2つの脱毛方法「医療脱毛」と「美容(エステ)脱毛」の違いとは?おすすめはどちらか詳しく解説します

脱毛の方法には、「医療脱毛」「美容(エステ)脱毛」の2つがあることをご存じでしょうか。
医療脱毛と美容(エステ)脱毛には違いが多く、すべてが異なるといってもよいでしょう。

今回のコラムでは、脱毛の施術を検討している方にもわかりやすいように、2つの脱毛方法の違いを詳しく解説します。

脱毛施術には「医療脱毛」「美容(エステ)脱毛」の2種類がある

施術場所や施術者はもちろん、脱毛効果など2つの脱毛方法はすべてにおいて違いがございます。
医療脱毛は、医師の在籍する医療機関かつ看護師や医師でしか認められていません。
しかし、レーザー脱毛のため永久脱毛が可能です。

一方美容(エステ)脱毛は、医療機関という縛りもなく、エステティシャンやスタッフによって脱毛の施術を行うことが可能です。
ですが、レーザー脱毛でなく光脱毛(フラッシュ脱毛)のため、永久脱毛はできません。

医療脱毛と美容(エステ)脱毛比較表

医療脱毛 美容(エステ)脱毛
永久脱毛 可能 不可能
痛み 温かみを感じる程度~ゴムで弾かれるような痛み ほんのり温かみを感じる程度
脱毛の仕組み レーザー脱毛
(レーザーを照射し、毛の生える細胞を壊す)
光脱毛(フラッシュ脱毛)
(色素に作用する特殊な光を照射し、毛根にダメージを与える)
金額 光脱毛に比べ高額 比較的安価
施術場所 医療機関 エステサロンや脱毛サロン
医師 在籍 不在
施術期間 6ヶ月〜 2年〜
おすすめの方 ・永久脱毛希望
・確実に効果を得たい
・効果を早く実感したい
・安価で脱毛を行いたい
・痛みを抑えたい

医療脱毛のメリット・デメリット

まずは、医療脱毛について詳しく解説します。

医療脱毛のメリット

・永久脱毛できる

・比較的短期間で効果を感じやすい

・万が一トラブルが起きた場合はすぐに診察・治療をしてくれる

医療脱毛のデメリット

・痛みを感じやすい

・脱毛した部位は基本的に二度と生えてこない

メリット①:永久脱毛できる

永久脱毛ができるということが、医療脱毛の特徴であり最大のメリットでしょう。
脱毛へ通うことも長期間にわたると面倒に感じてしまうこともありますが、終わりがあるためダラダラと通い続けなくていいことは大きなメリットです。

メリット②:比較的短期間で効果を感じやすい

医療脱毛は、美容(エステ)脱毛と違い、短い期間で満足のいく脱毛効果を感じられます。
そのため、脱毛効果をより早く感じたいという方にもおすすめです。

メリット③:万が一トラブルが起きた場合はすぐに診察・治療をしてくれる

医療脱毛は、医師の在籍する医療機関に限られています。
そのため、万が一肌トラブルが起きてしまった場合でも即座に診療し、適切な治療を行えるのも大きなメリットです。

デメリット①:痛みを感じやすい

美容(エステ)脱毛より痛みを感じやすいということが医療脱毛最大のデメリットといえます。
永久脱毛ができるパワーを放つため、どうしても痛みが強くなってしまうのです。

痛みを感じにくい「蓄熱式レーザー脱毛」という選択肢も

医療脱毛は、美容(エステ)脱毛より痛みを感じやすいと先述しましたが、現在は痛みが大幅に軽減されています。

医療脱毛では、大きく分けて2種類のレーザーが使用されており、レーザーによって感じる痛みが異なります。

医療脱毛で使用されているレーザーの種類
  • 医療脱毛(蓄熱式レーザー脱毛[SHR方式])・・・温かみを感じる程度
  • 医療脱毛(単発式レーザー脱毛[IPL方式])・・・ゴムで弾かれるような痛み

上記をみてもわかるとおり、蓄熱式レーザー脱毛機は、「単発式レーザー脱毛」に比べ、痛みを大幅に軽減することが可能です。
そのため、痛みが不安という方は、蓄熱式レーザー脱毛を採用している医療脱毛を選ぶといいでしょう。

ジェニークリニックでは蓄熱式レーザー脱毛機「ソプラノアイス・プラチナム」を採用しております。
そのため、痛みに弱い方でも安心して施術を受けていただくことが可能です。

デメリット②:脱毛した部位は基本的に二度と生えてこない

永久脱毛は、脱毛した部位は基本的に二度と生えてきません。
そのため、施術前に必ず本当に永久脱毛をしていいのかを確認しておきましょう。

美容(エステ)脱毛のメリット・デメリット

美容(エステ)脱毛のメリット・デメリットは、以下のとおりです。

美容(エステ)脱毛のメリット

・痛みが少ない

・肌トラブルが起きにくい

美容(エステ)脱毛のデメリット

・永久脱毛できない

・効果を感じるまで時間がかかる

・万が一肌トラブルが発生してもスタッフは対応できない

メリット①:痛みが少ない

美容(エステ)脱毛は、医療脱毛に比べ感じて痛みがとても少ないことが最大のメリットといえます。
そのため、痛みがとても苦手という方におすすめです。

メリット②:肌トラブルが起きにくい

美容(エステ)脱毛は照射強度が弱く、肌トラブルが起きにくいということもメリットでしょう。
その分脱毛効果も弱くなりますが、肌が弱い方でも施術を受けていただくことが可能です。

