【メンズ】医療脱毛をぶっちゃけて解説!本当に効果があるのか解説します

医療脱毛って、ぶっちゃけどうなの?」「本当に脱毛効果があるのか、実態を知りたい!」と、思っていらっしゃる方は多いでしょう。脱毛を続けるには、高い予算や時間が必要です。せっかく脱毛に通うのなら、確実に脱毛できる方法を選びたい!と感じるのは無理もありません。

このコラムでは医療脱毛をぶっちゃけて解説いたします。本当に効果があるのか知りたい!と感じていらっしゃる方は、ぜひ記事の最後までチェックしてください。

医療脱毛ってぶっちゃけどうなの?特徴から見る実態とは


医療脱毛の効果は、ぶっちゃけどうなのでしょうか。この章では、特徴から見る実態をお伝えしていきます。

【痛み】医療脱毛は痛みが強い

医療脱毛は痛みが強いことが特徴です。施術中にはゴムで弾かれるような痛みを感じるため、追加料金を支払えば麻酔の併用もできます。

ただし医療脱毛には痛みの少ない脱毛器もあります。痛みに弱い方は、クリニックで採用している脱毛器に着目してみましょう。

【効果】医療脱毛の効果は非常に高い

医療脱毛の効果は非常に高く、永久脱毛が可能です。永久脱毛は医療行為にあたるため、専門医が駐在するクリニックでしか行えません。

永久脱毛をすればムダ毛はほとんど生えてこなくなるため、肌をツルツルにできるでしょう。

【料金】医療脱毛の料金は高め

一般的に、医療脱毛の料金は高額です。脱毛サロンで行われる光脱毛と比べても、1回あたりの脱毛費用は高い傾向にあるでしょう。

ただし医療脱毛なら永久脱毛ができるため、脱毛が終わればムダ毛はほぼ生えてこなくなります。光脱毛では抑毛・減毛効果しか得られないため、脱毛までに時間がかかり、結果的に医療脱毛のほうが安く済む可能性もあるのです。

【結論】医療脱毛はコスパがいい

医療脱毛はコスパのよい脱毛方法です。光脱毛よりも短期間で脱毛を終えられるほか、脱毛が完了すればムダ毛はほとんど生えてこなくなります。

自己処理がほとんど不要になるため、カミソリや電気シェーバーを買い替える必要がなくなるのです。

医療脱毛ってぶっちゃけどんなメリット・注意点があるの?


医療脱毛にはいくつものメリット・注意点があります。今回はおもなメリット・注意点をピックアップしてご紹介していきます。

メリット①:永久脱毛ができる

医療脱毛のおもなメリットは、永久脱毛ができる点です。

永久脱毛は医療行為にあたるため、光脱毛を行う脱毛サロンでは行えません。ムダ毛を効率よくなくしたい場合には、永久脱毛ができる医療脱毛を始めましょう。

メリット②:施術回数が少ない

光脱毛よりも医療脱毛のほうが、施術回数が少なく済みます。どの程度の回数で終わるのか、ヒゲ脱毛を例にあげてご説明します。こちらの表をご参照ください。

<ヒゲ脱毛の場合>

光脱毛 医療脱毛
肌がツルツルになるまでの回数や期間 15~20回/約2年半~3年以上 8~10回以上/約1年半~2年以上

毛量や毛質によって個人差はありますが、医療脱毛ならおよそ半分の回数で脱毛を終えられます。

メリット➂:医師が安全を確保してくれる

医療脱毛が行われるクリニックには医師がいます。医師が安全を確保してくれるため、安全に脱毛を続けられるでしょう。

万が一肌トラブルが起こっても、駐在する医師がすぐに診察にあたるため、自分で医療機関を受診する必要はありません。

注意点①:痛みが強い

医療脱毛の注意点は、痛みが強いことです。痛みに弱い方や敏感肌の方は、麻酔の併用をご検討ください。

また痛みの少ない最新の脱毛器もあるため、クリニックを探す際には料金や通いやすさだけでなく、導入している脱毛器もチェックしましょう。

注意点➁:毛周期を考慮して施術する必要がある

医療脱毛では、毛周期を考慮して施術する必要があります。

毛周期とは、毛が生えてから抜けるまでのサイクルのことです。毛周期は、「成長期」「退行期」「休止期」で構成されており、脱毛効果を得るためには、成長期の毛に狙いを絞って行う必要があります。

医療脱毛で使われるレーザーは、毛のメラニン色素に反応して熱で発毛組織を破壊します。レーザーを毛根に当てるためには、成長期の毛でなくてはいけません。

成長期の毛は全体の約20%といわれており、1回の施術で脱毛ができるのは5分1程度です。よって脱毛完了までには、早くても5回は必要です。

部位ごとで毛周期には違いがありますが、脱毛効果を得るためには、おおよそ約2ヶ月に1度脱毛する必要があります。

注意点➂:肌が炎症を起こすことがある

医療脱毛では強力なレーザーを肌に照射します。乾燥などで肌のバリア機能が失われている場合、炎症を起こす可能性があります。赤みやかゆみ、ブツブツがあらわれたらクリニックへ相談しましょう。

肌の炎症を防ぐためには、脱毛前後の飲酒や日焼けを避けて、普段よりも入念に保湿をしてください。

医療脱毛と光脱毛ってぶっちゃけどっちがおすすめ?


