学生のうちにヒゲ脱毛をしよう!痛みの少ない施術方法や注意点を総まとめ

「学生のうちにヒゲ脱毛をしたい!」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、脱毛の種類や痛みなど、不安な点も多いかと思います。
今回のコラムでは、学生のうちにヒゲ脱毛をするメリットに加え、種類や注意点などをまとめて解説します。

学生のうちにヒゲ脱毛をするメリット


まずは、学生のうちにヒゲ脱毛をするメリットを解説します。

学生のうちにヒゲ脱毛をするメリットには以下のようなものが挙げられます。

  • 平日でも無理なく通える
  • 学割でお得に脱毛できる可能性が高い
  • 自己処理する手間がかからない
  • 自己処理による肌荒れを防げる
  • 清潔感のある社会人になれる

それぞれ解説していきます。

平日でも無理なく通える

学生のうちであれば、平日でも無理なく通うことができます。
社会人になると、仕事のある日ではなかなか通うことができません。
休日は予約が集中することも多いので、自分の思うタイミングで施術が受けられない可能性もあります。

学割でお得に脱毛できる可能性が高い

学生だからこそ使える「学割」などのお得なプランを使うことができるため、よりお得に脱毛の施術が可能になるのも大きなメリットです。
また、分割払いやローンを組むことで月々の出費を抑えることができます。

自己処理する手間を省ける

ヒゲ脱毛を行うことで、自己処理する手間を省くことができます。
ヒゲは生えるスピードも速いため、毎日のお手入れがかかせません。
毎日のヒゲの処理がなくなるだけで、朝の忙しい時間に余裕を持つことができるようになるでしょう。

自己処理による肌荒れを防げる

ヒゲ脱毛を行うことで、自己処理の必要がなくなり、自己処理による肌荒れを防ぐことができます。
自己処理はどうしても肌へ直接負担がかかってしまうため、肌トラブルを引き起こす可能性があります。
脱毛をしてしまえば、大切な肌を傷つけるリスクを軽減できるのも、大きなメリットといえるでしょう。

清潔感を持って社会人生活を迎えられる

ヒゲ脱毛をすることで、ムダ毛がなくなり、清潔感がアップした状態で社会人生活を迎えることができます。
清潔感は、男女問わず相手に好印象を与える大切なポイントです。
同僚や上司、取引先の方など、さまざまな方と顔を合わせることになる社会人にとって、清潔感はとても大切です。

ヒゲ脱毛には2種類の方法がある


脱毛には2つの種類があり、それぞれ特徴が異なります。
各脱毛方法の特徴や、学生におすすめの脱毛方法を解説していきます。

医療脱毛

3回照射後、6ヶ月(半年)経過した時点で、67%(3分の2)以上の毛が減っている状態のこと

永久脱毛を希望する方は、医療脱毛を選ぶことになるでしょう。
また、確実にヒゲを減らしたい方や、全体的になくしたいという方も、医療脱毛をおすすめします。

医療脱毛を行うためには国家資格が必要であり、施術前には必ず医師による診察を行わなければなりません。
万が一肌にトラブルが起きてしまっても迅速な対応が可能なため、学生や未成年の方でも安心して施術を受けることができます。

痛みが少ない「蓄熱式レーザー脱毛」がおすすめ

永久脱毛をしたいけれど、医療脱毛はサロン脱毛に比べ、痛みが強いことが不安という方もいらっしゃると思います。
しかし、医療脱毛でも使用するレーザーの種類によって痛みの感じ方は異なるのです。

  • 医療脱毛(蓄熱式レーザー脱毛[SHR方式])・・・温かみを感じる程度
  • 医療脱毛(単発式レーザー脱毛[IPL方式])・・・ゴムで弾かれるような痛み

このように種類によって異なり、「蓄熱式レーザー脱毛」を選べば医療脱毛でネックとなる「痛み」を極限まで抑えることが可能です。

サロン脱毛

サロン脱毛は、医療脱毛に比べ料金も手ごろで、痛みも少ないことがメリットでしょう。
しかし、医療脱毛とは違い永久脱毛ができないため、減耗程度の利用となります。
さらに、医療脱毛に比べパワーも弱いため、満足のいく脱毛効果を得るまでに長期間通わなければいけないということがデメリットといえます。

