【体毛の濃さが気になる】男性の毛が濃くなる原因や対策方法など徹底解説

体毛の濃さや毛深さを、コンプレックスに感じている男性も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
男性でも体毛のお手入れがマナーとして浸透してきているいま、なにもしないというわけにはいきません。

しかし、毎日お手入れをするのも大変です。
毎日の自己処理から解放されたい方には、脱毛や減毛もおすすめでしょう。
今回は、体毛が濃く毛深くなる原因や、より濃くなるのを防ぐ方法はもちろん、脱毛や減毛についてもまとめて解説していきます。

男性の体毛が濃い・毛深い5つの原因

体毛が濃く、毛深くなる原因として、おもに以下の5つの原因があげられます。

  1. ホルモンバランスの乱れ
  2. 遺伝によるもの
  3. 自己処理の方法のまちがい
  4. 生活習慣の乱れ
  5. 過度な筋トレ

まずは、これら5つの原因について、くわしく解説します。

①ホルモンバランスが乱れているかもしれない

体毛が濃く、毛深くなる大きな要因として、ホルモンバランスの乱れがあげられます。
女性ホルモンより男性ホルモンのほうが多いと、体毛が濃くなってしまいます。
ホルモンバランスが乱れる原因としては、以下の原因が考えられるでしょう。

  • 加齢によるもの
  • ストレスがたまっている
  • 食生活のかたより
  • 睡眠不足

食生活の乱れや過度なストレスは、体調不良をまねくだけではなく、体毛が濃く毛深くなってしまう原因にもなります。なるべくストレスをためず、整った食生活を意識していきましょう。

②遺伝によって濃くなりやすくなる

体毛の濃さや毛深さは、遺伝も大きく関係しています。
しかし裏をかえせば、後発的な事情で体毛が濃く、毛深くなることはありません。

③外部の刺激から守るために濃くなっている可能性

外部からの刺激から肌を守るために体毛が濃く、毛深くなっている可能性もございます。
外部からの刺激とは、以下のようなものがあげられます。

  • カミソリによるシェービング
  • 紫外線
  • 衣類による摩擦
  • 体が冷えてしまう生活環境

自己処理の方法ではやはり肌への負担は大きくなり、外部からの刺激を守るために、さらに体毛が濃く毛深くなってしまうという悪循環にもなるでしょう。

④食生活が影響しているかも

体毛が濃く毛深くなる原因として、食生活が影響している場合もございます。
男性ホルモンの分泌を促進する食べ物があり、その食べ物を積極的に摂取していると、おのずとヒゲや体毛が濃くなってしまうのです。
男性ホルモンの分泌を促進する食べ物は、以下のようなものがあります。

  • 魚卵
  • 甲殻類
  • 高たんぱく質な食物
  • インスタント食品

まったく摂取しないほうがよいということではありませんが、体毛の濃さや毛深さに悩む方は積極的な摂取をひかえましょう。

⑤過度な筋トレをしている

過度な筋トレは、男性ホルモンを分泌するため、体毛を濃く毛深くなってしまう原因にもなっていまいます。
筋トレをおこなうと、「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンが分泌するため、男性ホルモンの数値があがり、体毛が濃く、毛深くなってしまうのです。
健康やボディメイクのために筋トレをおこなうことはよいことですが、やりすぎには注意しましょう。

男性の体毛が濃い・毛深くなるのを防ぐ方法3選


つづいては男性の体毛が濃く、毛深くなってしまうのを防ぐ方法を3つご紹介します。
どれもかんたんなので、今日から実践してみましょう。

①自分の生活習慣を見直す

体毛が濃く、毛深くなってしまうのを防ぐために、まずはご自身の生活習慣を見直しましょう。
男性ホルモンの分泌を促進する食べ物の過剰摂取を避け、ストレスをためず、しっかりとした睡眠をとるなど、どれも当たり前なことばかりですが、とても重要なことです。

②自己処理後はしっかり保湿をする

自己処理をおこなったあとには、しっかりと保湿をしましょう。
自己処理の際に肌を傷つけてしまうと、外部からの刺激を守るためにヒゲがより濃くなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

また、ヒゲやワキ、胸毛やすね毛など、部位によって自己処理の方法を変えることも大切です。
どの部位を自己処理したとしても、アフターケアとしてしっかりと保湿することは必ず忘れないようにしましょう。

③脱毛サロンなどに通い「減毛」する

体毛の濃さや毛深さに悩んでいるのであれば、脱毛サロンなどに通うこともおすすめいたします。
脱毛には、脱毛の方法によって光脱毛・医療脱毛・ニードル脱毛と複数の種類がございますので、ご自身にあった脱毛を選ぶことが適切です。

