ワキガは脱毛すればニオイを軽減できる?ワキガのメカニズムと脱毛の関係をご紹介

ワキガのメカニズムと脱毛の関係のイメージ写真

ワキから特有のニオイを発するワキガ。「ワキガだから脱毛するのが恥ずかしい」と、脱毛に通うのを踏み止まっている人も少なくないでしょう。

その一方で、ワキ脱毛をすると「ワキのニオイが気にならなくなった」「ワキガが改善した」という噂を聞いたことがあるかもしれません。

point
そこで今回のコラムでは、ワキガのメカニズムと脱毛の関係をご紹介します。また、気になるQ&Aやニオイを軽減できる脱毛方法まで詳しく解説いたしますので、ワキガでお悩みの方はぜひご覧ください。

結論:根本治療はできないが、ニオイの軽減はできる可能性あり

ワキ脱毛でワキガの根本治療はできない

残念ながら、脱毛してもワキガの根本的な治療にはなりません。脱毛のターゲットは毛根や毛根周辺であるため、ワキガの原因である汗腺を破壊することはありません。

bad
ワキガを根本改善したいのであれば、専門のクリニックで汗腺を除去する必要があります。

しかし、ワキ毛が生えたままだと、ニオイの原因となる汗や皮脂が溜まりやすくなってしまいます。ワキ脱毛をすればワキが蒸れにくくなり、衛生状態が良くなることによってニオイは軽減されるでしょう。

また、カミソリやシェーバーによる自己処理の刺激がなくなることもポイントです。ワキ毛は太くて濃いうえに再生力が強く、数日に一度の頻度で自己処理が必要になります。頻繁な自己処理は皮膚だけでなく、ワキガの原因となるアポクリン腺への刺激にもなるのです。

このように、ワキ毛がなくなれば汗とニオイへの対策がグッとしやすくなるので、ニオイを軽減できる可能性は十分にあります。改善には個人差がありますが、手術をせずにニオイ対策をしたいなら脱毛をおすすめしたいです。

そもそもワキガってどんな症状?

ワキガとは正式には「腋臭症」「臭汗症」と呼ばれており、その名の通り汗によって鼻にツーンとくるニオイが出る症状です。原因をしっかり把握しておけば、脱毛を始めるための一歩を踏み出せるでしょう。ここからは、ワキガの原因について解説します。

ニオイの原因は「アポクリン腺」

ワキガのニオイ原因「アポクリン腺」
ワキガ脱毛と関係する「アポクリン汗腺」と「エクリ汗腺」の図解

ワキガの主な原因は、「アポクリン腺」と呼ばれる汗腺から排出される汗と言われています。アポクリン腺から出る汗は普通の汗と違い、白っぽくベタベタしているのが特徴です。これには脂質・タンパク質・アンモニアなどニオイの元となる物質を含んでおり、ワキにいる細菌の影響を受けることによって、独特なニオイを放ちやすくなります。アポクリン腺は特にワキの下に集中しているため、ワキガの症状が気になりやすくなるというわけです。

一方、暑い時や運動した時にかくサラサラとした汗は「エクリン線」と呼ばれる汗腺から排出されます。これは体温調節のための汗で、全身に分布しているのが特徴です。

point
成分の99%は水分であるため、たくさん汗をかいたとしてもニオイはほとんどありません。

遺伝による原因が大きい

アポクリン腺の数は遺伝の影響が大きく、家族にワキガの人がいると発症する可能性が高くなります。成長にともなって汗腺の数が増えたり、減ったりすることはありませんが、思春期に入るとニオイが強く出る傾向があるようです。

しかし、遺伝的にアポクリン腺が少ない場合でも、後天性で発症することもあります。たとえば食生活の乱れや、過度な飲酒・喫煙習慣がワキガ発症のきっかけになることもあるようです。特に動物性タンパク質・脂質が多い欧米風の食事は、アポクリン腺に大きな刺激を与えています。

実際、欧米人の場合は70%以上の人がワキガ体質と言われているほどです。それに比べ、日本人のワキガ体質は約10%というデータがあり、世界的に見るとかなり少ないように思えます。それでも10人に1人はワキガ体質ということになるので、生活スタイルには注意したいところです。

脱毛でニオイが軽減される理由

脱毛とワキガは全く関連性がないというわけではなく、脱毛後にニオイが軽減したという人もいるのです。理由は、主に次の3つに当てはまります。

ワキを清潔に保つことができる

ワキは腕を閉じている状態だと通気性が悪く、蒸れが発生しやすい部位です。さらに、ワキ毛があると湿気が溜まりやすく、汗や皮脂がまとわりつきやすくなります。湿度が高く蒸れた状態は常在菌が増えやすい環境なので、ワキガのニオイも強くなってしまうのです。

脱毛をすれば、ワキの蒸れ防止雑菌の繁殖場所が減るなど衛生面のメリットがあります。

point
アポクリン腺から汗が出たとしても、ニオイの元を作る雑菌の繁殖を抑える効果が期待できるでしょう。

自己処理がなくなるため、カミソリ等による肌への刺激が無くなる

わざわざワキ脱毛をしなくても、自己処理によるお手入れは可能です。しかし、頻繁な自己処理は肌トラブルだけでなく、ワキガの元となるアポクリン腺への刺激にもなってしまいます。カミソリ等で肌が傷つくとそこから菌が侵入し、アポクリン腺を刺激して悪臭を発生させる可能性があるのです。ワキガ対策のための自己処理が逆に症状を悪化させてしまうこともあるので、ワキ脱毛で自己処理のリスクを軽減することをおすすめします。