学生がヒゲ脱毛する際の注意点


学生のうちにヒゲ脱毛をすることにはさまざまなメリットがありますが、注意しなければならない点もあります。
ここからは、学生がヒゲ脱毛する際の注意点を解説します。

未成年の脱毛施術には保護者の同意が必要

学生や未成年者の脱毛の施術には、親権者の同意が必要です。
また、同意は口頭ではなく「親権者同意書」という書面の提出が必要になります。
未成年者のみでは契約することはできないので、しっかりと親権者の方と話し、同意を得てから脱毛の施術を開始してください。

学割の適用には学生証の提出が必要

学割を適用するには、学生証の提出が必要になります。
そのため、契約時には学生証を忘れずに持参してください。

年齢によって制限や保護者同伴が必要になる場合がある

年齢によっては、親権者同意書だけではなく、カウンセリングや施術にも親権者の同伴が必要な場合があります。
同伴が必要な場合は、親権者の方と予定を合わせてカウンセリングや施術に向かいましょう。

学割やキャンペーンの適用には条件がある

学割や各キャンペーンの適用には、条件があります。
そのため、事前に適用条件を確認しておきましょう。
また、学割やキャンペーンの適用必要な書類がある場合は持参することも忘れないでください。

脱毛前後の禁止事項を守り、肌ケアをきちんと行う

ヒゲ脱毛前後は、禁止事項を守り、肌ケアを怠らないようにしてください。
脱毛の施術後の肌は乾燥しやすいので、入念な保湿が必要です。

また、なるべく日焼けをしないように注意して生活を送るようにしてください。
日焼けをしてしまうと、肌が熱を帯びて炎症を起こしてしまう可能性があり、その後の施術をお断りする場合もございます。

さらに、施術後のお肌は通常より熱を帯びた状態になります。
長めの入浴は肌の炎症につながってしまいますので、施術当日は軽めのシャワーで済ませておくとよいでしょう。
万が一、ヒゲ脱毛の施術後に肌トラブルが起きてしまった場合は、遠慮なく医師にご相談ください。

永久脱毛した場所は二度と生えてこない

永久脱毛を行った場所は、基本的に二度と毛が生えてきません。
そのため、脱毛を行う前に必ず永久脱毛を行っていいのかどうかを確認するようにしてください。

再び発毛してくる可能性もある

ヒゲを永久脱毛しても、再び発毛してくる可能性があることをご了承ください。
特に若い方は発毛の傾向が強く、毛の濃さも男性ホルモンによって左右されます。
そのため、今後年を重ねるにつれ、男性ホルモンのバランスが乱れることで再度発毛してしまう可能性がございます。

学生のヒゲ脱毛なら、蓄熱式レーザー脱毛で痛みが少ない「メンズジェニー」がおすすめ

ヒゲ脱毛痛みランキング
学生のヒゲ脱毛は、蓄熱式レーザー脱毛機を採用しているメンズジェニーをおすすめします。
メンズジェニーでは蓄熱式レーザー脱毛機の「ソプラノアイス・プラチナム」を採用しているため、痛みは温かみを感じる程度です。
そのため、痛みも少なく施術を受けることができます。
メンズジェニーで採用している蓄熱式レーザー脱毛機の「ソプラノアイス・プラチナム」は、高い安全性やムラのない仕上がりなど、さまざまなリスクが大きく抑えられているため、安心して施術を受けることができます。

まとめ

学割でお得に通うことができるため、学生のうちにヒゲ脱毛を行う方は徐々に増えています。
また、ヒゲ脱毛を行うことで、清潔感がアップした状態で社会人生活を迎えることができます。
しかし、未成年者の場合、脱毛の契約には親権者の同意や、学生証の提出が必要になるので注意しましょう。

痛みが心配な方でも、メンズジェニーで使用している蓄熱式レーザー脱毛機「ソプラノアイス・プラチナム」であれば、従来の医療レーザー脱毛に比べ肌への負担も少なく施術を行うことができます。
メンズジェニーの詳しい施術内容や料金につきましては、料金・メニューページをご覧いただくか、プライバシーに配慮した完全個室で行う無料カウンセリングをご利用ください。