濃いヒゲとおさらばしたい男性必見!原因や対策方法、気になるヒゲ脱毛など徹底解説

ヒゲの濃さをコンプレックスに思っている方もいらっしゃると思います。
毎日のヒゲの手入れは手間ですし、どんなにきれいにヒゲを剃っても青く残ってしまう「青ヒゲ」は、気分を憂鬱にさせがちです。
毎日のヒゲの手入れや悩みから解放されたい方には、ヒゲ脱毛がおすすめです。

今回は、ヒゲが濃くなる原因やより濃くなることを防ぐ方法はもちろん、ヒゲ脱毛についてもまとめて解説していきます。

ヒゲが濃くなる主な5つの原因とは

ヒゲが濃くなる原因として、主に5つの原因があげられます。

  1. ホルモンバランスの乱れ
  2. 遺伝によるもの
  3. 自己処理の方法の間違い
  4. 生活習慣の乱れ
  5. 過度な筋トレ

まずは、それぞれの原因について詳しく解説します。

①ホルモンバランスが乱れているかもしれない

ヒゲだけでなく、体毛が濃くなる大きな要因として、ホルモンバランスの乱れがあげられます。
女性ホルモンより男性ホルモンのほうが多いと、体毛が濃くなってしまうのです。
ホルモンバランスが乱れる原因としては、以下のような原因が考えられます。

  • 加齢によるもの
  • ストレスが溜まっている
  • 食生活の偏り
  • 睡眠不足

食生活の乱れや過度なストレスは、ヒゲや体毛が濃くなってしまう原因にもなるので、できるだけストレスを溜めず、きちんとバランスのとれた食生活を意識していきましょう。

②遺伝によって濃くなりやすくなる

ヒゲは、遺伝によって濃くなりやすくなります。
そのため、今はヒゲの濃さに悩んでいない方でも、今後年齢を重ねるとともにヒゲが濃くなる可能性も十分あるのです。

③シェーバーなどを利用したヒゲの剃り方が間違っているかも

ヒゲが、外部からの刺激から肌を守るために濃くなっている場合もございます。
外部からの刺激とは、以下のようなものがあげられます。

  • カミソリによるシェービング
  • 紫外線
  • 衣類による摩擦
  • 体が冷えてしまう生活環境

ヒゲのお手入れを毎日行う方がほとんどだと思いますが、自己処理の方法では肌への負担は大きくなってしまいがちです。

④食生活が影響しているかも

ヒゲが濃くなる原因として、食生活が影響している場合もございます。
男性ホルモンの分泌を促進する食べ物があり、その食べ物を積極的に摂取していると、ヒゲや体毛が濃くなってしまうのです。
男性ホルモンの分泌を促進する食べ物は、以下のようなものがあります。

  • 魚卵
  • 甲殻類
  • 高タンパク質な食べ物
  • インスタント食品

これらの食品は酸性の食べ物で、積極的に摂取することで体を酸性に近づけてしまいます。
体が酸性に偏ると男性ホルモンの分泌が促され、ヒゲや体毛が濃くなってしまうのです。

もちろん、一切摂取してはいけないということはありません。
しかし、ヒゲの濃さを気にしている方は、積極的な摂取は控えた方がいいでしょう。

⑤過度な筋トレをしている

過度な筋トレは男性ホルモンを分泌するため、ヒゲや体毛を濃くする原因になります。
筋トレを行うと、「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンが分泌されます。
そのため、男性ホルモンの数値が上がりヒゲや体毛が濃くなってしまうのです。