医療脱毛と光脱毛のどちらにしようか、迷っている方もいらっしゃるでしょう。ぶっちゃけ、どっちがおすすめなのでしょうか?

この章では、光脱毛についてお伝えしていきます。

光脱毛のメリット・注意点

脱毛を検討していらっしゃる方に向けて、光脱毛のとくに重要なメリット・注意点をご紹介していきます。

メリット①:痛みをあまり感じない

光脱毛のメリットは痛みをあまり感じない点です。痛みの度合いは、ほんのり温かみを感じる程度のため、医療脱毛のように麻酔を併用しなくても脱毛を続けられるでしょう。

注意点➁:永久脱毛できない

永久脱毛は医療行為にあたります。そのため脱毛サロンで行われる光脱毛では、永久脱毛ができません。脱毛で得られる効果は抑毛・減毛のみです。

ぶっちゃけ痛みのない医療脱毛ってできないの?

永久脱毛の効果を得られるのは医療脱毛だけです。しかし脱毛中には強い痛みを伴うため、しり込みしてしまう人も多いでしょう。

ぶっちゃけ痛みのない医療脱毛ってできないの?」と感じている方におすすめなのが、蓄熱式医療レーザー脱毛器による脱毛です。

蓄熱式医療レーザー脱毛器では、レーザーの熱でバルジ領域を破壊して脱毛します。従来の熱破壊式脱毛器よりも出力が抑えられており、1点集中の照射ではなく広範囲に照射するため、少ない痛みで脱毛できるのです。

蓄熱式医療レーザー脱毛器での脱毛を検討していらっしゃる方には、「ソプラノアイス・プラチナム」をおすすめします。

ソプラノアイス・プラチナムは、アレキサンドライト・ダイオード・ヤグの3波長をブレンドした、施術時の痛みを軽減する脱毛器です。3波長のレーザーを同時に照射するため、幅広い効果を得られます。

脱毛を検討中の方は、ソプラノアイス・プラチナムを導入しているクリニックで脱毛を始めてはいかがでしょうか。

医療脱毛に関するよくある質問

この章では、医療脱毛に関するよくある質問と回答をご紹介していきます。

ぶっちゃけ医療脱毛って何回で終わるの?

脱毛が完了する回数は、部位によって異なります。

ヒゲ脱毛の場合、8~10回の脱毛で肌はツルツルになるでしょう。ただし毛量や毛質など個人差があるため、回数は前後する可能性があります。

ヒゲ脱毛の施術回数については、下記から目安表をご覧ください。
メリット②:施術回数が少ない

ぶっちゃけ医療脱毛でVIOは脱毛できる?

医療脱毛でVIOの脱毛は可能です。そのほかにも顔やボディなど全身の脱毛ができるので、気になるムダ毛をすみずみまで処理できます。

セルフで処理しにくいVIOのお手入れは、脱毛で解決しましょう。

ぶっちゃけ医療脱毛ってコスパがいいの?

医療脱毛はコスパよい脱毛方法です。1回あたりの脱毛費用は高いですが、光脱毛よりも少ない回数で脱毛を終えられます。また永久脱毛できるため、ムダ毛が生えてこなくなれば、自己処理がほぼ不要になるのです。

カミソリや電気シェーバーなどのツールを買い替える必要がなくなるため、結果的にコスパはよくなるでしょう。

【結論】医療脱毛はコスパがいい

まとめ

医療脱毛について、ぶっちゃけて解説していきました。せっかく脱毛を始めるのなら、永久脱毛ができる医療脱毛を始めてはいかがでしょうか。

ただし脱毛中には強い痛みを感じるものです。痛みを最小限に抑えたい方には、痛みの少ない最新の蓄熱式レーザー脱毛器「ソプラノアイス・プラチナム」がおすすめです。

男性専用プライベートクリニック「メンズジェニー」では、ソプラノアイス・プラチナムを採用しております。ソプラノアイス・プラチナムなら、従来の脱毛器では効果を得にくかったうぶ毛や茶髪、日焼け肌でも脱毛が可能です。

公式ホームページからは無料のカウンセリング予約を受け付けておりますので、お気軽にお申し込みください。最適のプランやコースをご紹介させていただきます。