より男らしさがアップする髭の整え方を完全攻略!おすすめの形や道具など徹底解説します

は、男性の第一印象を左右する大きなポイントです。
きれいに整えられた髭は、好印象を与えますが、伸び切って手入れのされていない髭は印象を悪くしてしまいかねないので注意が必要です。

しかし、髭の整え方や必要な道具、自分に似合う形がわからないという男性もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回のコラムでは、髭の整え方や形までまとめて解説します。

髭を整えるメリット

髭を整えることで、さまざまなメリットが得られることをご存じでしょうか。

>髭を整えるメリット

・より男らしさを演出できる
・髭を剃るより手間がかからない
・デザイン次第で雰囲気を変えることができる

まずは、上記の髭を整えることで得られるメリットについて解説します。

より男らしさを演出できる

髭をおしゃれにプラスできるというのは、男性の特権といっても過言ではありません。
そのため、髭を整えることで、より男らしさを演出できます。

髭を剃るより手間がかからない

髭を伸ばして整えることは、毎朝髭をツルツルに剃るよりも手間がかかりません。

髭を“剃ること”と“整えること”の違い

・髭を剃ること…全剃りもしくは気になる箇所をツルツルにすること
・髭を整えること…髭を生やした状態のまま、伸びてボサボサにならないよう形を整えること

また、全剃りすることにより青髭になってしまう人もいらっしゃいますが、髭を伸ばすと青髭の悩みからは解消されるでしょう。

デザイン次第で雰囲気を変えることができる

髭を整える形は、ひとつではありません。
デザインによって雰囲気もガラッと変わるため、なりたい自分を演出できます。

髭のデザインの種類と与える印象

・口髭…大人っぽく、貫禄あるデザイン
・アゴ髭…初心者でもチャレンジしやすい比較的誰にでも似合うデザイン
・頬髭…男らしく、たくましいデザイン

髭のデザインと似合うタイプについては、この後【つぎに整えたい髭の形を決めよう】で詳しく解説します。

まずは必要な道具を確認しよう


髭を整えるメリットを知っていただけたところで、ここからは髭の整え方を詳しくご紹介します。
まずは、髭を整えるのに必要な道具を確認していきましょう。

髭を整えるのに必要な道具

・電気シェーバー
・ハサミとコーム
・初心者ならヒゲトリマーがおすすめ

上記の髭を整えるのに必要な道具について、詳しく解説します。

電気シェーバー

髭を整えることは、カミソリでも問題ありません。
しかし、カミソリは刃が直接あたるため、肌を傷つけてしまう可能性が高まります。
そのため、カミソリよりも電気シェーバーの使用を推薦いたします。
カミソリを使う場合は、必ずシェービングフォームを使い、肌を傷つけないように注意して整えてください。

ハサミとコーム

ハサミとコームは、髭の長さを整える際に必要です。
通常のハサミでなく、髭などのお手入れ専用のもので、小さめのものを使いましょう。
現在は、ハサミとコームが一体化したものも販売されていますので、ご自身が使いやすいものを選んでください。

初心者ならヒゲトリマーがおすすめ

髭を整えるのがはじめての人は、ヒゲトリマーからスタートしてみましょう。
ヒゲトリマーとは、簡単にいうと髭のバリカンのようなものです。

髭の形はもちろん、長さを自由に調整できるものも販売されているため、ひとつあると便利です。
価格は2,000円~10,000円前後と幅広く、展開されています。
アタッチメントの種類や充電の可否で金額は変わるので、使用場所や頻度、目的によって最適なものを選んでください。

つぎに整えたい髭の形を決めよう

髭を整えるのに必要な道具を確認したら、つぎは髭のデザインを決めましょう。
せっかくある程度生やした髭なので、後悔しないよう慎重にデザインは決めてください。
この後は、顔の形のタイプからわかるおすすめのデザインをご紹介します。

面長なら「口髭」と「顎髭」が似合う傾向

面長の人は顔が縦に長いため、頬髭を生やしてしまうとサイドが強調され、より面長に見えてしまう可能性があります。
そのため、顔の形が面長の人は、口髭や顎髭が似合う傾向にあります。

丸顔なら「頬髭」が似合う傾向

丸顔の人は、丸みを帯びた輪郭のため、頬髭を生やしサイドを強調することで、すらりとした印象を与えられます。
しかし、顎髭と頬髭を両方生やし、つなげてしまうと丸顔が強調されてしまうため注意しましょう。