健康やボディメイクのために筋トレを行っている方も多くいらっしゃると思いますが、過度な筋トレにはご注意ください。

男性の体毛が濃い・毛深くなるのを防ぐ方法3選


ヒゲや体毛が濃くなってしまう原因はご理解いただけたでしょうか。
つづいては、男性の体毛が濃く、毛深くなってしまうのを防ぐ方法を3つご紹介します。

①自分の生活習慣を見直す

ヒゲや体毛が濃くなってしまう原因は、食生活や生活習慣の乱れが大きく関係しています。
そのため、まずはご自身の生活習慣を見直しましょう。
男性ホルモンの分泌を促進する食べ物の過剰摂取を避け、ストレスを溜めず、しっかりとした睡眠をとりましょう。
「これだけでいいの?」と思ってしまうようなことばかりですが、生活習慣の改善はとても重要です。

②自己処理後はしっかり保湿をする

自己処理した後には、しっかりと保湿を行いましょう。
カミソリやシェーバーでヒゲのお手入れをしたときに肌に傷をつけてしまうと、外部の刺激から皮ふを守るために、ヒゲがより濃くなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

また、ヒゲやワキ、胸毛やすね毛など、部位によって自己処理の方法を変えることも大切です。
どの部位を自己処理したとしても、必ずアフターケアとして保湿をしっかりと行ってください。

③脱毛サロンなどに通い「脱毛」をする

ヒゲの濃さや毛深さを防ぐ方法として、脱毛サロンなどに通って脱毛を行うこともおすすめしております。
現在では、男性でも脱毛に通い、清潔感を保つことは当たり前になってきている時代です。
また、医療脱毛で永久脱毛をしてしまえば、自己処理の必要もなくなり、お肌を傷つけてしまう心配もありません。

どうしても濃いヒゲが気になるなら「脱毛」を検討しよう!

ヒゲの濃さや青ヒゲに悩む方は、脱毛を行うことも検討してみましょう。
脱毛には、光脱毛・医療脱毛・ニードル脱毛と3種類がございます。

それぞれの脱毛の特徴は、以下の通りです。

 

光脱毛 医療レーザー脱毛 ニードル脱毛
永久脱毛 不可 可能 可能
痛み ほんのり温かみを感じる程度 温かみを感じる程度~ゴムで弾かれるような痛み とても強い痛み
脱毛の仕組み 色素に作用する特殊な光を照射し、毛根にダメージを与える レーザーを照射し、毛の生える細胞を壊す 毛穴に絶縁針を入れ、電気を通す
施術場所 エステや脱毛サロン 医療クリニック ニードル脱毛サロン

光脱毛は痛みもほとんどありませんが、永久脱毛は行えません。
その点、医療レーザー脱毛は永久脱毛が可能です。
ヒゲの濃さや自己処理の手間から解放されたい方には、永久脱毛が可能な医療脱毛がおすすめです。

ニードル脱毛は、一つひとつの毛穴に針を入れるため、とても時間がかかります。
さらに、直接電気を通すため、とても強い痛みを伴うことからニードル脱毛でヒゲ脱毛をする方はあまりいらっしゃいません。

永久脱毛なら「医療レーザー脱毛」一択

永久脱毛をしたい方は、「医療レーザー脱毛」の一択でしょう。

3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(3分の2)以上の毛が減っている状態

医療レーザー脱毛は、光脱毛に比べ強い脱毛効果が期待できるため、脱毛に通う期間が短くて済むというメリットも魅力的です。
さらに、医療脱毛は国家資格が必要で、施術前には必ず医師の診察があるので、肌が弱い方でも安心して施術を受けられます。

メンズジェニーでは、蓄熱式レーザー脱毛機の「ソプラノアイス・プラチナム」を採用しております。
蓄熱式レーザー脱毛機のため、痛みは温かみを感じる程度です。
肌への刺激や痛みも少ないため、安心して脱毛の施術を受けていただけます。

濃いヒゲの痛みをなるべく抑えて脱毛する方法とは


痛みに弱く、脱毛を行うことを躊躇してしまっている方もいらっしゃるかと思います。
最後に、なるべく痛みを抑えて脱毛する方法をご紹介いたします。

施術前にしてはいけない「禁止項目」を守る

脱毛の施術前には、必ず守っていただきたい禁止項目がございます。
禁止項目については、以下の通りです。

  1. 日焼けをしない
  2. 日焼けをしてしまうと肌が熱を帯びて炎症を起こしてしまう可能性があり、肌トラブルを引き起こしてしまいます。
    また、日焼けをしてしまった場合には、その後の施術をお断りすることもございます。