どうしても体毛の濃さや毛深さが気になる場合は自己処理をする

どうしても体毛の濃さや毛深さが気になる場合は、自己処理をおこないましょう。
しかし、自己処理は一時的なものなので、一定の期間がたてば、また毛は生えてきてしまいます。

電気シェーバー

電気シェーバー脱毛
電気シェーバーは、手動のシェーバーやカミソリに比べると、肌への負担を減らせます。
しかし、肌へ直接刃があたってしまうことには変わりがないため、肌への負担は0ではありません。

カミソリ

カミソリは一番費用もかからず手軽に自己処理ができる方法でしょう。
しかし、直接肌に刃があたるため、肌に大きな負担がかかり、出血や傷ができてしまうリスクも高まります。

除毛クリーム

除毛クリームは、とてもかんたんに利用できる方法です。除毛クリームを胸毛にぬって数分ほど放置すると、拭きとるだけで除毛できます。
さらに、カミソリに比べると、処理後にムダ毛の生えてくるスピードや、チクチク感は軽減されるというメリットもあります。
しかし脱毛クリームなどの除毛剤は、肌に直接アルカリ性の薬剤をぬり、毛を溶かしていくため、肌にも大きな負担がかかってしまうでしょう。

ブラジリアンワックス

温めたワックスをぬり、固まったら一気にはがすブラジリアンワックスは、ムダ毛を根元から処理できます。
そのため、ほかの自己処理の方法に比べて、再び生えてくるまでの日数が長いのがメリットでしょう。
しかし、ワックスをはがす際に強い痛みをともない、肌に大きな負担をかけてしまうので、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあるといえます。

体毛を減毛するなら「脱毛」も視野に

体毛の減毛をしたい方は、脱毛に通うこともおすすめしております。
現在は、男性でも脱毛に通い、清潔感を保つことは当たり前になってきている時代です。
最後は、脱毛の種類についてくわしく解説します。

レーザー脱毛

医療脱毛_脱毛回数
永久脱毛をしたい方は、「医療レーザー脱毛」を推奨致します。

3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(3分の2)以上の毛が減っている状態

医療レーザー脱毛は光脱毛に比べ、強い脱毛効果が期待できるため、脱毛期間が短くて済むというメリットもあります。
そのうえ、医療脱毛は国家資格が必要で、施術前には必ず医師の診察があるので、肌が弱い方でも安心して施術を受けられるでしょう。

また、メンズジェニーでは脱毛だけではなく、「減毛」も可能です。
脱毛と減毛を組み合わせることも可能のため、まずはお気軽にご相談していただくことをおすすめします。

さらに、メンズジェニーでは蓄熱式医療レーザー脱毛機の「ソプラノアイス・プラチナム」を採用しております。
蓄熱式医療レーザー脱毛機のため、痛みは温かみを感じる程度です。
そのため、痛みに弱い方でも医療レーザー脱毛の施術を受けていただくことができます。

光脱毛(エステ脱毛)

エステ脱毛は、医療脱毛より料金も手ごろで、通いやすいのが大きなメリットです。
しかし、医療脱毛とは違い永久脱毛ができません。
そのため、脱毛というよりは減毛目的の利用となるでしょう。

光脱毛のメリットとして、パワーが弱い分、脱毛時に感じる痛みはほんのり温かみを感じる程度です。
なるべく痛みを避けたい方にはおすすめの方法といえるでしょう。

ニードル脱毛

ニードル脱毛とは、ひとつひとつの毛穴に絶縁針を入れ、電気を通すことで毛根から毛を除去する脱毛方法です。
ひとつひとつの毛穴に針を入れて脱毛をしていくので、施術完了までの期間も長期にわたります。
さらに、ニードル脱毛はとても強い痛みをともなうため、ニードル脱毛を選択する方はそう多くはありません。

まとめ


体毛の濃さは、ホルモンバランスや生活習慣、また遺伝も大きく影響しています。
体毛の濃さや毛深さに悩んでいる方は、生活習慣の改善ももちろんですが、脱毛も検討してみましょう。

脱毛を施術する際の痛みが心配な方でも、メンズジェニーで採用している蓄熱式医療レーザー脱毛機「ソプラノアイス・プラチナム」をつかえば、痛みも少なく永久脱毛が可能です。
くわしい施術内容や料金につきましては、メンズジェニーの料金・メニューページをご覧いただくか、プライバシーに配慮した完全個室でおこなう無料カウンセリングのご利用をおすすめします。