体毛が濃いのをどうにかしたい!薄くする方法や原因を徹底解説します

体毛の濃さに悩んでいる男性は多くいらっしゃると思います。
どうしたら薄くできるのかと、体毛を薄くする方法を探している方も多いのではないでしょうか。

今回は、体毛が濃くなってしまう原因から薄くする方法まで、まとめて詳しく解説します。

体毛が濃くなってしまう5つの原因

まずは、体毛が濃くなってしまう原因をみていきましょう。

①ホルモンバランスの乱れ

体毛が濃くなる大きな原因のひとつは、ホルモンバランスの乱れです。
ホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンより男性ホルモンが多くなってしまうと体毛が濃くなります。

食生活の乱れや過度なストレスは体調不良をまねくだけでなく、体毛が濃くなる原因にもなるので、整った食生活を意識していきましょう。

②ムダ毛の処理方法

ムダ毛の処理方法が誤っているせいで、体毛が濃くなってしまうこともあるので注意が必要です。
これは、セルフケアで行っている人に多くいらっしゃいます。

ムダ毛処理をセルフで行う場合は、処理後にしっかりと保湿をするところまでをワンセットとしてください。
処理後は肌に負担がかかり、乾燥している状態ですので、いつもより入念に保湿をすることで肌トラブルのリスクも軽減されます。

③遺伝

体毛の濃さは、遺伝という先天性の可能性もございます。
遺伝は変えることができませんが、そのほかの方法で体毛を薄く改善していきましょう。

④外部による刺激

洋服の摩擦など、外部からの刺激から肌を守るために体毛が濃くなっている可能性も考えられます。
体毛は肌を保護するためのものですので、外部からの刺激が強いと皮膚の防衛機能が働き、体毛が濃くなってしまう原因となります。

⑤生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは、ホルモンバランスが乱れる原因ともなるため、体毛の濃さに大きく関係しています。
睡眠・食事を整えることはもちろん、適度な運動やたばこを控えるなど、できるところから改善していきましょう。

体毛を薄くする方法とは

つづいては、体毛を薄くする可能性がある方法を5つご紹介します。

①黄金タイムに睡眠時間を確保する

睡眠の黄金タイムとは、22時~2時の6時間を指します。
この6時間に睡眠時間を確保すると同時に、寝具の改善や寝る直前はスマホを見ないなどを心がけ、質のいい睡眠をとるようにしましょう。

②正しい方法でムダ毛処理を行う

結論から申し上げますと、自己処理はどうしても肌への負担が大きくなってしまうため、脱毛することが最もおすすめです。

セルフケアの場合は、なるべく肌に刺激を与えないよう行うことが大切です。

好ましくない体毛の処理方法は、毛抜きやカミソリです。
毛抜きは皮膚や毛穴への負担が大きく、カミソリは処理を重ねるごとに体毛が太くなったと感じる方もいらっしゃいます。
実際に体毛が太くなったわけではなく、処理後の毛の断面が円状になり、毛先の見える面積が広くなるため、体毛が太くなってしまったと勘違いしてしまうのです。

③優しくなでるように体を洗う

ゴシゴシと肌をこすり洗いするのも、体毛を薄くするためにはお控えください。
肌に負担がかかり、傷つけてしまう原因となります。
泡をたて、優しくなでるよう体を洗うことを心がけましょう。

④たばこを吸わない

たばこを吸うと、女性ホルモンが減少してしまいます。
女性ホルモンが減り男性ホルモンが多くなると、体毛が濃くなる原因となってしまいます。
体毛を薄くしたいと思っている方は、なるべくお控えください。

⑤摂取する食べ物に注目してみる

女性ホルモンと同じ働きをする食材を積極的に摂取しましょう。
女性ホルモンが減り男性ホルモンが多くなると、体毛が濃くなる原因にもなるため、女性ホルモンの摂取はとても重要なポイントです。

おすすめの食材

・納豆や豆乳などの大豆製品
・アボカド
・ナッツ
・魚
・バナナ
・ほうれん草
・マンゴー

体毛を薄く・完全になくしたいなら「脱毛」がおすすめ」!