  3. 肌を乾燥・温めすぎない
  4. 脱毛の施術後の肌は乾燥しやすいので、入念な保湿を行ってください。
    また、ほてりがつづくと痒みの原因にもなりますので、脱毛の施術を受けた当日は、入浴はシャワーでとどめるなど、体を温めすぎないようお願いいたします。

  5. 飲酒をしない
  6. 脱毛の施術前だけでなく、施術直後の飲酒もお控えください。
    施術前に飲酒をされると、施術中に体調を崩されてしまう場合もございます。
    また、飲酒をされると血行がよくなるため、体が温まり、痒みの原因にもなります。

  7. 毛抜きやワックスで自己処理をしない
  8. カミソリやシェーバーでの自己処理は問題ありませんが、毛抜きやワックスの使用はお控えください。
    脱毛は毛周期にあわせて行うため、毛抜きやワックスで自己処理をされてしまうと、脱毛の効果がうすくなってしまいます。

  9. 薬の服用をしない
  10. 薬を服用した状態で脱毛をすると肌荒れや色素沈着、さらに健康状態に問題を引き起こす可能性が高くなってしまいます。
    さらに、脱毛効果もうすくなってしまうため、施術前の薬の服用はお控えください。

麻酔をしてもらう

どうしても痛みを感じたくないという方は、施術中に麻酔をしてもらうこともできます。

麻酔には吸入型の「笑気麻酔」、肌に直接塗るタイプの「塗布麻酔」などがあります。
塗布麻酔は施術の30分前に照射部位に塗布するだけなので、もっともお手軽な麻酔です。
しかし、塗布麻酔に使用する麻酔クリームは、一部アレルギー反応を起こす場合もあるので、使用前にアレルギーの有無を必ず確認しましょう。

また、麻酔の使用は医療行為にあたります。
そのため、医療クリニックで施術している医療レーザー脱毛でしか麻酔を行うことができません。

医療クリニックであるメンズジェニーでは「塗布麻酔」を行っております。
施術中の痛みに不安がある方は、お気軽にご相談ください。

蓄熱式レーザー脱毛を採用しているクリニックを選ぶ

医療脱毛のデメリットのひとつとして、光脱毛に比べると痛みを感じやすくなるということがあります。
しかし、医療脱毛でも使用するレーザーの種類によって、痛みの感じ方が少々異なります。

  • 医療脱毛(蓄熱式レーザー脱毛[SHR方式])・・・温かみを感じる程度
  • 医療脱毛(単発式レーザー脱毛[IPL方式])・・・ゴムで弾かれるような痛み

メンズジェニーでは、蓄熱式レーザー脱毛機の「ソプラノアイス・プラチナム」を採用しております。
蓄熱式レーザー脱毛機のため、痛みは温かみを感じる程度です。
そのため、痛みに弱い方でも安心して施術を受けていただけます。
さらに、医療レーザー脱毛のため永久脱毛が可能です。

まとめ


ヒゲの濃さや毛深さは、食生活や生活習慣が影響しています。
また、ヒゲが濃くなる原因として、男性ホルモンの分泌を促進する食べ物もあるので、食べすぎには十分注意してください。
ヒゲの濃さというコンプレックスや毎日の自己処理の煩わしさから解放されたい方は、脱毛することも検討してみましょう。

脱毛の痛みが心配な方でも、メンズジェニーで採用している蓄熱式レーザー脱毛機「ソプラノアイス・プラチナム」を使えば、痛みも少なく永久脱毛が可能です。
詳しい施術内容につきましては、メンズジェニーの料金・メニューページをご覧いただくか、プライバシーに配慮した完全個室で行う無料カウンセリングをご利用ください。