デメリット①:永久脱毛できない

美容(エステ)脱毛は、医療脱毛と違い永久脱毛はできません。
そのため、脱毛後もムダ毛が生えてくる可能性がございます。
ムダ毛が気になりだしたら、再度脱毛の施術に通っていただく必要が出てきてしまいます。

デメリット②:効果を感じるまで時間がかかる

満足のいく脱毛効果を感じるまで時間がかかることもデメリットのひとつでしょう。
そのため、脱毛の効果をすぐにでも実感したいという方にはおすすめできません。

デメリット③:万が一肌トラブルが発生してもスタッフは対応できない

美容(エステ)脱毛はエステサロンや脱毛サロンで施術が可能なため、医師が在籍していません。
そのため、万が一肌トラブルが起きてしまった場合はスタッフでは対応できないので、ご自身でお近くの病院に通院していただく必要があります。

結局、どちらの脱毛方法がおすすめ?

どちらの脱毛方法にも、それぞれのメリット・デメリットがございます。
そのため、目的や施術可能期間、通いやすさなどご自身にあった脱毛方法を選びましょう。

おすすめの脱毛方法
  • 永久脱毛したいなら医療脱毛
  • 脱毛の痛みを極力なくしたいなら美容(エステ)脱毛

永久脱毛したいなら医療脱毛

脱毛の終わりがある永久脱毛を望む場合は、医療脱毛一択です。
通い続けるのが面倒という方や確実に効果を実感したいという方にもおすすめです。

脱毛の痛みを極力なくしたいなら美容(エステ)脱毛

痛みなく脱毛をしたいという方は、美容(エステ)脱毛が医療脱毛より向いているかもしれません。
美容(エステ)脱毛は医療脱毛と違い永久脱毛はできませんが、その分パワーが弱いため痛みを抑えられます。

脱毛の効果を最大化するために気をつけたいこと

どの脱毛方法でも脱毛の効果を最大限感じるために気をつけていただきたいことがございます。

脱毛の効果を最大化するために気をつけること

・クリニック・サロン選びを慎重に行う

・毛周期にあわせて施術する

・肌荒れを防ぐ

クリニック・サロン選びを慎重に行う

予約のとりやすさや店舗の場所などをしっかりと考慮して施術に通う店舗は決めてください。
予約がとれず施術期間が空いてしまうと、適切なサイクルで施術を受けられず、脱毛効果が軽減してしまう恐れがございます。

また、通いにくい場所ですと来店が困難になってしまうため、ご自身の通いやすい場所であるかどうかも重要なポイントです。

毛周期にあわせて施術する

脱毛は、毛周期に合わせて施術を行うことで最大限の効果を得られます。
毛周期や施術サイクルはカウンセリングで教えてもらえます。
教えてもらったものをなるべく守り、施術に通うことを心がけましょう。

肌荒れを防ぐ

肌荒れを防ぐことも、脱毛効果を最大限感じるために大切なポイントです。
肌のバリア機能が低下した場合やターンオーバーの乱れで正常に脱毛ができなくなる可能性もございます。
また、脱毛期間中は日焼けもしないよう注意してください。
日焼けをしてしまった場合、肌はいわば火傷状態になっているため、脱毛の施術をお断りすることもございます。

痛みが気になる人もまずは医療脱毛のカウンセリングを受けてみましょう

脱毛効果を確実に得たい場合は、医療脱毛がやはりおすすめです。
医療脱毛の痛みを極限まで抑えた蓄熱式レーザー脱毛という施術方法が出てきているため、痛みも大幅に軽減されています。
そのため、痛みが気になる方もまずはカウンセリングで医師に相談してみるとよいでしょう。

ジェニークリニックではプライバシーに配慮した完全個室で無料カウンセリングを行っております。
痛みについてはもちろん、脱毛の不安点やお肌の悩みなど、まずはお気軽にご相談ください。

まとめ

医療脱毛と美容(エステ)脱毛は、メリット・デメリットはもちろんすべてが違ってきます。
どちらの脱毛方法でもメリットとデメリットが存在するため、ご自身の目的に合った方法を選びましょう。

しかし、永久脱毛が可能で脱毛効果を確実に得られるのは医療脱毛です。
現在は医療脱毛のデメリットである痛みも大幅に軽減されておりますので、まずはお気軽に無料カウンセリングにお越しください。

ジェニークリニックの詳しい施術内容や料金につきましては、料金・メニューページをご覧いただくか、プライバシーに配慮した完全個室で行う無料カウンセリングをご利用ください。