脱毛により「アポクリン腺」の機能が低下する

医療レーザー脱毛によりアポクリン腺にもダメージを与える
レーザーがワキガの原因「アポクリン汗腺」にダメージを与える図解

医療レーザー脱毛の施術は汗腺には反応しないため、ワキガの根本的な治療にはなりません。しかしながら、医療脱毛に使うレーザーは出力が強く、脱毛する部位とともに汗腺にも高熱を与えます。特にアポクリン腺は毛穴に沿って多く存在しているため、脱毛レーザーの影響を受けやすいのです。この熱ダメージによってアポクリン腺は一時的に機能が弱まるため、ワキガの原因となる汗の量が抑えられると言われています。

無料カウンセリングのご予約はこちら

ニオイを軽減できる脱毛方法

脱毛クリニックや脱毛サロンで行われる脱毛は、大きく分けて「レーザー脱毛」「光脱毛」「ニードル脱毛」の3種類あります。最も人気なのはパワーが強い照射を行うレーザー脱毛で、ワキガ対策にも効果的です。それぞれの特徴をまとめると次のようになります。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、クリニックなどの医療機関だけで施術することができます。光脱毛よりも照射パワーが強いため、脱毛に通う回数が少なく、永久脱毛も可能です。

レーザー脱毛の中でも、ジェニークリニックで採用している蓄熱式脱毛は、痛みが少ない最新の脱毛方法として人気を集めています。ワキ毛は太くて濃いため、施術中に痛みや熱を感じやすい部位です。

point
蓄熱式の場合はじんわりと温めながら脱毛するので、痛みに弱い方も安心して施術を受けられるでしょう。

光脱毛

脱毛サロンで導入されている光脱毛は、毛根に光を照射して少しずつ弱らせる脱毛方法です。レーザー脱毛に比べるとパワーが弱く、何度も通う必要があります。また、永久脱毛の効果は期待できません。

脱毛効果が低い分、脱毛レーザーよりも痛みが弱いのが光脱毛の良さです。1回の価格が抑えられていることや、脱毛初心者が気軽に通えることもメリットといえるでしょう。

bad
しかし、光脱毛はやめてしまうとまた毛が生えてくるので、通い続けるほどにコストがかかる点に注意が必要です。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、一つ一つの毛穴に絶縁針を差しこみ、電流を流して毛根を破壊する脱毛方法です。レーザーや光のように広範囲の施術はできないため、毛が多い場合はどうしても時間がかかります。また、ニードル脱毛は毛の本数によって価格が決まるため、高額になりやすいです。

一度施術した毛穴からはほぼ毛が生えなくなりますが、痛みはかなり強く、耐えられずに途中で断念する方も少なくありません。

bad
他の方法で脱毛しきれなかった毛の仕上げなど、ここぞという時に検討するとよいでしょう。

ワキガ脱毛に関するQ&A

ワキガでお悩みの方には、脱毛に関する不安があれこれ浮かんでくるのではないでしょうか。最後に、ワキガ脱毛に関する疑問についてご紹介します。

施術の時にスタッフの方へのニオイが気になるのですが?

スタッフは普段からさまざまな体質の人を施術しているので、ニオイに慣れている人がほとんどです。前述の通り、日本人は10人に1人はワキガ体質と言われているので、それほど珍しいことではありません。

ニオイが気になる場合でも、脱毛当日は制汗剤などは塗らないようにしましょう。脱毛前にシャワーを浴びる、ウェットティッシュで拭き取るといった対策をとるだけでも十分にニオイは抑えられるので、安心して施術を受けてください。

ワキ脱毛はどのくらいで効果が出るの?
何回脱毛すれば効果を得られるのかは個人差がありますが、1~2回目の施術で全ての毛をなくすことはできません。レーザー脱毛の場合、毛が少なくなってきたと実感するのは3回目以降、自己処理が楽になるレベルなら5~6回、というのがひとつの目安です。ワキ全体をツルツルにするためには、8回前後通う必要があります。ご自身の毛の濃さや目指す状態によって必要な回数は変わってくるので、カウンセリングで気軽にご相談ください。

ワキ脱毛をしてニオイ対策で自信を取り戻そう!

ワキガ臭は、アポクリン腺から出る汗が原因となって発生します。ワキ脱毛を行えば、ワキの清潔が保たれるうえに、自己処理のリスクが軽減され、結果的にニオイの発生そのものを抑制できるのです。さらにレーザー脱毛の強い熱は、アポクリン腺の機能を抑える効果も期待できます。

ワキガの悩みを抱えている方にとって、脱毛に通う勇気が出ないという人も多いはずです。しかし最初の一歩踏み出せば、気になるニオイが次第に軽減され、自信を持って毎日を過ごせるようになるでしょう。ニオイ対策の一環として、ぜひレーザー脱毛をご検討ください。