脱毛には光脱毛と医療脱毛という2種類の方法がございます。

【医療脱毛と光脱毛比較表】

医療脱毛 光脱毛
永久脱毛 可能 不可能
痛み 温かみを感じる程度~ゴムで弾かれるような痛み ほんのり温かみを感じる程度
脱毛の仕組み レーザー脱毛
(レーザーを照射し毛の生える細胞を壊す)
光脱毛(フラッシュ脱毛)
(色素に作用する特殊な光を照射し、毛根にダメージを与える)
金額 光脱毛に比べ高額 比較的安価
施術場所 医療機関 エステサロンや脱毛サロン
医師 在籍 不在
トラブル対応 ・医師による薬の処方など迅速な対応が可能
・常に医師が在籍しているためアフターケアも充実
・医師不在のため迅速な対応や薬の処方は不可能
・肌トラブルのアフターケアについては別途通院する必要がある
施術期間 6ヶ月〜 2年〜
おすすめの方 ・永久脱毛希望
・確実に効果を得たい
・効果を早く実感したい
・安価で脱毛を行いたい
・痛みを抑えたい

比較して見ると、同じ脱毛でも特徴が大きく異なることがわかります。
どちらもメリット・デメリットが存在しますが、医師が在籍し万が一のトラブルにも対応できるうえ、確実な効果を得ることができる医療脱毛がおすすめです。

光脱毛

光脱毛では永久脱毛ができません。
そのため、脱毛というよりは減毛目的の利用となるでしょう。
ですが、パワーが弱い分、脱毛時に感じる痛みはほんのり温かみを感じる程度で脱毛を行うことができます。

医療脱毛

永久脱毛をしたい方は、医療脱毛一択です。
気になる体毛を完全になくすことができます。

メンズジェニーでは体毛をツルツルにすることはもちろん、一部の毛だけ残したり、薄くしたりという施術も可能です。
「全身ツルツルになるのはちょっと…」という方も、まずはお気軽にご相談ください。

また、医療脱毛はパワーが強い分痛みが強いとされていますが、メンズジェニーでは痛みを軽減するためにさまざまなサービスをご用意しております。
パワーはそのままで痛みを抑えた施術が可能な蓄熱式レーザー脱毛[SHR方式]を取り入れているため、温かみを感じる程度で脱毛を行えます。
さらに、医師が在籍する医療脱毛だからこそ麻酔の使用も可能です。
現在メンズジェニーではトライアルプランもご用意していますので、痛みが心配という方も無料カウンセリングでご相談いただければと思います。

コース名 回数 価格
【期間限定キャンペーン】
トライアル顔3箇所
(鼻下,アゴ,アゴ下)
1回 9,800円
【期間限定キャンペーン】
トライアル顔6箇所
(鼻下,アゴ,アゴ下,首
,ひたい,ほほ・もみあげ)
1回 16,800円

コース名 回数 価格
【期間限定キャンペーン】
おしり+Oライン(肛門周辺)
1回 9,800円
【期間限定キャンペーン】
おしり+V・I・Oライン(肛門周辺)
1回 19,800円

コース名 回数 価格
【期間限定キャンペーン】
お好きな部位1箇所につき
(すね毛,腕毛,胸毛
もも毛,ギャランドゥ,お腹の毛)
1回 9,800円

コース名 回数 価格
【期間限定キャンペーン】
全身脱毛(顔・VIO除く)
1回 49,800円

まとめ

体毛を薄くする方法としては、睡眠時間などの生活習慣の改善はもちろん、女性ホルモンを減らさないための工夫が必要です。
体毛のセルフケア方法によっては、体毛が濃くなってしまう可能性もあるため、体毛を薄くしたい・ツルツルにしたいという方は脱毛も検討してみましょう。

メンズジェニーでは体毛をツルツルにすることはもちろん、一部だけ残す、薄くしたいなどというご要望も承ることができます。
体毛を薄くしたいという悩みをお持ちの方は、お気軽にメンズジェニーの無料カウンセリングにお越しください。