々多くの患者を担当しているプロです。患者の気持ちに寄り沿って脱毛が行われるため、不安に感じる必要はありません。どうしても不安がぬぐえない場合には、施術時の体勢や恰好などについて知り、不安をやわらげましょう。

VIOの脱毛には、痛みの少ない蓄熱式レーザー脱毛器「ソプラノアイス・プラチナム」を採用しているメンズジェニーがおすすめです。料金メニューにお得なトライアルプランを設けておりますので「脱毛を体験してみたい」と、感じている方もぜひご利用ください。

施術やカウンセリングは、プライバシーに配慮した完全個室にて行います。他人の目を気にせず、安心して脱毛に臨んでいただけるでしょう。公式ホームページからは無料のカウンセリング予約を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

VIO脱毛をして、清潔感をアップさせましょう。恥ずかしさから一歩踏み出せない方も、記事を参考にして脱毛を始めてみてください。