四角・ベース顔なら「頬髭」が似合う傾向

四角や逆三角形のベース顔の人は、頬髭が似合う傾向にあります。
頬髭だけでなく、顎髭と合わせて生やすことも男らしく貫禄のある印象を与えるため、おすすめです。

最後に髭の整え方をおさえよう

デザインが決まったら、実際に髭を整えていきましょう。
髭の整え方は、以下のとおりです。

【髭の整え方】

① 髭の長さを整える まずは、髭の長さを整えることからはじめてください。
髭のカットをする際は、乾いた状態で行いましょう。
濡れた状態でカットを行うと、乾いたときに長さがバラバラになることや、自分の思っていた長さでないことがあります。
② 不要な場所は剃る 髭の長さを整え終えたら、自分の決めたデザインになるよう、不要な場所の髭を剃っていきましょう。
この際、蒸しタオルなどで髭を柔らかくし、シェービングフォームなどを使い、肌を傷つけないよう注意してください。
③ 保湿をする 髭を整え終えたら、必ず保湿をしっかりと行いましょう。
肌の乾燥はさまざまなトラブルを引き起こす原因となります。

髭の整え方が不安な人は「医療脱毛」がおすすめ


自分できれいに髭を整えられるか不安な人や、手入れが面倒な人は医療脱毛を検討してはいかがでしょうか。
脱毛は、毛根へ直接刺激を与えて髭を生えてこなくする効果があります。
しかし、脱毛には「光脱毛」と「医療脱毛」の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。

光脱毛は、痛みをおさえて施術可能ですが、永久脱毛はできないため、一時的な脱毛や減毛程度という認識がいいでしょう。
さらに、光脱毛は医師の在籍が義務付けられておりません。
万が一トラブルが起きてしまった場合でもその場で迅速な対応を受けられません。

一方で医療脱毛は、医療機関かつ医師が在籍している場所での施術に限定されているため、万が一肌トラブルが起きてしまった場合でも即座に対応してもらえます。
そしてなにより、髭の永久脱毛を希望する人は、医療脱毛がおすすめです。
しかし、パワーが強力な分、痛みを感じやすく、永久脱毛のため基本的に脱毛した髭は二度と生えてこないというデメリットもございます。

これらの特徴を踏まえ、永久脱毛が可能かつ医師のサポートもある医療脱毛がおすすめです。

メンズジェニーでは蓄熱式レーザー脱毛[SHR方式]という、従来に比べ温かみを感じる程度の痛みで脱毛が可能な機器を採用しております。
医療脱毛の痛みが心配という人でも、安心して施術を受けていただけます。
それでも不安という人には麻酔もご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

まとめ


髭は、デザイン次第でさまざまな印象を与えられます。
しかし、自分できれいに整えられるか不安という人や、毎回整える手間が面倒という人は髭の医療脱毛を検討してみましょう。
髭の医療脱毛は、全部ツルツルにすることはもちろん、お好きな形に整えることも可能です。
また現在、「【ヒゲ脱毛】トライアルキャンペーン」を実施しております。
鼻下・アゴ・アゴ下のヒゲ3カ所はもちろん、首・ひたい、ほほ・もみあげを含めた6カ所コースもキャンペーン価格でお試しいただけます。
料金については、メンズジェニーの料金・メニューページでも詳しくご紹介していますのでぜひご確認ください。

コース名 回数 価格
【期間限定キャンペーン】
トライアル顔3箇所
(鼻下,アゴ,アゴ下)
1回 9,800円
【期間限定キャンペーン】
トライアル顔6箇所
(鼻下,アゴ,アゴ下,首
,ひたい,ほほ・もみあげ)
1回 16,800円

コース名 回数 価格
【期間限定キャンペーン】
おしり+Oライン(肛門周辺)
1回 9,800円
【期間限定キャンペーン】
おしり+V・I・Oライン(肛門周辺)
1回 19,800円

コース名 回数 価格
【期間限定キャンペーン】
お好きな部位1箇所につき
(すね毛,腕毛,胸毛
もも毛,ギャランドゥ,お腹の毛)
1回 9,800円

コース名 回数 価格
【期間限定キャンペーン】
全身脱毛(顔・VIO除く)
1回 49,800円

髭脱毛を迷っている人は、メンズジェニーのプライバシーに配慮した完全個室で行う無料カウンセリングをお気軽にご利用ください。